« チャンポン | トップページ | 2007ニッポンの秋 値上げの秋 »

2007年10月31日 (水)

めんの里あぐんちゃの天かま

日中はお休みをいただいていたが、夜にはどうしても外せない用件があって飯塚へ。
遅くなったが、この時間にやっと夕食。久々にめんの里あぐんちゃへ。
ワタシの記憶が確かなら、あぐんちゃは、百花亭などと並ぶ与秀庵の系列。飯塚ローカルのうどん屋チェーンだ。
25年ほど前、東町商店街に与秀庵が出来た時、生まれて初めて釜揚げうどんを食べた。茹でたてのうどんが茹で汁ごと入った丼の中から、うどんをつまみ出し、温かいつゆにつけて啜るというスタイルは衝撃的だった。
Aguncha071031今でこそ、国内でも食のグローバル化が進み、福岡に居ながらにして日本中、いや、世界中の麺類を味わうことが出来るが、嘉穂盆地からほとんど出たことのない幼少のみぎりのワタシには、コレでも十分にショックを受けるものだった。
そんなコトを思い出しつつ、天かま(釜揚げうどんと天ぷらのセット)と、いなり寿司をオーダー。
揚げたての天ぷらと、むちっ、ぷりっとした麺が美味い。

|
|

« チャンポン | トップページ | 2007ニッポンの秋 値上げの秋 »

もの喰う日々09.ソト飯【うどん・そば】」カテゴリの記事

食にまつわるエトセトラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/16937130

この記事へのトラックバック一覧です: めんの里あぐんちゃの天かま:

« チャンポン | トップページ | 2007ニッポンの秋 値上げの秋 »