もの喰う日々13.ソト飯【郷土料理・多国籍】

2015年5月 5日 (火)

西日本インポートフェア&食メッセ2015

 ゴールデンウイークというのにドコへも行かないってのもナンなので、今年も去年に続き、西日本インポートフェア&食メッセ2015へ。今年はカミさんのお母さんとおばぁちゃまもご一緒に(笑)。


Westjapan_import_fair_2015_01

 10時半頃に到着。おばぁちゃまのペースに合わせ、ゆるゆると会場内のアレコレを品定め。1時間ほど歩いて、お腹が空いてきたので、フードコートで先に合いた席を確保してから、お昼を調達。


Westjapan_import_fair_2015_02

 カミさんとお母さんのリクエスト、2種類のケバブサンド。デフォのサンドとチーズ入り。今年はトルコのブースから購入。香ばしく焼かれた牛肉がナカナカ。


Westjapan_import_fair_2015_03

 お次は、インドのブースのタンドリーチキン。売り子のオッちゃんの「コチラでインド人が、タンドリーチキンの段取り中で~す」の口上が、カミさんのツボにハマったらしい。いささか関西訛りの日本語が“手練”感全開(爆)。

 見た目より辛くなくて、美味しかったのだが、もう少し量が欲しかったかな(笑)。
 

続きを読む "西日本インポートフェア&食メッセ2015"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年12月24日 (水)

新企画『サルベージする日々』 第1弾は“TETE”

 慌ただしい暮らしの中、途中まで整理したものの、ナンやかやで記事にはならず、PCデータの中に埋もれていく“もの喰う日々”の数々。そのまま埋蔵するには惜しいそういった日々の断片を、薄れゆく記憶と共にハードディスクからサルベージする、拙ブログ久々の新企画『サルベージする日々』

 栄えある第1弾は、柏の森のオーガニック&多国籍料理の店“TETE”。ワタシのハンドルネーム“tate”ではなく“TETE”(訪問は2014年7月5日)。

 nanbaの若大将から勧められながら、開店から2年も経ってようやく訪れた“TETE”。


Tete_140705_1

 さいの目に切って焼いたベーコンが香ばしいサラダ。量もたっぷり。


Tete_140705_2

 コレ、何だったっけ? ナニかの燻製だったっけか? いやイベリコ豚のハムか何かだったような。

 

続きを読む "新企画『サルベージする日々』 第1弾は“TETE”"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年5月 6日 (火)

西日本インポートフェア&食メッセ2014

 ゴールデンウイークというのに、プチ遠足ぽっちでドコへも出掛けないってんぢゃ、カミさんのご機嫌もナナメどころか髪の毛逆立ちそうなんで、リクエストに応えて西日本インポートフェア&食メッセ2014へ。


Westjapan_import_fair_2014_01

 ひとまず、会場をグルっと回って下見したあと、お目当ての世界の食が勢揃いしたフードコートへ。


Westjapan_import_fair_2014_02

 ガッツリ肉々しい料理やスパイシーなメニューにそそられたが、自称イケ麺のワタシとしては、まずはベトナムのフォーから。鶏ガラスープに牛肉とモヤシがたっぷり。


Westjapan_import_fair_2014_03

 米粉の麺はプリプリ・ツルツルの食感で、歯応えと喉越しが面白い。ぱっと振り入れられた粗挽き胡椒がいいアクセント。あっさりやさしい味をピリリッと引き締める。


Westjapan_import_fair_2014_04

 コチラも同じくベトナムの揚げ春巻き。挽肉主体の具を生春巻きに使うライスペーパーで巻いて、パリッと揚げたもの。添えられたチリソースがエスニックな感じ。
 

続きを読む "西日本インポートフェア&食メッセ2014"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年1月28日 (火)

