« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月30日 (土)

麺屋千寿のチャーシューメン

Senjyu_charshumen筑豊には少ない細麺と、その麺にしっくり絡む和風豚骨スープの店として、エリア内外からひそかに評価の高い麺屋千寿
実は、ワタシの小学生時代の友人がやっているお店だ。
以前は、桂川でラーメンやチャンポンを主にしたドライブインをやっていたが、いつの間にかホナジャス前に、屋号を変えて新装開店していた。
彼のお母さんからその話を聞き、初めて店を訪ねた時の驚きは今でも忘れられない。この辺りでは珍しい細麺にも驚いたのだが、上品なおでんのおつゆを思わせるような、昆布と鰹節の風味が漂う豚骨スープ。思わず替玉をオーダーして、細麺に絡むスープの風味を堪能した。
あれから数年。飯塚を襲った水害の被害にも遭い、大変な思いをしたと察するが、如何せん、自宅からやや遠く、ワタシの彷徨エリアからも離れているので足が遠のいていた。
それでも今夜は、意を決してココのラーメンを食べるためだけに出掛けた(笑)。
今夜は、チャーシューメンとご飯をオーダー。チャーシューとおつゆをアテにご飯を食べていたのだが、やっぱり今夜も替玉を注文してしまった。
お客の回転が良くなかったせいか、スープが少し煮詰まった感じがするコトは否めかったが、それでも和風の豚骨スープは健在だった。
今度は、チャーハンも食べてみなければ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

カップヌードル

Cupmen060930ナゼだか休みの昼食にカップ麺。
35周年を迎えた日本の代表的カップ麺“カップヌードル”。ワタシとン歳違い(爆)。
35周年で、カップにも「ありがとう35周年」の表記が!
だからというワケではないのだろうが、
具材のボリュームが、ぐっとUPしていると感じるのは
ワタシだけだろうか・・・(笑)。
特に、エビはその大きさそのものが従来品より大きい(爆)。
どうか、この具材UPが36周年以降も続きますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年9月29日 (金)

鶏ももとキノコのカレー煮

Dinner060929実は昨日の夕食に用意してあったのだが、昨夜は飲んで帰ったので、今夜の夕食。
椎茸、えのき、しめじ、マッシュルームの入った、季節を感じるメニュー(って、茸類は年中売ってるけどね・・・笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ふくたんの白身魚フライ弁当

Lunch060929現場&残業続きで、夏バテをそのまま引きずってきたかのようなハードな9月も、今日で終わり。涼しくなるのが早かった分、現場に出るのもラクになってきた。
10月からは、雨天順延の現場や、もめた現場の再立会が続く、今年の調査の正念場。しっかり食べて、ガッツリお仕事(笑)。
昼食は、ふくたんの白身魚フライ弁当。ご飯は特盛。
コレだけ食べても、夕方には空腹感が襲ってくる(爆)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年9月28日 (木)

お刺身で一杯

Dinner060928約半年間続いた今年度の一筆地調査が、
今日で最終日を迎えた。
雨天順延や、結論留保の立会があって、あと1、2ヶ月ほど現場仕事は続くのだが、当初予定していた日程では、今日で終わり。
自身や立会者に、ケガや熱中症のような病気がなく、無事に調査が進んだことに感謝して、仕事の帰りにSATOへ寄る。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年9月27日 (水)

豚ロースのソテー

Dinner060927夕餉の食卓にたびたび上る、豚ロースのソテー。
美味しいのだが、メニューに窮すると頻繁に出てくるので、その度アレンジに、ないアタマを捻るコトになる。
今夜は冷蔵庫の中に使えそうな材料がなかったので、マヨネーズと粗挽きマスタードを混ぜて、豚ロースの上に塗って、温めて食す。
簡単だが、がらっと味が変わる(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

往時の遺物

Genba060927今日は水曜日で現場の中日で、外へ出なくてよい日だったが、明日の現場に向けて、午前中現場に出る。
下山田炭鉱の硬山(ぼたやま)跡地に面した、旧山田市境の調査。
硬山跡地には、洗炭業か、シャモット選別に使われたと思われる、ふるいがそのまま放置してあった。
かつては遠くからも見えていた下山田坑の硬山だったが、洗炭業やシャモット採取で、すっかり削り取られている。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2006年9月26日 (火)

