« B-SPOTで生ベーコン | トップページ | 博多々蔵で一席 »

2008年1月17日 (木)

まりもラーメンの特製とんこつラーメン

 1人で飲んでるんだから、タクシー料金が割増の時間帯になる前に帰ろうと思っていたのだが、ソコは馴染みのB-SPOT。いつもの顔ぶれが入れ替わり立ち代り。飲みながら話していると時間はあっという間に過ぎてしまう(爆)。気がつくと(って、いつものコトのような気がするが)23時を過ぎていた。日付が変わる前には帰らねばと思いつつ、精算をすませて店をあとに。

Marimo_tonkotsu080117_1  吉原町へと下って、〆めの一杯を思案。実は、B-SPOTでも、生ベーコンをアテに生ビールを2杯ぐらいと、常連さんからおこぼれに預かったワインをグラスに2、3杯と、わずかなアテでぼちぼち飲んだので、微妙にお腹が空いていたのだ。
 で、うどんでもなく、豚骨ラーメンでもない気分だったので、足どりはまりもラーメンへ向かう。
 平日のこの時間は人通りが少ないのか、店内にお客の姿はなく、大将がテーブル席に座ってTVを見ていた。店に入り、カウンターに座る。客が自分ひとりなのと、時間がやや早いコトもあって、枝豆と生ビールを頼んで飲み直し(笑)。

Marimo_tonkotsu080117_2  再び、テーブル席に出てきた大将と2人、NHK教育スペイン語会話(ナゼにNHK教育??)を見ながら、「今週の一皿」で紹介された“たこのガリシア風”を見て、美味そうですねぇなどと、とりとめもないコトを話す。
 ココでも生を2杯、サクッと空けてしまったので、深酒にならないウチに(って、たいがい飲んでないか?)〆めの一杯。特製とんこつラーメンをオーダー。
 ココのとんこつラーメンは、こってり煮出した白濁スープ(白湯)ではなく、澄んだ豚骨スープ(清湯)。黄味がかった中太のストレート麺との相性がイイ。焼豚、玉子、メンマ、キクラゲ、かまぼこに、刻みねぎと、具材も多くて嬉しい。
 結局、今夜もコンナ夜更けに・・・と自省しつつ、やわやわと満腹感に浸りながら、タクシーに転がり込む(笑)。

|
|

« B-SPOTで生ベーコン | トップページ | 博多々蔵で一席 »

もの喰う日々08.ソト飯【ラーメン・チャンポン】」カテゴリの記事

彷徨う日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/17791759

この記事へのトラックバック一覧です: まりもラーメンの特製とんこつラーメン:

« B-SPOTで生ベーコン | トップページ | 博多々蔵で一席 »