« 江山楼本店の太平燕と黒チャーハン | トップページ | ホテルの夕食 »

2007年8月 8日 (水)

長崎の路面電車

Densha070808長崎市内での移動は路面電車が便利だ。
暑い停車場で待つのはしんどいが、数分おきに訪れるおもちゃのような電鉄は、見ていて可愛らしい。
一番後ろの席が開いていたので、すかさずソコへ陣取り、運転手のいない運転席を観察。ワタシは鉄ちゃんではないのだが、それでもなぜだかウキウキする。時間が許せば一日乗車券(500円)を買って、一日中乗っていたい気分だ(笑)。
ちなみに今回の滞在で乗った電鉄は、300形360形。戦後の昭和20年代から30年代にかけて製造された車両で、いくつもの改装を経た今でも、木製の床や真鍮製の手すりなど時代を感じさせるディテールが車内のあちこちに見られて面白い。
広告をまとった車両も多く、チキンラーメンや日立白くまくんが外装された車両も走っていて、見ているだけでも楽しかった。

|
|

« 江山楼本店の太平燕と黒チャーハン | トップページ | ホテルの夕食 »

彷徨う日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/16076296

この記事へのトラックバック一覧です: 長崎の路面電車:

« 江山楼本店の太平燕と黒チャーハン | トップページ | ホテルの夕食 »