« フグとアラの刺身 | トップページ | ふたたび、大阪ランチのお弁当 »

2006年4月 4日 (火)

スモーク・スペアリブ

Dinner060404小値賀島から、玉の井の蔵人として働きに来ているKAZUさんが、
仕込みを終えて島へ帰るというので、SATOで暫しのお別れ会。
差入れにジャンボン・ヨークのハムやベーコンを持って行く。
スモーク・スペアリブを焼き網でこんがり焼いてもらったのだが、
コレが抜群に美味い。

|
|

« フグとアラの刺身 | トップページ | ふたたび、大阪ランチのお弁当 »

もの喰う日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/9562072

この記事へのトラックバック一覧です: スモーク・スペアリブ:

» ジャンボンヨーク [非公式“旧”嘉穂町のページ]
“九州りんご村”で知られるフルーツの里、宮小路地区を道なりにず〜っと上りきって、南嘉穂林道との交差点の少し手前。りんご園やなし園を一望する所に、手作りハム・ソーセージの店、ジャンボンヨークがある。 若い頃、食肉加工の仕事をしていた福山さんは、結着剤や増量剤、化学調味料等を多用するメーカーの製品作りに疑問を持ち、会社を辞め、福岡市内に手作りハム・ソーセージの店を構えた。 その後、田舎での商品作りを考え�... [続きを読む]

受信: 2006年9月10日 (日) 07時46分

« フグとアラの刺身 | トップページ | ふたたび、大阪ランチのお弁当 »