« とのいのカレーうどん | トップページ | 模様替えとお知らせ »

2007年4月18日 (水)

豚黒ラーメン川津店のチャンポン

Tonkoku_chanponココ数回、豚黒ラーメン稲築店にフラれっ放しだったので、所用で飯塚へ出かけたついでに豚黒ラーメン川津店へ。
「うぃ~あ~ざ・ちゃ~んぽ~ん、まい ふれぇ~んず♪」という某長崎ちゃんぽんチェーンCMに触発されたわけではないが、考えるいとまもなくチャンポン(あっさり味)をオーダー。メニューに登場して以来、一度、豚黒ラーメンのウリである、鹿児島県産 黒豚証明書付きの豚骨使用のスープで作るチャンポンが食べてみたかったのだ。
ちょっと平ためな丼に、おりこうさんな感じに納まった一杯。刻んだ長ねぎが乗っているのが特徴的だ。
スープを啜ってみると、確かにコクがあるのにくどくない豚黒ラーメンのスープの味。
だが、しかし・・・油の香味というか、炒め野菜の香ばしさというか、チャンポンの必須ファクターである炒められた風味が淡いのである。
味はこってりすっきりなトコロに持ってきて風味が淡いので、見た目の感じと同じく優等生的な仕上がりになっているのだ。端的に言えば個性が弱いのである。
食べている途中でソースをかけたくなったのだが、あいにくテーブルの上にはソースがなく、胡椒を少し振りかけてアクセントをつけてみた(今から思えば、美風クンのように紅生姜を入れてみても良かったのかも知れない)。
美味しいのは美味しいのだが、やはりココでは、ラーメンを食べるのが正解なのかも・・・。
お勘定の時、稲築店は開いているかどうか尋ねようと思ったのだが、レジのそばに「福岡店・川津店・稲築店のバイト募集」の張り紙があったので、聞くまでもなく稲築店は開いているのだろうと察した・・・のだが・・・。

|
|

« とのいのカレーうどん | トップページ | 模様替えとお知らせ »

もの喰う日々08.ソト飯【ラーメン・チャンポン】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/14760546

この記事へのトラックバック一覧です: 豚黒ラーメン川津店のチャンポン:

« とのいのカレーうどん | トップページ | 模様替えとお知らせ »