« 大黒商店のラーメン | トップページ | ナゼかB-SPOT! »

2007年6月 9日 (土)

天天ノ有のラーメン

 会合が終わったあと、夕食には少し早いが、前から気になっていた粕屋町の天天ノ有へ。
 この天天ノ有。実は一九ラーメンの目と鼻の先にあって、最初こそ一九ラーメンの方が気になっていたのだが、とあるTV番組で京都の“天天有”というお店の紹介を目にし、屋号が同じなので次第にコッチの方が気になってきた。しかし、都市高の利用が増え、東バイパスばかりを通るようになったので、どちらの店も訪れることのないまま月日が過ぎていた。
Tentennoyuu_ramen で、今日は会合が16時に終わったので、ゆっくり国道を走って念願の一杯を。夕食の時間にはやや早かったので駐車場に車はなく、スンナリ駐車。L字型の大きなカウンターがどーんと据えられている開放感のある店内に、お客はワタシ1人。まずはデフォルトのラーメンを注文。お冷のピッチャーにはレモンスライスが入れてあって、お冷はさっぱりレモン風味。
 厨房にはおばちゃん1人。静かに手際よく作り上げていく。
鶏ガラだけでスープを取っているというのは事前に知っていたのだが、黄味がかった白濁スープ。脂がほとんど浮いていず、昼に食した大黒商店とは正反対(笑)。ひと口啜ると水炊きのスープをさらに濃厚にした感じの味。あとくちにほんのりと甘みが広がる。野菜の旨味か。美味い。文句なしに美味い。
 麺はちょっと太目の中細麺。コシがあって麺の香りがイイ。
 具は、軽く茹でたもやしとメンマ、刻みネギ、焼豚三枚。こぎれいに並べられている。
 バランスがいいのでまたたく間に食べてしまいそうになるのをこらえて、レモン風味のお冷で口の中をリセットしながら、味わって食べる。
 かつて自宅の近所にあったラーメン屋は、鶏ガラ(首や足も入っていた)と豚骨で取った、黄味がかった白濁スープがスタンダードだったが、それを思い出させる懐かし~い味。
 しっかり味わったあと、ほかにお客さんもいないので、おばちゃんに質問すると、やはり、スープは鶏ガラのみで取っていると言う。それから、京都の“天天有”はおじさんの店で、その味を教えてもらったらしい。京都と大阪とココの三店舗だけとのこと。積年の疑問も一気に氷解(笑)。
 おばちゃんも気さくで、通いたくなること必至のお店だ。
 
【後日記】
 後日、再び来店した時に看板をよく見て分かったのだが、ココの屋号は「天天ノ有」ではなく、「天天、有」のようだ。ちなみに、京都の店は「天天有」。大阪の店はココと同じく「天天、有」と表記しているようだが、いずれも「てんてんゆう」と読むようだ。

|
|

« 大黒商店のラーメン | トップページ | ナゼかB-SPOT! »

もの喰う日々08.ソト飯【ラーメン・チャンポン】」カテゴリの記事

彷徨う日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/15369831

この記事へのトラックバック一覧です: 天天ノ有のラーメン:

» ”天天、有”福岡最古の鶏白湯。 [MANIC SOMEDAY]
久々に粕屋町の天天、有へ。京都にある有名店、天天有の関係店である。ちなみに、読み方はテンテンユウであって、テンテンノユウではない。 [続きを読む]

受信: 2008年10月 1日 (水) 00時44分

« 大黒商店のラーメン | トップページ | ナゼかB-SPOT! »