« SATOで焼きがき | トップページ | らーめん翔山のラーメン »

2007年2月22日 (木)

ヤマダイ 凄麺 丸鶏使用スープの塩らーめん

Cupmen070222_1がっつり飲んで気分はリセット(笑)。
今夜の〆めは、2、3日前7-11で買ってきた、ヤマダイ凄麺 丸鶏使用スープの塩らーめん
ヤマダイは茨城のメーカー。“ニュータッチ”というスナック麺も最近まで知らなかったし、目にすることもなかったような気がする。
ただ、金ちゃんヌードルを食べたり、最近カップめんブログを巡回するようになったりして、福岡には販路の少ない、他の地方メーカーの即席めんが気になるようになってきたのだ。
そんなトコロで目に留まったのがこのカップ麺。
Cupmen070222_2凄麺”と名乗るだけあって、ノンフライ麺にありがちな戻りの悪さや固さがなく、もちっとした生麺のような食感がある。
スープも「すっきり澄んだおいしさ」をうたっているように、脂に嫌味がなく、鶏だしのスッキリした味わい。肉団子も戻りが良いのか、スープを含んでジューシーな感じすらある。
関東のメーカーが、こんなに淡く澄んだスープを作っているのにも驚いたが、麺がイイ。確かに“凄麺”かも知れない(笑)。
ただ、今夜はかなり酔っていたのか、黒胡椒のワンタッチボトルをキャップごと開けてしまい、大量の黒胡椒をカップの中にぶちまけてしまった(苦笑)。黒胡椒まみれの麺だけをなんとか啜ったが、さすがにスープは棄ててしまった。
次は酔ってない時に、味わってみることにしよう(爆)。

|
|

« SATOで焼きがき | トップページ | らーめん翔山のラーメン »

もの喰う日々06.即席めん・カップめん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/14025695

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマダイ 凄麺 丸鶏使用スープの塩らーめん:

» 凄麺 丸鶏使用スープの塩らーめん (No.465) [寝モバ - 【カップ麺を勝手に評価】]
スープは丸鶏エキスにたまねぎと丸鶏を煮込んだチキンブイヨンをブレンドした塩味、かぼちゃなどの野菜と果実で甘みを加え、博多地鶏から抽出した鶏油でコクを出している。鶏の香りをしっかりと感じることができるスープ。 麺は凄麺独特のノンフライ麺。いつも通りの安定....... [続きを読む]

受信: 2007年3月 7日 (水) 09時55分

« SATOで焼きがき | トップページ | らーめん翔山のラーメン »