MKレストラン飯塚店でしゃぶしゃぶ食べ放題

 ワタシもカミさんも夜までなんやかやで、夕食は外でというハナシに。ドコがいいだろう・・・と、相談してたどり着いたのが、MKレストラン飯塚店

 カミさんが借りたDVDの返却がてら秋松界隈へ。平日夜でも、この辺りの店舗の駐車所はクルマで一杯。スキマを探して駐車場をグルグル(苦笑)。ようやっとクルマを停め、MKレストラン飯塚店へ。

 時間が時間だけに、受付で少し待つコトになったが、さほど間を置かずに席に案内される。


Mkrestaurant_140128_1

 しゃぶしゃぶ食べ放題のレギュラーかバリューかで迷ったが、具材の数に負けてレギュラーをチョイス(ナニっ? プレミアは選択肢にナイのか?? なんて野暮なコトは聞かないでねww)。

 ガッツリ野菜が食べたい気分だったので、水菜やら春菊やら小松菜やら次々に追加。


Mkrestaurant_140128_2

 追加でオーダーした点心。フカヒレ餃子(上写真)とエビクルトン揚げ。プラス300円で飲茶も食べ放題になるのだが、ソコまでしなくても十分にお腹一杯になる(コッチは、ビールも飲んでるしw)。

 で、この記事書くのにイロイロと調べたら、MKレストランってプレナスグループだったのねん(笑)。


restaurant MKレストラン飯塚店しゃぶしゃぶ食べ放題レギュラー 1,780円、生ビール 480円
house 福岡県飯塚市秋松890-1 地図 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年5月19日 (土)

たこ焼き割烹たこ昌 関西空港店のたこ焼き

Takomasa_120519_1 8時過ぎに関空に降り立ち、そのまま旅行会社のカウンターへ。ココでやっと、今回のツアーの添乗員さんとご対面。手続きの方法をアレコレ聞いたあと、航空会社のカウンターへ向かい、スーツケースを預ける。搭乗時間までに少し時間があったので、出国前に名残りの日本の味を(ワタシはさっきラーメンを食べたけど、カミさんはまだなモンで・・・)。
 
 4階から町家小路へ降り、どの店にするかしばし思案。551の豚まんやらぼてじゅう屋台にも惹かれたが、「つ~れてって~♪ たこ昌 !! 」のたこ昌の赤ちょうちんが目に入ったので、大阪出るとき(というか、日本出るときなのだが…w)連れてって~♪ ってな感じで店先へ。
 
Takomasa_120519_2  夜明け前から起きてそこそこな距離を移動しているので、結構時間が経ったように感じるのだが、まだ9時半頃。朝っぱらからビールは・・・と思いつつ、一番搾り生のポスターに釣られるまま、たこ焼きと生ビールをオーダー。マヨネーズと花かつおをかけてイイか尋ねられたので、OKの返事をして、店内のテーブル席に座る。
 ややあって店員さんから声がかかり、焼きたてのたこ焼きを受け取る。
 
 ひと口頬張ると、熱々でパリッとした表面と、とろふわな中身が対照的なたこ焼き。大きなタコがゴロっと入っている。なかなか好きな味だ。生ビールのアテにどて焼なんかも頼んでみたかったのだが、1杯だけのつもりのビールが2杯になりそうだったし、このあと機内食も出ることだし・・・で、軽くたこ焼き1皿をシェアして終了(笑)。
 
 
restaurant たこ焼き割烹たこ昌 関西空港店 : たこ焼 570円 
house 大阪府泉佐野市泉州空港北1番地
  旅客ターミナルビル2F フードコート町家小路内  地図 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年12月24日 (土)

