2018年3月10日 (土)

ナンとか更新を再開 w

 朝からイイお天気で、片付けやら洗濯が捗る(笑)。


Flower_180310_1

 暖かい日差しに、桜(さくらんぼ)も満開。ミツバチがぶんぶん飛んでる。

 沈丁花もどんどん花を開いて、ドチラもいい香りを漂わせている。


Flower_180310_2

 しばらく更新が止まってましたが、ナンとか再開しました。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2018年3月 8日 (木)

ショック - 筑豊麺喰い情報【その40】 -

 昨日の明け方、火事を伝える消防のメールが入ったが、今日の朝刊にその家事を報じた記事が。


Np_180308

 消失したのは、嘉麻市平の立喰い生麺稲築店....._ノ乙(、ン、)_.......

 仕事中に近くを通ったんで、ちらっと確認。建物の躯体は残しつつも屋根まで焼けていた。果たして、店舗を再建して、営業再開するんだろうか・・・。


 - 引用(写真):2018年3月8日付 読売新聞 筑豊版 -
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2018年3月 3日 (土)

ひなまつり 2018

 娘の初節句は来年ですが、生まれて最初の3月3日というコトで、カミさんの提案で、お内裏様だけでも出して記念撮影。

20180303
 おかんが作ってくれたちらし寿司とはまぐりのお吸い物で桃の節句のお祝い。

Lunch_180303_1
 錦糸たまごとでんぶの彩りが美しい。

Lunch_180303_2
 中国産だが、おおぶりのはまぐりのお吸い物。わずかな塩しか加えていないとのハナシだったが、とても味わい深い。

Lunch_180303_3
 で、ひなまつりなのであまざけ。朝倉の国菊あまざけ。もちろんノンアル(笑)。

Lunch_180303_4
 ちなみに、お内裏様は今日のウチにサッと仕舞いましたww 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年1月 7日 (日)

七草粥・・・的なナニか

 ワタシにとっての七草粥・・・的なナニか(笑)。
 今日に限らず、毎朝飲んでます


180107

 ふり返ると、16、7年続いてる習慣なんだなぁ・・・。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年1月 5日 (金)

無事・・・

 わたくしゴトながら、無事、第一子が生まれました。



Card_180105


 で、ナゼだか、電気グルーヴLet's Go! 無間地獄リンク先でサンプルが聞けますw)がアタマの中で流れてます(エンドレスではナイのでご心配なくww)。

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2018年1月 1日 (月)

謹賀新年

 明けましておめでとうございます。

 大晦日に少々雨が降りましたが、幸い天気の回復も早く、良いお天気になりました。皆様には、心穏やかな新年をお迎えのことと存じます。


Mt_fuji_1711

 本年が、皆様にとって素晴らしい年となることを、心より祈念いたします。


Kagamimochi_2018

 本年も、ものを喰い、ものを思う日々を綴って参りますので、拙ブログともども、旧年に変らぬご愛顧をお願いして、謹んで新年のご挨拶とさせていただきます。

 平成30年1月1日

                              もの喰う人 たて 拝 m(_ _)m
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年12月31日 (日)

今年も1年ありがとうございました m(_ _)m

 ナンだか浮世はしっちゃかめっちゃかな1年でしたが、せめてモノ喰う日々は穏やかに・・・と、思いつつ、2017年のモノ喰う話題を振り返ると、食品の値段がじわじわ上がり、お値段そのままでも中身はスリム化という、“事実上値上げ”商品がドンドン増えるという辛気臭い時代になってます。
 特に、野菜や果物の値段が高止まりしてるのは、ホントに痛いトコロ。作柄が良くないのが一番の原因でしょうけど、担い手の高齢化が進んで、生産者自体が減っている作物も多くなっていると聞きます。健やかに生きていくための費用が徐々に上がっていることに、安閑としていられない気分です。

 視点を移して筑豊エリアの麺屋さんの話題を中心にを振り返ってみると、昨年開店の「博多らーめん十風」や「嘉麻らーめん」、無化調ラーメンの「うまてつ」が閉店。大盛り丼で名を馳せた「とのい」や、地元に愛された「宝ラーメン」や「よかろう」といった老舗店も閉店するという、新旧取り混ぜた寂しい話題の多い年でした。また、稲築で営業を再開した「王ちゃん」の休業も続いており、来年にかけても、不安な傾向が続きそうです。

 そんなドンヨリした流れの一方で、“万福”の系譜を継ぐ「天道ホルモン」の開店や、鳳凛の味を思い起こさせる新店記事を書いてないので、リンク写真↓↓だけ貼付w)の開店など、世代交代や新店舗の開業も続いていて、明るい兆しを見せています。


Ippo_170906_2

 わたくしゴトに話題を移すと、11月に萎縮性胃炎を発症し、生まれて初めて胃カメラを飲むという貴重な体験をしました。消化器官が、食べ物はおろか水分の補給すら拒絶してばたぐるう(=のたうちまわる)という、壮絶な(まぁ大袈裟なw)経験をしました。症状が落ち着いた時には、普通に食事が出来るコトの有り難みを、ひしひしと感じました (;-人-)
 で、ピロリ菌の除菌治療も受け、来年の最終確認を待つトコロです。ただ、この間の禁酒のお陰か、同時期に受けた総合健診で、血液系、肝臓系で十数年ぶりにA判定を叩き出す快挙sign01という副産物もありました(笑)。


