« カレー | トップページ | アサヒ熟撰 »

2006年9月24日 (日)

山小屋ラーメン 本店

Dinner060924石炭・歴史博物館を出てから、山小屋ラーメン本店を目指す。仲哀トンネル手前まで行ってみると、重機で解体中だった。
え゛っ・・・と驚いたが、本店を解体中ということは、ドコかに新店舗を構えているはずだと、思い直してUターン。
しばらく走っていくと、ひょこっと「山小屋ラーメ」の看板が。Yamagoya_honten 以前の本店より、さらに規模を拡大して、新装開店していた。左側の入り口は焼肉フロア。右側の入り口はラーメンフロアに分かれていた。
山小屋本店で食べるのは初めてだったので、とにかくスタンダードな“ラーメン”をオーダー。
これまで、“山小屋ラーメンは本店がいちばん美味い”と耳にしていたが、確かに、スープにくどさがなく、香りがいい。
(ただ、モヤシは茹で過ぎな感があったし、キクラゲは、少しふやけ加減・・・笑)
ラーメンが出てくるまで、慌ただしい厨房を眺めていたのだが、ワタシが待っている間に、寸胴にスープが追加され、モヤシや焼き豚等の具材を詰めた器が次々に運ばれてきているのを見ると、この材料の回転の速さが、“本店のラーメンが美味い”と言わせているゆえんかもしれないなぁ、と思った。

|
|

« カレー | トップページ | アサヒ熟撰 »

もの喰う日々」カテゴリの記事

コメント

山小屋ラーメン、私が地元に居た時より数段おいしくなってますね。地元に帰った時しか食べられませんが・・・カレーも大好きでよく作るのですが義母が作るルーを使わなインドカレーにはまりまくっています。レーズンが苦手なんだけどあれがいい味出してるような気がします。我が家は今日は牛丼とわかめスープのみ・・・またまた手抜きです(#^.^#)

投稿: ととろ | 2006年9月28日 (木) 23時08分

最近のフランチャイズチェーンの傾向かも知れないんですが、
“材料とレシピを本部側が提供して、調理は各店舗で”
ってのが増えてるみたいで、お店によって味や、テーブルの上に置いてあるものが違うことがよくあります。
特に、山小屋ラーメンはその傾向が強くて、スープの味や脂加減、紅生姜の有無が、店舗によって結構違いますね。

ワタシはカレールーを使ったカレーしか作ったことがないので、カレー粉からカレーが作れる人は尊敬してしまいます。一度は挑戦してみようかと思うのですが、手間がかかるし、失敗がちょっとコワいので、いまだチャレンジしかねています(笑)。

投稿: たて@もの喰うひと | 2006年9月30日 (土) 12時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/12066556

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋ラーメン 本店:

« カレー | トップページ | アサヒ熟撰 »