« からつバーガー田川店のスペシャルバーガー | トップページ | 鳥志商店の博多中華そば 博多塩味 »

2007年1月27日 (土)

しる商人の中華そば 醤油

Shirushouninからつバーガー田川店でスペシャルバーガーを平らげた後、ウチへ帰ろうかと思ったが、4ヶ月ぶりに訪れた田川。このまま帰ってしまうのももったいないので、なつさんのブログで紹介されていた“しる商人”へ(まだ、喰うか・・・笑)。
場所は、山小屋ラーメン本店のほぼ向かい側と知っていたので、香春方向へGO! しばらく走って、無事発見。
店に入ると、この時間帯なのにお客は2人連れの1組だけ。なつさんが心配されているように、バイパスを挟んだ向かい側に移転してきた山小屋ラーメンの影響が大きいのだろうか・・・。
Shirushounin_shouyuramen ワタシは筑豊生まれながら、豚骨以外のラーメン(特に醤油)も好きなので、カウンターに座るとすかさず醤油ラーメンをオーダー。
麺が茹で上がる頃、寸胴からすくい上げられたスープを観察してみると、白ワインのような色合いの透き通ったスープ。よく湯切りした麺をスープの中で泳がせ、手際よく具材を乗せていく。
湯気と香りの立ち上る丼がカウンターに乗せられると、情景反射的にスープを啜ってしまった。鶏、豚、魚介のスープが野菜の甘みで調和されているのだろうか。細かいコトは分からないが、とにかく滋味のあるスープだ。
そのまま麺を啜ろうとする衝動を抑えつつ、丼のレイアウトが崩れないうちにパチリ。
黄色い縮れ麺と、主張しすぎない醤油味のスープがよく絡み合う。
世に溢れる醤油ラーメンを食べて「あぁ、残念」と思うのは、乗せられたメンマのなんともいえない薬臭さなのだが、ココのメンマはそれをアテに焼酎や熱燗が飲めそうな程美味い。スープの風味に邪魔をしないどころか、麺やスープと一緒にかき込むとコレまた美味い。
“しる商人”というより“しる職人”と呼んだ方がふさわしいほどの一杯だが、おそらくご主人には“職人”としてより“あきんど”としての自負があるのかもしれない。
今回は自らの好みで醤油味をオーダーしてしまったが、このスープは、まず塩味で堪能するべき味わいのスープだ。次は必ず塩味をオーダーしよう。
 
【後日記】
後日再訪した時に、メニュー名が「中華そば」だったコトが分かりましたので、タイトルを「しる商人の醤油ラーメン」から、「しる商人の中華そば 醤油」に書き換えました。

|
|

« からつバーガー田川店のスペシャルバーガー | トップページ | 鳥志商店の博多中華そば 博多塩味 »

もの喰う日々08.ソト飯【ラーメン・チャンポン】」カテゴリの記事

彷徨う日々」カテゴリの記事

コメント

記事を見ただけで食べたくなります。
たてさんの説明の上手さ・・・
私なら 美味しかったです・・・しか言えないと思います。

縮れ麺に醤油スープの組み合わせは大好きですから、
ぜひ行ってみたいと思います。
(田川には近いうちにアーチ橋梁を見に行きます。)

投稿: momomama | 2007年1月29日 (月) 10時42分

>momomamaさん
実のトコロ、普段のワタシならmomomamaさんと同じように
「美味しかったです」としか書けないかもしれないんですが、
お酒に酔って興に乗ってくると、饒舌な書きぶりになってしまいます。
気心の知れた友人達と食事に行くと、
味や店構え、果てはお客さんの印象までアレコレ語り合ってしまうんですが、
ソレとおんなじコトを自分の中で、もう1人のワタシとやっているに過ぎないんでしょう。
酔ってそのまま眠ってしまうことも多いので、
数日分の記事を後からまとめてUPすることが多々あるんですが、
そのお陰で、酒ボケから脳年齢を維持できているのかもしれません(爆)。

投稿: たて@もの喰うひと | 2007年1月29日 (月) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/13699157

この記事へのトラックバック一覧です: しる商人の中華そば 醤油:

« からつバーガー田川店のスペシャルバーガー | トップページ | 鳥志商店の博多中華そば 博多塩味 »