« ほうれん草のバターソテー | トップページ | スペアリブの角煮風 »

2007年1月31日 (水)

日清GooTa 焼豚叉焼麺

Cupmen070131_1アサヒスーパードライ1ℓ缶を飲み干して、心地良く酔ってきたので、仕上げにラーメンが食べたくなってきた。
で、買い置きしていた日清GooTa焼豚叉焼麺を作る。
レトルト具材入りのカップ麺はレトルトを温める工程がある分、作るのが面倒なので敬遠しがちなのだが、GooTaシリーズを一度も食べたことが無かったので、モノは試しで買っていたのだ。

Cupmen070131_2 鍋で温めたレトルトチャーシューをカップに乗せたのだが、レトルトの袋の大きさの割にチャーシューが小さくて薄い。
麺はノンフライ麺なのでつるっとした食感が良く、歯応えもイイ。
前にも書いたことがあるが、JAS法表記の「上級」カップ麺のスープは味が濃厚でチョット苦手なのだ。スープの味は悪くないのだが、やっぱり濃い。熱湯を足してちょうど好みの味にする。
あと、価格の割に具材が寂しかったので、フリーズドライの刻みねぎ桃屋メンマを加えてやっとそれらしくなった。
やはり、この手の「上級」カップ麺より、100円前後から200円手前ぐらいのスタンダードな、というかチープなカップ麺の方が、口に合うのかもしれない(笑)。

|
|

« ほうれん草のバターソテー | トップページ | スペアリブの角煮風 »

もの喰う日々06.即席めん・カップめん」カテゴリの記事

コメント

たてサンに教えて差し上げようかどうか
迷っている商品でした。私は、これが登場した頃から試してました。スープが濃いといえば濃いかも知れませんね。
私のお勧めは、このシリーズの名前は、
忘れましたが、ふたにゆで卵がある商品です。
実際にゆで卵もレトルトされています。
角煮がメインだったように思います。
お口に合いますでしょうか?

投稿: ならやま | 2007年2月 4日 (日) 19時54分

>ならやまさん
調べてみました。
ならやまさんがおっしゃってるのは、たぶん味玉叉焼麺ですね。
現在のGooTaカップ麺のラインナップは、
豚トロ叉焼麺、焼豚叉焼麺、とろ煮豚麺、みそ肉菜麺、豚キムチ麺の
5種類(日清公式HPによる)なので、
もしかしたら廃番になっているかもしれません。
あと、ウチの近所のスーパーではGooTaが上の記事の1種類しか置いてないんですよ。
みそ肉菜麺か、豚キムチ麺は食べてみたいと思うんですが・・・。

投稿: たて@もの喰うひと | 2007年2月 5日 (月) 13時00分

廃番ですと!
結構いける麺だったのですが。
ゆで卵が入って、すごく得したと思ったのは
私だけだったのでしょうか。

投稿: ならやま | 2007年2月 7日 (水) 14時23分

豚キムチは食べました(^0^)/
めちゃ辛かったですけど、他のGOOTAの濃い味よりは、おいしく感じましたよ♪
・・・てか、よそのブログで感想言う前に、自分のブログにとっととUPしろ!ってですよね
(T_T)

投稿: 魔人ぷぅ | 2007年2月11日 (日) 04時24分

>ならやまさん
調べてみたら去年の5月発売なので、
公式HPに載っていないだけで、まだ売ってるかもしれませんね。
ウチの近所のスーパーにはこのGOOTAしか売ってなかったので、
ほかの味はまだ試していません(涙)。
GOOTAは具材の豪華さがウリですよね。

>魔人ぷぅさん
お久しぶりです。
ブログのお引越し進んでますか??
GOOTAの豚キムチ。にんにくの匂いと辛さがなかなからしいですね(笑)。
上級カップ麺の味の濃さはチョット苦手なんですが、
GOOTAの豚キムチとみそ肉菜麺は食べてみたいなぁと思ってます。
「モノ喰う魔人」の記事UP。
気長にお待ちしてますよ~(^o^)/~~

投稿: たて@もの喰うひと | 2007年2月12日 (月) 10時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/13771587

この記事へのトラックバック一覧です: 日清GooTa 焼豚叉焼麺:

» 具多 GooTa 焼豚叉焼麺 (No.337) [寝モバ - 【カップ麺を勝手に評価】]
赤でも青でもない新登場の黒グータ。 スープは鶏がらベースにポークエキスも加わった醤油味。ネギの香りが良く、最後まで飲み干してしまった。 麺はノンフライの丸細麺。細麺だがしっかりとしたコシがありおいしかった。 具はレトルトチャーシュー、ネギ。「生肉を網に....... [続きを読む]

受信: 2007年2月 5日 (月) 09時27分

« ほうれん草のバターソテー | トップページ | スペアリブの角煮風 »