しし汁とかしわめし そして、手打ち蕎麦

Lunch111224_1  門松作りのあとは、近くの公民館に場所を移してお昼ご飯。奥さん方が腕を振るった、しし汁とかしわめし。
 
 しし汁には、人参、大根、椎茸や里芋など、山の幸がたっぷり。もちろん、イノシシの肉もゴロゴロ。上手に血抜きがしてあって、固さや臭みがなく美味しい。
 
 冷え切った身体がたちまち暖まる。てっぺんに添えられたおろし生姜を溶き入れると、さらにポッカポカ。あっという間に食べ終わって、おかわりもう一杯。
 
 
 Lunch111224_2で、続いて出てきたのは、Nさんが打ったお蕎麦。盛り蕎麦でいただく。
 
 見事に細く長く切り揃えられたお蕎麦は、玄人はだし。打ちたて茹でたての蕎麦の香りと味わいを楽しむ。かえしがキリッと効いた特製のつゆが、蕎麦の風味を引き立てる。
 
 コチラもすすっと手繰って、もう1枚おかわり(笑)。
 
 賑やかに語らいながらの和やかな昼食。蕎麦湯で〆める頃には、満腹で動けないほど(爆)。ご馳走さまでした (-人-)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月26日 (水)

ふくとくのからし蓮根

Karashirenkon_111026_1  昨日の出張帰り、北熊本SAで買って帰ったからし蓮根
 
 にも書いたが、からし蓮根は親父の好物の1つ。輪切りにした後、まずは仏前にお供え。
 
 切り方がちょっと分厚かったか(笑)。
 
 
Karashirenkon_111026_2
 
 
 折しも、一昨日は親父の祥月命日。仏前には、玉の井サントリー角もお供えしてるんで、ま、好物で一杯飲って貰おうと思いながら、コチラもお流れをいただく(笑)。
 
 
Karashirenkon_111026_3  輪切りにしたからし蓮根は、なるほど、細川家の御紋(九曜紋)によく似ている。肥後細川の殿様がお気に入りになるはずだ。
 
 厚めに切ってしまったせいか、はたまた、軽く温めたせいか、辛子がよく効いてる(笑)。
 
 
restaurant ふくとくからし蓮根 630円

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2011年6月 3日 (金)

第6回【tweet筑豊☆座談会in地球屋】なう

 “味覚焼”にまつわるツイートをきっかけに、チクスキstaff_tさんをキーマンに始まった【tweet筑豊☆座談会】。

筑豊でtwitterを利用している人が集まって、わいわいとお話をしたいね!っていう何気ない会話から始まった「tweet筑豊座談会」。
 
第1回の味覚焼には13人が集まって、わきあいあい楽しい時間を過ごすことが出来ました。

 第6回目の今回は飯塚市秋松の地球屋 飯塚店 有門亭。第5回の土火土火以来、4ヶ月ぶりの開催。前回は仕事で途中からの参加になってしまったが、今回は満を持してついぷらの「参加」ボタンをポチっと押す。
 
 仕事を終えた後、新茶屋経由のバスに乗って穂波支所前まで。そっからタクシーに乗って地球屋へ(歩いたら? って言われそうだが、時間もあんまりなかったしね・・・言い訳イイワケw)。

Chikyuya_110603_1

 中に入ると、初対面のkous_room_76さんに続いて2番乗りiizu_yo_uedaさん、nakaji1966さんに続いて、staff_tさん登場。ネームプレート渡しのお手伝いをしているウチに、だんだん集まってきて、20人を越える賑わい。50分ころから、staff_tさんの司会で座談会スタート。飲み物がめいめいに渡ったトコロでカンパーイbeer

 

続きを読む "第6回【tweet筑豊☆座談会in地球屋】なう"

| | コメント (0) | トラックバック (3)
|

2011年5月 5日 (木)

連休の名残に味覚焼

 憲法記念日日帰り旅に出掛けた以外は、為すコトもままならないウチに、あっという間に連休が過ぎていった。思えば、昭和の日からの3連休は急性胃腸炎でダウンしていたのが痛かった・・・。と、毎年毎年性懲りも無く、休みの終わりに思いを巡らすこどもの日の夕方(笑)。
 
