« 今日は福岡アジア美術館へ | トップページ | お次は福岡県立美術館へ »

2007年5月27日 (日)

川端らーめんのちゃんぽんらーめん

Kawabata_ramen_01アルフォンス・ミュシャ展を観たあと、
今日の昼食場所を探す。
ホテルオークラをおのぼりさん気分でウロウロしたあと、
川端通商店街を一往復して、
先日、祝日だか有休だかで休んでいた時、
たまたま目にしたももち浜ストアで気になっていた
川端らーめんへ。
入り口に手書きの看板が掲げてある。
 

Kawabata_ramen_02 階段を下りると正面に和風の入り口がある。
女性2人が切り盛りしている店中は、和風と地中海風(?・・・というか、書いてる本人がワカラナイ・・・笑)とが混在したようなたたずまい。
13時なら、まだ昼飯時で賑わっている時間帯だが、地下1Fという立地のせいか客が少なく、BGMが静かに流れている。
落ち着いて麺を啜れるのはありがたい。
麺類が650円から850円という高めな価格帯は
TVで見た時から知っていたので、
ちょっとリッチに、850円のチャンポンらーめんをオーダー。

Kawabata_ramen_03 出された一杯は、野菜と海鮮で具だくさん。
スープは、化調を極力控えていながら、野菜と海鮮の旨味と炒めた風味が溶け合ってなかなか美味い。
麺は、平打ちの細麺というか、細麺の断面が長方形。ラーメンの麺というよりは、中華料理用の蒸し麺に似ていて、歯ごたえがある分モサっとした印象もある食感だ。それでも平たい分、スープを上手くすくい上げている。
なかなか良くできた一杯だが、惜しむらくは、野菜に火が通り過ぎていることだ。
しんなりした野菜では、コシのいい麺と食感が合わないし、ボリュームも小さく見える。
コレでは850円という価格設定の高さだけが目立ってしまう。
化調と胡椒でごまかさない味作りをしているだけに、なんとも惜しい・・・。
今日は、この店おすすめのしょうゆラーメンを食べていないので、
次回に期待したい。

|
|

« 今日は福岡アジア美術館へ | トップページ | お次は福岡県立美術館へ »

もの喰う日々08.ソト飯【ラーメン・チャンポン】」カテゴリの記事

彷徨う日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/15227772

この記事へのトラックバック一覧です: 川端らーめんのちゃんぽんらーめん:

« 今日は福岡アジア美術館へ | トップページ | お次は福岡県立美術館へ »