« 冷やし豚しゃぶをおろしポン酢で | トップページ | 江山楼本店の太平燕と黒チャーハン »

2007年8月 8日 (水)

江山楼本店の東坡肉

Kouzanrou070808_1長崎原爆忌を明日に控え、
原水爆禁止関連の行事に参加するため長崎へ。
分科会に参加し、炎天下の長崎をぶらぶらしたあと、
昼食を求めて新地中華街へ。どの店で食べようか迷ったが、無難に江山楼本店へ。
まずは、しゅうまいと春巻。
続いて、東坡肉をオーダー。
Kouzanrou070808_2 熱々の蒸し饅頭に、東坡肉と炒め青梗菜をはさんで、ガブリ。
普段口にする角煮とは異なる、中華香辛料の香味がイイ。とろみと甘辛さが絶妙なタレ。良く煮込まれた柔らかい三枚肉。炒め油が香ばしい青梗菜の歯ごたえ。それらを饅頭でくるんで食べると、非常に美味い。美味くて笑いがこみ上げてくるほど。
やはり中華街の中華は美味い。

|
|

« 冷やし豚しゃぶをおろしポン酢で | トップページ | 江山楼本店の太平燕と黒チャーハン »

もの喰う日々12.ソト飯【中華・韓国・焼肉】」カテゴリの記事

もの喰う日々13.ソト飯【郷土料理・多国籍】」カテゴリの記事

彷徨う日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/16074711

この記事へのトラックバック一覧です: 江山楼本店の東坡肉:

« 冷やし豚しゃぶをおろしポン酢で | トップページ | 江山楼本店の太平燕と黒チャーハン »