大石本家の成金饅頭

Narikinmanjuu直方に住む母の従姉から、成金饅頭をいただいた。
筑豊はお菓子処として、いろいろな銘菓が知られているが、直方は、成金饅頭が有名(石炭成金にちなむネーミング)。5つほどの店舗が成金饅頭を作っているが、
祖母は“大石本家”の成金饅頭が好きだったので、
ココのを届けてくれたようだ。
白あんの柔らかな甘さに、子供の頃、
祖母に連れられて直方へ行ったことを思い出す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年9月25日 (月)

馬刺とグラタン

Dinner060925_1母が店用に仕入れていた、馬肉の端っこの身が薄いところを、刺身にして夕食に出してくれた。
端っことはいえ、熊本産の霜降り。脂がのって美味い。
Dinner060925_2
今夜のメインは、
マカロニグラタン。
今夜はソースが柔らかめで、
さらっとした味わい。
Dinner060925_3 ほかには、
鶏肉・砂ずり・ごぼう
の唐揚げ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年9月24日 (日)

アサヒ熟撰

Jukusenワタシは日頃、“ヱビラー”(エビちゃんの方じゃなくて、ヱビスビールファンの方)を標榜しているのだが、生来のビール好きのため、新製品が出ると思わず買って帰ってしまう(笑)。
今夜飲んだのは、アサヒプレミアム生ビール熟撰。
プレミアム生ビールと言いながら、副原料が入っているのはなんだかなぁ・・・と思いつつ、グラスに注いで飲んでみた。
副原料でコクを出したのかも知れないが、まずまずの味。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

山小屋ラーメン 本店

Dinner060924石炭・歴史博物館を出てから、山小屋ラーメン本店を目指す。仲哀トンネル手前まで行ってみると、重機で解体中だった。
え゛っ・・・と驚いたが、本店を解体中ということは、ドコかに新店舗を構えているはずだと、思い直してUターン。
しばらく走っていくと、ひょこっと「山小屋ラーメ」の看板が。Yamagoya_honten 以前の本店より、さらに規模を拡大して、新装開店していた。左側の入り口は焼肉フロア。右側の入り口はラーメンフロアに分かれていた。
山小屋本店で食べるのは初めてだったので、とにかくスタンダードな“ラーメン”をオーダー。
これまで、“山小屋ラーメンは本店がいちばん美味い”と耳にしていたが、確かに、スープにくどさがなく、香りがいい。
(ただ、モヤシは茹で過ぎな感があったし、キクラゲは、少しふやけ加減・・・笑)
ラーメンが出てくるまで、慌ただしい厨房を眺めていたのだが、ワタシが待っている間に、寸胴にスープが追加され、モヤシや焼き豚等の具材を詰めた器が次々に運ばれてきているのを見ると、この材料の回転の速さが、“本店のラーメンが美味い”と言わせているゆえんかもしれないなぁ、と思った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

カレー

Lunch060924おとといから煮込み続けられてきた我が家のカレー。
すっかりイイ味になっている(笑)。
おかわりしようかと思ったが、午後から出掛けるので、食べ過ぎるとしんどいかと考えて、一皿だけで済ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

五目ラーメン

Marimo_ramen_gomoku飲んで、騒いで、夜が更けて、
カウンターの端でグーグー爆睡。
目覚めると、友人も河岸を変えていたようだったので、
ワタシもお勘定して、タクシーを拾いに吉原町へ。
グッと財布の中身が少なくなったので心配になったが、
まりもラーメンで今夜の〆め。
味噌にしようか醤油にしようか迷ったが、目に留まった五目ラーメンを注文。
あっさりしているようで、しっかりとした味わいのスープが美味しい。

| | コメント (7) | トラックバック (1)
|

2006年9月23日 (土)

記念撮影(笑)

Jackey_live060923_3熱いライヴを終え、おかはちさんとジャッキーの記念撮影。
お客さん達とも、一緒に記念撮影。
(アタシゃ恥ずかしくって、写れまっしぇん)
こんなに間近にタレントさんを見るのは、
初めてだった(笑)。

(写真は、おかはちさんとジャッキー)

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

トマトソースのニョッキ

Dinner060923_2ライヴもだんだんヒートアップ。
ヱビスの生もぐいぐい。
トマトソースのニョッキをオーダー。
トマトの甘みと、ピリっと控えめな辛さが、
ビールによく合う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

スペシャルゲスト!