 とあるモノを買いに飯塚へ出掛けたついでに、駐車場から近い味覚焼へ。

Mikakuyaki_110505

 閉店間際の時間帯だったが、店内に入り、“大”を注文。twitterつぶやいてる間に、手際良く焼かれた熱々の味覚焼が運ばれてきた。
 今日の味覚焼は、揚げ玉が多めに入ってるせいか、タネの加減なのか、どれも皮がカリッと仕上がっている。
 
 味覚焼を1つ2つと頬張りながら、2年前の今日、momomamaさん、ならやまさん、りあら親子達と、飯塚オフ会やったなぁ・・・などと、連休の名残にアレコレ思い出した(笑)。
 
 
restaurant 味覚焼 : 味覚焼“大”(15個) 350円 ・・・ちなみに“小”(10個)は250円
house 福岡県飯塚市本町8-7 金広ビル 1F 地図 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月 3日 (火)

元祖本吉屋沖端店のせいろ蒸し

 川下りを終えた後、遅いお昼(笑)。
 
 というか、さっき柳川に着いて、鰻のせいろ蒸しを食べようと元祖本吉屋本店に向かったのだが、入口には空席待ちが何組も・・・。しかも、駐車場も一杯だったので、やむなく撤退。ほかの店をナビで探して車を走らせるが、コレまた水天宮の祭礼で南部には交通規制(ノ_≦。) 車では近づけないようだったので、所要時間を考えて川下りを先にした次第(苦笑)。
 
 どんこ舟御花の脇で降り、西洋館松涛園を眺めて回ろうかと思ったのだが、朝食が遅かったとはいえ、この時間になるとさすがに空腹が優った(笑)。そそくさと沖の端へ歩みを進めると、並んだ露天のドコからか鰻の蒲焼きのイイ匂いが。すると、目の前に本吉屋の看板!Σ(・ω・ノ)ノ !!!  ちょうどイイところに、本吉屋沖端店があった。香りに誘われるまま、引き戸を開ける。
 
 Motoyoshiya110503_1本吉屋へ来るのは、かれこれ10年ぶりだろうか? 前に訪れたのは本店だったが、こちらは堀端にあり、窓から川下りが望める。窓側の席が空いていたので、すかさず座り、メニューをしげしげと眺める・・・∑(゚∇゚|||) 結構、イイお値段すんのねん(爆)。
 
 
 ま、たまの贅沢と思い、肚を括って(笑)せいろ蒸しを注文。

続きを読む "元祖本吉屋沖端店のせいろ蒸し"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

その他のカテゴリー

はたらく おぢさん | もの喰う日々 | もの喰う日々01.ウチ飯【日々の食卓】 | もの喰う日々02.ウチ飯【酒肴彩々】 | もの喰う日々03.ウチ飯【即席な食卓】 | もの喰う日々04.百薬の長【お酒の紹介】 | もの喰う日々05.名物・銘品・銘菓・お取り寄せ | もの喰う日々06.即席めん・カップめん | もの喰う日々07.弁当・仕出し&駅弁・空弁 | もの喰う日々08.ソト飯【ラーメン・チャンポン】 | もの喰う日々09.ソト飯【うどん・そば】 | もの喰う日々10.ソト飯【和食】 | もの喰う日々11.ソト飯【洋食】 | もの喰う日々12.ソト飯【中華・韓国・焼肉】 | もの喰う日々13.ソト飯【郷土料理・多国籍】 | もの喰う日々14.ソト飯【居酒屋・ビストロ】 | もの喰う日々15.ソト飯【ビュッフェ・ホテル食】 | もの喰う日々16.パーティー・酒宴 | もの喰う日々17.喫茶・BAR・スナック | もの喰う日々18.粉もん・パン | もの喰う日々19.ファストフード・屋台・露天・テイクアウト | もの喰う日々20.もの喰う日々のタネ明かし【レシピ等】 | もの喰う日々21.麺喰い情報 | もの喰う日々22.菓子・スナック | もの喰う日々アーカイブズ | もの思う日々 | サルベージする日々 | ナニごとか為す日々 | 彷徨う日々 | 管理・お知らせ | 食にまつわるエトセトラ