« お次は福岡県立美術館へ | トップページ | いわしフライ梅肉青じそ巻き »

2007年5月27日 (日)

串や金太郎で仕上げ

Kintarou_01車を入れ替え、今日の仕上げへ。
ドコで夕食にするか考えていたのだが、fu-minの提案で桂川の串や金太郎へ。
土師交差点のすぐそばにあり、以前から気になる店ではあった。ただ、黒一色の板張りの外観で、今一つ中が窺い知れないでいた。“金太郎”というフレーズを聞くと、某吉原町の呼び込みが立っているお店を連想してしまうが、ココは桂川町の串焼き屋。何の関係もあるまい(笑)。

Kintarou_02 yuki姉さんに仕入れてもらった情報で、躊躇しつつも店内へ。日の高い時間にもかかわらず、予想に反して結構な賑わい。常連さん。しかも家族連れや団体が何組か訪れていて、店内は一杯といった感じ。
メニューを見ると串焼きの種類が多いので、一部を除いて、ずらっとひと通りオーダー。

Kintarou_03 最初の何本かが焼き上がってくるまでには少し時間があったが、出来上がってき始めると、次から次にテンポ良く運ばれてくる。串の具の大きさも頃合いで、ビールのアテにちょうどイイ感じ。ロースターで焼いているようだが、なかなか美味い。
fu-minの話によると、最初はバイパス沿いに店を構えていたのがコチラへ移転してきたらしく、以前から繁盛していたとのこと。そういった話を知っているんだったら、初めから教えて欲しかった・・・。

かつては開拓精神旺盛に、人づての情報のある・なしに関わらず、いろんな店を捜し歩いたものだが、歳をとるとだんだんと保守的になってしまうようで、未知の店には勝手に高い敷居を構えてしまう(笑)。たまにはこうした冒険もイイ(爆)。

|
|

« お次は福岡県立美術館へ | トップページ | いわしフライ梅肉青じそ巻き »

もの喰う日々14.ソト飯【居酒屋・ビストロ】」カテゴリの記事

彷徨う日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/15329992

この記事へのトラックバック一覧です: 串や金太郎で仕上げ:

« お次は福岡県立美術館へ | トップページ | いわしフライ梅肉青じそ巻き »