Jackey_live060923_2福岡サンパレスでのステージの縁だか何だか(笑)、
スペシャルゲスト登場。
岡部はち郎さん(パチパチ)。

ライヴの中盤で、楽しいお話と、
ウクレレを披露してもらう。

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

た~らこ、た~らこ、た~っぷりたらこ♪

Dinner060923_1そろそろジャッキーライヴが始まる頃。

タラコとイカのパスタを、お箸でつるつる。
ヱビスの生は、もう2杯目(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

ひとり楽為舞<9月>

Jackey_live060923_1

友達からのお誘い&車に乗って、約1ヶ月ぶりにB-SPOTヘ。

今夜は、毎月恒例のジャッキーライヴ。
今夜のライヴで、ひとり楽為舞も丸7年。すごい!

(ライヴ直前。セッティングを終えて一服するジャッキー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

彼岸花 三態

お彼岸の中日。菩提寺に参詣したあと、お墓参りをしようと思ったのだが、ちょっと用件があって墓参せずに帰宅。
彼岸花の色が話題になったので、それぞれの写真をUP。
黄色と白は、自宅前の写真。自宅前には赤もあったのだが、まだ1、2輪しか咲いてなくて、しかもツツジの中に埋もれたように咲いていたので、遠賀川の大隈橋付近の田んぼの畦で、群がって咲いているのをパチリ。

Higanbana0609231

 

  黄 色




Higanbana0609232

  

   




Higanbana0609233


   

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年9月22日 (金)

煮込み馬ホルモン

Dinner060922例月の消防の訓練の後、20時半頃まで残業。
今週は精神的に疲れるコトが多かったので、
1週間の〆めにSATOへ。
ごまさばやオムレツでビールをぐいっと。
煮込みの馬ホルモンを肴にすると、
さらにビールがぐいぐいイケる(爆)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2006年9月21日 (木)

親子ハンバーグ リベンジ!

Dinner060921ひと月も経たないうちに、夕食にチキンハンバーグと、五木ナポリ風スパゲティが用意されていた。
前回、洋風のあんかけというか、あんかけ玉子とじに挑戦して、見事に失敗したので、今回は、とじハンバーグに専念した。
甘辛い和風だしで玉ねぎを軽く煮込み、玉子を軽く解き入れ、温め直して適当に切ったチキンハンバーグの上に、乗せてとじる。玉子を2個使ったので、ボリューム感もぐっとUP(笑)。なんとか見た目はイイ感じに仕上がる。

ちょっと濃い目にしただしと、スパイスの効いたハンバーグが、ビールに良く合う。思わずご飯を持ってきて、ご飯と共に食べたのだが、ビールに良く合うおかずは、ご飯にも良く合うコトに改めて気付いた(爆)。今夜はなんとか、まずまずな出来上がり(笑)。

ご飯をごく軽く1膳食べたこともあって、コレだけでお腹一杯。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年9月20日 (水)

鶏団子と南瓜の含め煮

Dinner060920_1先週の中華スープを作った時の残りを利用したのだろう。帰宅すると、鶏団子と南瓜の含め煮が用意されていた。
鍋から器に取り分けて、食べる。
Dinner060920_2薄味のだしてゆっくり煮しめてあるので、やさしい味。一緒に入っている高野豆腐に、たっぷりだしがしみ込んで美味い。
コンビニサントリー新製品が入荷されていたので、
さっそく購入。
味もまずまずだったが、缶のデザインが気に入った(笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

かほラーメンの和風しょうゆとんこつラーメン

Lunch060920久しぶりに、かほラーメンのラーメンが食べたくなって、
車に乗って出かける。さらに久しぶりに、和風しょうゆとんこつラーメンをオーダー。
バイトのお兄ちゃんの要領が悪いせいか、はたまた虫の居処が悪いせいか、大将がバイトのお兄ちゃんを、かなり激しく叱りつけている。悪態といってもいいような、ひどいコトバも飛び出している。
カウンターに座って、その様子を目にしながら麺をすすっていると、ラーメンの味より、ソッチの方が気になって仕方がない・・・。
煮玉子が丸のまま入っているのもなんだし、しっかり冷たいのもさらになんだし、麺はのび気味で、冷たい煮玉子のせいかスープもぬるい。コレで600円はなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年9月19日 (火)

