« 博多ラーメンのラーメン | トップページ | 実りの秋、味覚の秋 »

2006年9月10日 (日)

チャンポン

Dinner06091010時から、叔母宅で祖母の一周忌の法要。
13時頃から、座を移して、料亭末廣で精進上げ。
(その膳の写真は撮り忘れてしまった・・・笑)

夕方叔母宅へ戻り、歓談の続き。
そうしているうちに、ひと組ふた組と、親戚が帰り、
弘前の伯父夫婦と、叔母夫婦、ワタシの5人だけになった。
夕食は、叔母お手製のチャンポン。日の高いうちから飲むお酒は良く効くので、するするっと咽喉を通る、汁物というか、麺類がありがたい(笑)。
先年、長崎で食べたチャンポンに味が良く似ていたが、叔母の調理のウラ技を知ると、長崎の味の真相を垣間見たような気がする。
(もともと、その調理法は知っていたのだが、改めて驚いた・・・笑)

|
|

« 博多ラーメンのラーメン | トップページ | 実りの秋、味覚の秋 »

もの喰う日々」カテゴリの記事

コメント

チャンポンおいしいですね。私は皿うどんが好きですが家じゃ中々うまくいきません(-_-;)

投稿: ととろ | 2006年9月12日 (火) 22時09分

ワタシも皿うどん大好きです。
母が作る皿うどんはとても美味しいのですが、まだ自分で作るのはキビしいです(苦笑)。
ただ、炒め物ののキーは、鍋をよく熱しておくことですね(テフロン加工の鍋orパンは、熱しすぎると危険ですが)。
チャンポン麺や焼きそば用麺を、低い温度の油でカリッと揚げると、皿うどん用の揚げ麺に絶好です。

投稿: たて@もの喰うひと | 2006年9月14日 (木) 01時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/11846286

この記事へのトラックバック一覧です: チャンポン:

« 博多ラーメンのラーメン | トップページ | 実りの秋、味覚の秋 »