« 今日は九国 | トップページ | 風見鶏のコーヒー »

2006年5月 6日 (土)

“うるま ちゅら島 琉球”展

Entrance_uruma1時間半ほど、じっくり観て会場から出てくる。
琉球王朝期の文物を中心に、約150点程の美術品や歴史資料が、
広い会場にゆったりと展示してあった。
以前、東京国立博物館でも感じたことだが、
解説文や図解、歴史年表の類いが少ないあっさりした展示だった。

Syurijyou_seidenそれでも、東京にあったお陰で沖縄戦の戦火を逃れ、
東京大空襲をも免れた、王家尚氏の伝来品を目にすることが出来て、
感激した。また、沖縄に行きたくなった(笑)。

上の写真は会場の入り口。首里城正殿の向拝を模したものだろう。
ちなみに下の写真は、
首里城正殿の向拝(ごはい)。

|
|

« 今日は九国 | トップページ | 風見鶏のコーヒー »

彷徨う日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/9955027

この記事へのトラックバック一覧です: “うるま ちゅら島 琉球”展:

« 今日は九国 | トップページ | 風見鶏のコーヒー »