味噌汁ときんぴら

Dinner060919_1急な用件が入ったので、
ひとまず、夕食に用意してあった味噌汁をすする。
じゃがいもと玉ねぎの味噌汁。
じゃがいもがホクホクして美味しい。
Dinner060919_2約3時間後、
用件が終わって、やっと夕食。
牛蒡と人参、蓮根のきんぴら。
蓮根の食感が良くて、ビールが進む(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年9月18日 (月)

ホルモン鉄板焼き

Dinner060918台風は無事に通り過ぎてくれたが、
それでも強い風のせいで、置き土産がたくさん(笑)。
結局、掃除や片付けで1日が過ぎてしまったので、
体力回復に、ホルモン鉄板焼き(安直・・・爆)。
野菜も一杯、焼いて食べる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

中華風スープ雑煮

Lunch060918一昨日の夕飯に用意してあった中華スープ。
春雨を加えて“太平燕”風にして食べても良かったのだが、食べ応えのあるものにしたかったので、切り餅4個を加えて雑煮に。
丸2日経っているので、スープの味が濃くなって、餅によく絡む。美味い。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

台風一過

Higanbana060918激しい風雨が、時折雨戸に当たって音を立てていたが、
台風は、眠っている間に遠ざかって行ったらしい。
昨夜の激しい風が嘘のように、静かな朝。
木の枝が折れたり、物が飛んできたりしていたが、
自宅周辺には大きな被害は無いようだ。
玄関先には、風に煽られて傾きながらも、
彼岸花が花をつけていた。もうすぐお彼岸。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年9月17日 (日)

在庫整理(笑)

Dinner060917台風13号が接近し、日没ぐらいから強い風が吹き始めた。
この天気なので、母も店を臨時休業にした。
そんな日の夕食は、冷蔵庫の残り物で(笑)。
手羽先の中華風煮、生サラミ、大根とすわり蕪の床漬け。
他には、冷凍ギョウザなど。
TVで台風情報を見ながら食事していると、時折停電する。
風も、だんだん激しくなってきたようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年9月16日 (土)

亀田製菓のレンジ用ポップコーン

Dinner060916_27-11で、レンジ調理専用のポップコーンを見つけたので、思わず買って帰ってしまった。米国製で、亀田製菓が輸入販売しているものらしい。
包装から取り出すと、調理用の袋がこんな感じで展開される。
黄色い部分を下にして、レンジ皿に置くらしい。
Dinner060916_3さて、どんな風に出来上がるやら・・・。
レンジで約3分熱していると、袋が一杯に膨張し、皿一杯のポップコーンが出来上がった。
Dinner060916_4昔、取っ手付きのアルミ皿に入った、レンジ加熱のポップコーンがあったが、後片付けを考えると、コッチの方がイイかな(笑)。
あつあつのポップコーンは美味しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ニチレイの甘えびシューマイ

Dinner060916_1夕食に、白菜と手羽先のスープだけ用意されていたので、愛車の給油の帰りに、ニチレイの甘えびシューマイを買って帰る。
袋ごとレンジでチンなので、手間がかからない。
えび増量をうたっているだけ、えびの食感は多い感じ(笑)。
某社のえびシューマイは3個多い15個入って、同額だったが、
味がどう違うか食べ比べてみたい。

| | コメント (6) | トラックバック (1)
|

2006年9月15日 (金)

がめ煮

Gameni060915 夕食は、川原馬肉専門店の馬刺と焼き茄子。
そして、がめ煮。
ウチでは“がめ煮”のことを“お煮しめ”と呼び、“がめ煮”という呼び方は、かなり後になって知った。
レンジで温め直したので、食感が失われてしまったが、蓮根がカリカリッと仕上がっていないと、親父が箸をつけなかったのを思い出す。
今夜の“がめ煮”は、別茹での絹さやが乗っていないので、少し彩りが寂しい。
 
