« ホテルの朝 | トップページ | 今夜はえるびすで地鶏三昧 »

2007年11月10日 (土)

一九ラーメンのラーメン

ワタシは天邪鬼だ。気心知れた人が勧める店なら行ってみようという気になるのだが、いわゆる有名店だと、一度は食べてみたいと思いつつ、逆に足が遠のいてしまうコトがある。粕屋の“一九ラーメン”もそんな店の1つだった。しかし、昨日市内まで車で来られていたI係長に、帰りに車に乗せてもらうのをお願いしていた兼ね合いもあって、I係長のリクエストで一九ラーメンへ。図らずも十数年来の宿題を果たすことが出来たという次第(笑)。

Ikkyuramen_071110 時間がやや早かったせいか、車を店の脇の駐車場にスンナリ停めることが出来た。カウンターにはワタシ達以外に1、2名。オーダーするとさほど待たずにチャチャっと出てきた。
まずは、スープをひと口。ちょい甘目のタレが効いた濃い目の豚骨味。かといってクドくはなく割とスッキリした後味。「替玉×」の麺はほんの少し太めで、カタ目の茹で具合。比較的さっぱりたコクあるスープに、固茹でのストレート麺の相性が良い。
チャーシューとメンマ、ねぎという具の取り合わせは、先日食べた天天、有とも共通する(ちなみに天天、有のラーメンにはもやしも入っている)。ちょい甘目のタレの味もなんとなく似ている。粕屋周辺のラーメン屋さんの特徴だろうか??

食べ進めていくうちに、この味はどっかで食べたコトがあるなぁと、ナイ頭の中を味覚の捜索。昨日の酒がまだ残っているのか(笑)なかなか思い出せない。
店を出て大野峠を越え、桂川辺りに戻ってきて、ハタと思い出した。この味は“丸貴ラーメン”の味によく似ている。そう、あの感じの味だ。なかなかに美味いラーメンだった。有名というだけで食わず嫌いをしてしまう、自分の天邪鬼加減が恥ずかしい(笑)。

|
|

« ホテルの朝 | トップページ | 今夜はえるびすで地鶏三昧 »

もの喰う日々08.ソト飯【ラーメン・チャンポン】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/17067838

この記事へのトラックバック一覧です: 一九ラーメンのラーメン:

« ホテルの朝 | トップページ | 今夜はえるびすで地鶏三昧 »