« きんもくせい | トップページ | 明星 美味しさ発見 焼きラーメン スパイシーとんこつ味 »

2007年10月23日 (火)

ひじきの炒り煮

Dinner071023ふとしたきっかけで、youtubeにアーカイブされているタモリ倶楽部空耳アワーを見始めたら面白くてたまらない。爆笑に次ぐ爆笑で咳き込み始めたら、もうこんな時間。空腹も忘れるほどだった(笑)。
で、遅い夕食。
ひじきの炒り煮と、コンビニで買ってきた地鶏炭火焼。

○○産地鶏と書いてないので産地偽装の心配はないが、昨今なーんちゃって○○な食材が多いので、“地鶏”だか“ブロイラー”だか心配・・・なんてコレっぽっちもしてない(笑)。
 
食のブログを書いてるんで、時折「○○産のホニャララが美味い」って唸りつつも、舌でその真偽を計りえないコトは自覚しているので、とりあえずは看板(表示)を信用してます。違ってたってそりゃ、自分の舌の鑑識眼(舌?)の無さを痛感するか、あるいは、生産量と流通量の差をうすうす知りつつ、半ばホンモノかどうだか疑りながら食べてるので、ウナギをアナゴ、いや豚肉を牛肉に仕立てて売るようなことが無ければ、少々のコトは水に流しちゃってます(爆)。ま、そういった態度が、現在の食の不祥事を招いた遠因と批判されればソレまでなんですが、口にするモノを購入する時には、それなりに考えて買ってるつもりです。
 
ちなみに、ねまってる(≒腐ってる)かどうか判別することについては(モチロン通常の体調でね)、少々自信があるので、ちょっとばかり消費期限だか賞味期限だか過ぎてても気にせず食べてるヒトです。少々イタんでてても、自慢の胃腸で捻じ伏せます・・・というか、アタったら自業自得というコトで(爆)。あんなモノはお役所の人と生産した人とが目安で決めてるモノなので、ことコレに関しては、自分の舌を頼りにしています。喰えるかどうかを他人(ひと)任せにするのは、ヒトとしての本能を失うようで、ソチラの方が案じられます。
ワタシ的には、消費期限とか賞味期限みたいな曖昧模糊な期限より、昔のように製造年月日をキッキリ明記(併記)してもらった方が有難いです。ただ、製造年月日といっても製品の包装年月日なので、抜け道はいくらでもあるワケで・・・(笑)。

最近食にまつわるネガティブな話題が多かったのでコンナ話を書いてしまったのですが、コンビニで買ってきた地鶏炭火焼そのものには、一切関係ありません。また、コンビニ惣菜を批評しているワケでもありませんので、悪しからず。コンビニ納入の惣菜製造者の方の信用と名誉のために、最後に一言書き添えます。

|
|

« きんもくせい | トップページ | 明星 美味しさ発見 焼きラーメン スパイシーとんこつ味 »

もの喰う日々01.ウチ飯【日々の食卓】」カテゴリの記事

食にまつわるエトセトラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/16875430

この記事へのトラックバック一覧です: ひじきの炒り煮:

« きんもくせい | トップページ | 明星 美味しさ発見 焼きラーメン スパイシーとんこつ味 »