【追記】
ちなみに、がめ煮のレシピはコチラです。

| | コメント (6) | トラックバック (2)
|

タカサゴユリ

Takasagoyuri060915玄関前のユリが、やっと咲いた。
ドコからか種が飛んできたのだろう。
松の根元から芽を出し、
松の木の陰になっていたので、
なかなか成長が遅かった。
出勤前にパチリ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2006年9月14日 (木)

ごまさば

Sato060914_1 カビ臭い地下書庫や、蒸し風呂のような交換機室で探し物をした後、3時間近く残業。
帰りにSATOに寄る。

Sato060914_2すりゴマを
たっぷりふりかけた
ごまさばで一杯。
そのあと、ココでも、おでん(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

勝ちゃんの焼きうどん

Lunch060914昼食は、勝ちゃんの焼きうどんとご飯の小。
ココの焼きそばや焼きうどんは、
炒めの仕上げにスープを少し加えるので、
純粋なソース焼きとはチョット違う。
そこんトコロが、勝ちゃんの焼きそば&焼きうどんの
美味しさの秘密(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ナンバンキセル

Nanbankiseru060914 今日の現場は、炭鉱跡地の原野の調査。
度重なる開発によって、昔とは異なる現況から、
字図と一致する手がかりを探して歩き回る。

Nanbankiseru060914_2 現場に生えているススキの根元に、
ナンバンキセルが咲いていた。
ススキやチガヤ、ショウガなどに
寄生する一年草。
葉緑素を持たない寄生植物らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年9月13日 (水)

敬老会の試食

Dinner060913_1今度の日曜日に行なわれる、敬老会で出される料理を試食するため、夕方、飯塚健康ランドへ。
去年もココで行なったのだが、その時の料理と比べると、かなり洗練されていた。Dinner060913_2
先付の刺身と酢の物に始まり、豆腐の中華風餡かけ、吹寄せ、吸物、蒸し物、焼物、仕上げのにゅうめんと、デザート。合計9品の、なかなか品のイイ味の料理が用意されていた。
Dinner060913_3 なかでも秀逸だったのは、きのこと鶏のホイル蒸し。陶板焼きをアレンジしたというこの蒸し物は、添えられたかぼすを絞ると、薄味の味付けながら、きのこと鶏の風味が際立って、その美味しさに唸ってしまった。
今日は、このあとに予定が控えていたので、1時間足らずの短い間に、かき込むように慌ただしく食べてしまったが、車で来ずに、しかも、時間に制約がなければ、お酒を交えて、ゆっくり食べたかったのだが・・・。

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

2006年9月12日 (火)

一銭洋食

Sato060912予想はしていたのだが、思いの外ハードな現場が続く。
明日水曜は、中日(なかび)で現場が無いので、
残業の後、精進上げがてらSATOへ。
一銭洋食をアテに、生ビールをぐーっと。
一銭洋食とはいうものの、もやしも入って、厚めに焼き上げられているので、どちらかというと、お好み焼きに近いな(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年9月11日 (月)

おでん

Dinner060911暖かくなってから、すっかり食卓に上らなくなったおでん。
朝夕涼しくなってきたどころか、明け方は寒さで目覚めてしまうくらいの今日この頃。
夕食は、今シーズン初(笑)のおでん。
おとといから仕込んでいるので、淡い味のだしでありながら、大根や玉子に、イイ味がしみている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

実りの秋、味覚の秋

Kinoko060911今日は炭鉱跡地の原野の奥に控える、地元共有林の調査。約47,000㎡の山の周囲をぐる~っと踏査。
今年の秋は、周期的によく雨が降るので、山の中には、色々な種類のきのこが、たくさん生えている。まさに実りの秋といったところだが、食べられるきくらげはともかくとして、名も知らない、エグい色したきのこも生えている。
そんな中で、とびっきり毒々しい色をしたきのこが生えていたので、思わず写真を撮った。帰ってから図鑑で調べてみると、キクバナイグチというきのこに似ている。このキクバナイグチ。毒キノコじゃないどころか、食用に出来るらしい(笑)。果たしてコレは、食べられるのだろうか・・・(爆)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年9月10日 (日)

チャンポン

Dinner06091010時から、叔母宅で祖母の一周忌の法要。
13時頃から、座を移して、料亭末廣で精進上げ。
(その膳の写真は撮り忘れてしまった・・・笑)

