« BAR カランドーレへ | トップページ | 稲佐山からの夜景 »

2007年8月 8日 (水)

かにやのおにぎり

BER カランドーレをあとにして、Mさんは“子悪魔”な店へと(果たしてリンク先は合っているのだろうか・・・笑)案内してくださったが、あいにくというか幸いというか、お店は閉まっていた。
Mさん曰く、「長崎では飲んだ後の〆めは、ラーメンやうどんではなく、おにぎりだ。」とのお言葉で、おにぎりで有名なかにや長崎本店へ。
Kaniya_1 入り口から一直線に伸びるカウンターには、夜半前というのにお客さんが一杯。確かに、長崎での飲んだ後の〆めは、おにぎりなのか・・・。
奥の小上がりの席に陣取ると、それに続いてお店がはねたあとと思しき、お姉さん方とオッサンの一団も入ってきた。なかなかに繁盛している。
おにぎりと侮るなかれ。お品書きを見ると具材は25種類もある。コレにはちょっとビックリ。
Kaniya_2 どれから頼んだものか迷ってしまったので、とにかく片っ端から1つずつ握ってもらうことに(笑)。おにぎりには、赤だしのお味噌汁が定番とのコトで、それも一緒にオーダー。
丸いざるの上に6個ずつ、お新香と共に乗せられてテーブルへ運ばれてきた。何のおにぎりかが分かるように、おにぎりのてっぺん辺りにそれぞれの具材が目印代わりにちょこんと乗せてある。その辺のちょっとした気配りが嬉しい。
おにぎりはやや小ぶりに握ってあって、飲んだ後でも2つ3つは軽くイケる。赤だしのお味噌汁との相性も絶妙で、Mさんのお言葉に納得。
Kaniya_3 なかでも、ん?という具が紅しょうが。ちらしずしやお稲荷さんに紅しょうがならすぐに納得が行くが、白い飯に紅しょうが・・・? ココはひとつワタシが挑戦してみることに。
ひとくち口にしてみると、意外と違和感ない(笑)。よく見てみると、牛丼屋やラーメン屋などに置かれている紅しょうがの様な千切りではなく、ざくっと大き目の細切れになっているのだ。生姜の食感と梅酢の酸味がご飯にもマッチしていて面白い。
ご飯を食しているというのに、一緒にビールをちびちび。
コアな長崎の夜を堪能(笑)。

|
|

« BAR カランドーレへ | トップページ | 稲佐山からの夜景 »

もの喰う日々10.ソト飯【和食】」カテゴリの記事

もの喰う日々13.ソト飯【郷土料理・多国籍】」カテゴリの記事

彷徨う日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/16077635

この記事へのトラックバック一覧です: かにやのおにぎり:

« BAR カランドーレへ | トップページ | 稲佐山からの夜景 »