Photo_171230

 そんな拙ブログも、今年で干支が一巡しました。1年を通して更新が滞っておりますが(苦笑)、ナントカ書き繋いでいけるのも、アクセスしてくださる皆さんのお陰でございます。今年も1年、本当にありがとうございました。

 相変わらず慌ただしい日々で、更新はナカナカ思うに任せませんが、来年も、宜しくお付き合い頂きますようお願いいたしますと共に、皆さんが輝かしい新年を迎えられますコトを心から祈念いたします。


                         もの喰う人 たて 拝 m(_ _)m
 
 
 
【追記】
 一部、文章に加筆しました。 (2018/1/6) 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年12月27日 (水)

年越し麺2017 その2 - らーめん山小屋のラーメン 他 -

 とある用件で、午後から飯塚へ。予定には少し時間があったので、超久々にうまてつへクルマを走らせてみたが ・ ・ ・ 閉店していた.....il||li _| ̄|○ il||li...

 気を取り直して、飯塚で老舗の方のらーめん山小屋へ取って返す。向かいの駐車場にクルマを停め、店内へ。時間は下がっているが先客は4組。冬休みに入ったせいか、お子さん連れが2組。どのお客さんも馴染みの方とおぼしく、大将と話している。お勘定を終えた先客さんは、大将と年の瀬のあいさつ。もう今年も、今日を含めてあと5日なんやなぁ。


Yamagoya_171227_1

 で、反射的にラーメンとごはんをオーダー。さほど待たずに、すいすいっとご対麺。今日の一杯は、中心にチャーシューを配置し、刻みネギの緑がグルっと縁取る面白い面立ち。

 ひと口スープを啜ると、出汁の濃度と元ダレのバランスが良い円かな味わい。ん?・・・でも、ちょっとコショウが多い。大将、少し手元が違ったかな(笑)。


Yamagoya_171227_2

 とはいえ、その味わいを損ねる程ではないので、気にせず食べ進める。つか、このスパイシーさなら、ちゃんぽんを注文すれば良かったかなぁとも思いつつ、今日も炭水化物過多のお昼を食べ終える。

 さてさて、年末の準備を進めますか。


noodle らーめん山小屋 : ラーメン 500円、ごはん 100円
house 福岡県飯塚市潤野885-30 地図  / 不定休
  営業時間 11:00 ~ 14:00
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年12月24日 (日)

年越し麺2017 その1 - 純とんこつ無双のラーメンセット 他 -

 朝から某所で門松作り。そのあと、恩師の二十三回忌法要に参列。ソンナコンナで半日が過ぎて、昼食をどうするかしばらく思案したあと、久々に純とんこつ無双へクルマを走らせる。

 着いてみると、幸いにしてお店が開いてて(遅く行くとスープや麺がなくなってて閉まってることも多々)、駐車場も空いてる。席の空き待ちもなく、引戸を開け、カウンターの空き席へ。空腹具合もあって、迷うコトなくギョーザとライスがセットになったラーメンセットをオーダー。


Musou_171224_1

 ややあって、久々の無双さんのラーメンとご対麺。


Musou_171224_2

 やや時間が下がってるせいか、色味は濃い目。見た目に違わず、スープも元ダレも、しっかりしたボディの味わい。


Musou_171224_3

 餃子を食べつつ、しっかり味のスープと一緒に、炭水化物過多めの昼飯をガッツリ(爆)。
 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年12月18日 (月)

スープの話で2題

 胃を傷めた辺りから、トンと“もの喰う”ハナシをエントリー出来てなかったんで、我が家の夕餉のスープにまつわるハナシをば。

 あるトコロから博多水炊きのスープを戴いていたので、材料を揃えて水炊きに。


Mizutaki_171204_1

 レシピ通りの材料は揃えられなかったが、九州産の骨付鶏肉を使って、チョー久々の博多水炊き(笑)。スープもイイ感じの色合い。


Mizutaki_171204_2

 戴いた水炊きスープはひと袋だったんで、継ぎ足し用のスープを自作。以前、博多水炊きを自作したコトがあったんで、その時の記憶を手繰りつつ、一羽分の鶏ガラ(クビからアバラの部分)と、調理の時に取って置いた手羽先の先の先6本分を煮込んで出汁を取る。コチラもなかなかの色合いと香り(自画自賛・・・爆)。


Mizutaki_171204_3

 で、博多水炊きの名店よろしく、まずは湯呑みでスープをいただく。戴いたスープと自作のスープと両方そうして飲んだが、ドチラもイイ味。ガラだけで長時間煮出した前回と違い、手羽を使用したり、煮立てて冷ますを繰り返したりして、比較的手間も燃料もかけずに美味しいスープが取れた。


Dinner_171207_1

 チョー久々の博多水炊きを自宅で堪能したあと、残った鶏ガラ白湯スープを使ってカミさんが作ってくれたのが太平燕。揚げゆで卵も添えて、なかなか本格的。コリャ、鶏ガラ白湯スープを取るのが楽しくなって来たゾ(笑)。
 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

«極私的告知 2017