夕方叔母宅へ戻り、歓談の続き。
そうしているうちに、ひと組ふた組と、親戚が帰り、
弘前の伯父夫婦と、叔母夫婦、ワタシの5人だけになった。
夕食は、叔母お手製のチャンポン。日の高いうちから飲むお酒は良く効くので、するするっと咽喉を通る、汁物というか、麺類がありがたい(笑)。
先年、長崎で食べたチャンポンに味が良く似ていたが、叔母の調理のウラ技を知ると、長崎の味の真相を垣間見たような気がする。
(もともと、その調理法は知っていたのだが、改めて驚いた・・・笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年9月 9日 (土)

博多ラーメンのラーメン

Dinner060909ワ~タシの記憶が正しければ(“料理の鉄人”「美食アカデミー」主宰の鹿賀丈史風に)、このラーメン屋は15年程前、(旧)稲築町岩崎の稲築局前交差点から、嘉穂自動車学校方向へ向かって200mほど行った所にあったはず。
当時、普通自動車免許を取るために嘉穂自動車学校へ通っていたワタシは、この辺りでは珍しい、焦がしネギの入った風味のいいラーメンに驚いたものだった。

それから数年後、ホームバリュー(現在はスーパーTanto)前の現在地に移転したのだが、水と手作り麺にこだわったらしく、焦がしネギは姿を消し、以前の麺より細めの麺が、大きめの丼にゆったりと漂っている。スープの味も水にこだわった分、以前より洗練されたものになったが、ドコかナニかが寂しい。
醤油味の効いたスープは、昔の風味を残しつつスッキリとした味わいで、細めの麺(硬めにオーダーした方がベター。もしくは替玉)とうまく絡んでいるが、大きい丼にこじんまりと入っているように見え、食べ終えた時に物足りなさを感じさせる(それで今夜も替玉をしてしまった・・・笑)
そう、あまりにあか抜け過ぎているのだ。都市圏ならウケるかもしれないのだが、田舎住まいのワタシには、一抹の物悲しさを感じさせてしまう。その辺が、味としては申し分ないけれども、ココから足を遠のかせてしまっている一因かもしれない・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

きつねうどん

Lunch060909昼食は、きつねうどん。
防腐剤無添加のめんつゆが残っていたので、早めに使い切らないともったいない。それを利用して、すめ(=おつゆ)を作っているので、色が濃く、少し甘め。なんだか見た目は関東風(笑)。それでも、なかなか美味しい。
ごぼう天(すり身のてんぷらの方)も、トッピング。さらに、ごぼう天(コチラはにんじんと一緒にかき揚にした方)も乗せて、ずず~っと掻き込む。

| | コメント (6) | トラックバック (1)
|

またも模様替え

今日は重陽。
現場の草にもびっしり朝露がついて、秋が少しずつ深まっていくのが分かる。
前のデザインに変えてから、まだ半月も経っていないのに、もう模様替え。
前のが余りにサイケだったので、今度はチョット落ち着いた感じで秋っぽく。
食後の一服といったところで・・・(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年9月 8日 (金)

親子ハンバーグ

Dinner060908夕食に、チキンハンバーグと、五木ナポリ風スパゲティが用意されていた。ブログの記事一覧を見ると、ちょうど1ヶ月前にも、同じものが用意されていたので、だいたいひと月が夕食メニューのサイクルかもしれない(笑)。
いつもそうなのだが、そのまま食べるのは味気ないので、缶入りのマッシュルームとコンソメで、あんかけにして食べようと考えた。
準備をしている途中、冷蔵庫に玉子があったので、玉子でとじて親子丼風のあんかけにすることにした。
Dinner060908_2 作ってみて思ったのは、あんかけならあんかけ。玉子とじなら玉子とじ。どちらかに集中して作るべきだった。なぜなら、硬めに仕上がったあんの上に軽く溶いた玉子を流したのだが、あんが鍋からの熱を遮って玉子が煮えないのだ。最終的には、玉子がほとんど生っぽい状態で皿に乗せ、レンジで再加熱して、なんとか写真のような、とじハンバーグらしくなった(苦笑)。ま、ひとつ賢くなったというコトで・・・。
あ、味はまずまずでしたよ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

