« SATOの山芋バター | トップページ | 梅花開く »

2007年2月 7日 (水)

とのいのカツ丼

昨年の市町合併の影響か、春先(だったかな?)にほっかほっか亭嘉穂店が閉店し、夏には嘉麻川食堂、年末には勝ちゃんが店をたたみ、外食の過疎化も進行しつつある今日この頃。昼休みの時間内に職場から歩いて食事の出来るところは皆無に等しくなった。
で、今日の昼食は、車に乗ってとのいへ。
かつてココは、蘇州という屋号のラーメン屋だったところだった(ちなみに隣の仏壇屋さんも、隣に新築したかつての蘇州の店舗)。鶏ガラと豚骨を使ったさっぱりしているようでコクのあるスープは、ワタシにとってのラーメンの味覚の原点になっている。
余談はさておいて、とのいの話だ。
蘇州が閉店してしばらく経ってから、古い方の店舗にとのいが開店した。
開店当時、親父と一緒にココへ来た時、だしの香りの良いこの辺りでは珍しいしっかり目な味付けのすめ(=おつゆ)に感心し、何度か2人で通ったことがある。
Tonoi_070207丼物もデフォルトなのに大盛のようなボリューム。大喰いの人ならいざ知らず、初めて訪れた人が丼物と麺類を注文すると、大変なコトになりそうだ(笑)。
かなり久しぶりに訪れた今日は、カツ丼をオーダー。
写真から察していただけるだろうか? ご飯の量も玉ねぎの量も、そして卵の量も、一見大盛と見まごう程の量だ(笑)。
しっかり目な味付けのすめをたっぷり使っているので、カツはもとより玉ねぎやご飯にまで味が行き渡っている。それでいてクドくないトコロは、大将の腕故のコトだろう。
今日はガッツリ喰いたい腹具合だったのでちょうどイイ感じだったのだが、少食な人や女性にはちょっと多いかもしれない。しかし、地味ぃ~なたたずまいながら、舌と腹を唸らせる(イイ意味でね・・・笑)隠れた名店だ。

|
|

« SATOの山芋バター | トップページ | 梅花開く »

もの喰う日々」カテゴリの記事

もの喰う日々10.ソト飯【和食】」カテゴリの記事

食にまつわるエトセトラ」カテゴリの記事

コメント

カツ丼は好きなメニューベストテンに入る位好きな食べ物だ。

投稿: taga-mix | 2007年2月 9日 (金) 00時09分

>taga-mixさん
カツ丼好きなら“とのい”に行ってみるべし!!

投稿: たて@もの喰うひと | 2007年2月12日 (月) 11時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/13830368

この記事へのトラックバック一覧です: とのいのカツ丼:

« SATOの山芋バター | トップページ | 梅花開く »