2006年9月 7日 (木)

麻婆酢豚

Dinner060907夕食に、枝豆、焼き茄子、豚肉と茹でもやしの冷しゃぶが用意されていた。今日は日中も涼しかったので、さすがに冷たいメニューばかりでは、お腹を壊しそうだったので、温かいメニューへシフトすることを思いついた。
先日買った、丸美屋麻婆豆腐の素は、1箱に2食分入っているので、その残りで麻婆豆腐風の酢豚を作ってみることにした。
作り方の基本は麻婆豆腐と変わらないのだが、まず茹でもやしを胡麻油で軽く炒めたあと、麻婆豆腐のあんを作り、茹で豚を投入。ココでいつもの麻婆豆腐と違うのは、あんを作る時に、黒酢とオイスターソース、おろしニンニクを投入し、豚肉と一緒にさやから出した枝豆と、刻み葱を混ぜ合わせる。さらに豆板醤ではなく、辣油で辛味を追加し、ふつふつ煮立ったあんを、先程軽く炒めたもやしの上にかけて、出来上がり。今夜用意してあった夕食のほとんどを利用しつつ、全く違うメニューへのシフトが上手くいった(笑)。
今夜も茶碗2杯のご飯と一緒に、しっかり平らげる。
唯一、難を言えば、茹でもやしではなく、生のもやし、さらに千切りきゅうりや千切りにんじんと一緒に炒めたものに、このあんを絡めれば、さらに美味しかったに違いない(爆)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年9月 6日 (水)

カップヌードル カレー

Dinner060906仕事を終えて帰宅しても、すぐに所用で出掛けなければならないので、夕食がちゃんと用意してあるにもかかわらず、日清カップヌードルカレーを、ずずずーっとすすって、家を出る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

肉厚とんかつ丼

Lunch060906 所在が不明な地権者を探すため、閉鎖登記簿とにらめっこしたり、ネットで抵当権者の会社や住所を調べたりと、息の詰まるような仕事で半日が終わった。午後から、また法務局に行かなければならないかも・・・。
昼食は、ふくたんの肉厚とんかつ丼。
器は小さめだが、しっかりとご飯が詰まっていた。とんかつも器に合わせた大きさだったが、名前の通り、確かに厚めのカツだった(笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2006年9月 5日 (火)

健脚商売

Anzengutsu4月から始まった現地調査の日程も、あと約1ヶ月を残すところとなった(雨天延期分を除く、デフォルトの日程)。
9月に入って、古河鉱業下山田炭鉱のボタ山跡地や、小規模炭鉱の跡地を中心にした、広大な原野の調査に取りかかった。今年の調査区域の北端に当たるこの場所に立つと、これまで調査してきた山々を、ず~っと望むことが出来る。低い里山ではあったが、この5ヶ月間、よくもまぁ、歩き回ったものだ(笑)。
5月から6月の蒸し暑くなる時期にかけて、地元の共有林を回った時は、お互いに、「足腰が強くないと、やってられんね。」と言い合い、「あなた達の仕事は“剣客商売”ならぬ、“健脚商売”やね。」、と言われた時には、“健脚商売”とは言い得て妙だなぁと感じ入った。
今年の春支給してもらった4足目の安全靴を磨きながら、健康に働けるコトの有難さを、しみじみ感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年9月 4日 (月)

いろり庵の炭火焼

Dinner060904_1祖母の初盆という、非日常的な世界から、普段の暮らしへやっと軌道修正し直した感のある今日この頃、帰省した親類の世話でてんてこ舞いだった、伯母夫婦と、ウチとで、ホントに内輪だけの精進上げ。
いろり庵で、はかた地どりの炭火焼。
Dinner060904_2 →は、前菜(かな?)の、
地鶏のたたきと、地鶏の生春巻。

| | トラックバック (0)
|

2006年9月 3日 (日)

のり弁当

Dinner060903当初の不安を覆して、イベントは550名を超える盛況。
ここ数日の涼しさとはうって変わっての炎天下、走り回った甲斐があるというものだ。しかも、あまりの忙しさに、昼飯ヌキ。こんなこともあろうかと、しっかり朝飯を喰って、甘い缶コーヒーを用意していたので、夕方の解散まではなんとかクリア。
しかし、その後に続けて、例月の打合せが入っていたので、会議が終わった頃には、すっかりヘロヘロ。
昼食に用意してあったほっかほっか亭ののり弁当を、家に帰ってから食す。丸13時間ぶりの食事(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年9月 2日 (土)

ジャージャー麺

Dinner060902_1500人規模のイベントを明日に控え、
夕方から、会場の準備やリハーサル。
ワタシは丸っきりの裏方なので、
黙々と作業を進めるが、
登壇者にはダメ出しの雨あられ。Dinner060902_2
終わって解散したのは、22時頃。
夕食を摂らずに出てきていたワタシは、
この時間から夕食。
7-11の復刻メニュー“ジャージャー麺”。
小さく刻んだ筍と椎茸が入った肉味噌はまずまずだったが、もう少し八丁味噌の風味が効いていてもイイのではないだろうかと・・・って、ジャージャー麺を食べるのは初めてなので、八丁味噌を使うのかどうかもよく知らないのだが・・・(笑)。
初めてついでにもう1つ。9月にサッポロビールから発売された限定醸造ビール“畑から百三十年”を、店頭で見つけたので、「限定○○」に弱いワタシは(爆)、早速買って飲む。ヱビスとは格段に違う飲み口の軽さと、黒ラベルよりは高い香り。味は、まあまあといったトコロか(笑)。それでも、他者のオールモルトビールよりは、味があると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年9月 1日 (金)

ラーメンのハシゴ

Takara_ramen060901決して、先程食べた、
塩バターラーメンが物足りなかったわけではない。
一次会では、モツ鍋の〆めに投入した
チャンポン麺もがっつり食べた。
しかし今夜のワタシは、
ナゼだか麺類に飢えていた(笑)。
まるで、ローカル放送局のグルメレポーターよろしく、飲み屋のハシゴならぬ、麺屋のハシゴ(爆)。
閉店してしまった「夜路宿」の味を偲びつつ、次のもう一杯をどの店にするか、ふらりふらり歩く。“長浜ラーメン”や“河童うどん”、“乃ぶ”や“ばさらかラーメン”の前を通り過ぎて、繁華街の南のはずれ、“宝ラーメン”へ。
現場でしっかり働いたせいか、はたまた二次会のエネルギー消費が激しかったのか、今夜の2杯ともスープまで完食。
しっかり腹も心も満たされ、店の前に停まっているタクシーに倒れこむように乗り込み、日付が変わる前に帰途に就く。

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

まりもラーメンの塩バターラーメン

Marimo_ramen_shio二次会の店を出ると、みんな蜘蛛の子を散らすように、夜の飯塚の雑踏に消えていった。
誰について行くでもなく、誰を連れて行くでもなく、ぽつねんと出遅れてしまったワタシは、御幸町から吉原町へとそぞろ歩いて、まりもラーメンにたどり着いた。
あっさり味で仕上げたかったので、北海道塩バターラーメンをオーダー。太目の縮れ麺に、あっさりした塩味のスープとパターの風味が、良く絡んで美味い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今夜も酔眼

Crazynight060901ブログにUPする写真を、PCに取り込んでビックリ。いつ撮ったのか覚えていないのだが、シュールな画像がSDカードに収まっていた。
よく見てみると、いくつもの光跡がうねっている中に、カラオケの映像を移したモニターの光跡が見える。
画像のタイムスタンプを見ると、どうも二次会の最中の時間帯。何を撮ろうとしたんだか・・・。
なんだか念写にも見えなくないが、今夜の出来事も、ワタシの酔虎伝に新たな1ページを追加したコトは、間違いあるまい(爆)。

| | コメント (4) | トラックバック (1)
|

一伍で懇親会

Dinner0609015月に歓送迎会をやって以来、
分団全体で飲むことがなかったのだが、
その後、火事や水害による災害出動が続いたので、
精進上げと息災を祈って、“炭火焼 一伍”で懇親会。
なにも、防災の日に地元を空けるのもどうか・・・
とも思うが、ソコはそれ、
火事や災害が起きないことを祈念いたしまして
「乾杯!」

| | コメント (0) | トラックバック (2)
|

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »