« 門司港レトロ | トップページ | 昭ちゃんの肉コロッケ »

2008年3月22日 (土)

門司港駅のふぐ天うどん

Mojiko_st01  門司港といえば、焼きカレー。焼きうどんにもそそられたが、美味いものは駅のそばにあるという経験則に従って、足取りは門司港駅へ。

 九州最古の木造駅舎と、鉄骨の構造美を見せる駅構内を眺めたあと、駅舎内にあるうどん屋に飛び込む。
 
Mojikost_udon 時代がかった扉を開け中に入ると、昼飯時だけにほぼ満席。どうにか1つだけ空いた席に座って、今日のお昼の一杯をば思案。
 初めて訪れたうどん屋ではごぼう天うどんがデフォルトなのだが、ココは門司港。迷わず、名物のふぐ天うどんをオーダー。
 
 手際良く出て来た一杯には、大ぶりのふぐ天が鎮座まします。その周りを若布、かまぼこ、とろろ昆布、刻みねぎが、しっかり脇を固めている。
Mojikost_fuguudon まずはすめ(=つゆ)をひと口。昆布をベースにしただしには、鰹節といりこの風味が顔を出す、ほんのり甘目の味付け。
 麺はといえば、茹で置きと思しいのだが、噛むとにっちりと歯にくっついて来るような食感が楽しい。イイ意味で想像を覆された(笑)。しっかりとした食べ応えが美味い。
 そしてメインのふぐ天。箸でつまんで躊躇なくガブリ。大ぶりな姿から飾り衣がかかっているんだろうと思っていたら、なんと分厚いのはふぐの方。程良く下味が付けられ、ふわっとした食感とも相まって、すめとの相性もバッチリ。開いて中骨が除いてあるので食べやすい。ふぐ天を喰ってはすめを啜り。麺を啜ってはふぐ天にガブリ。物価高騰の折ながら、コレで500円。門司港レトロを満喫しつつ、ワンコインで地元の名産を楽しめるというのはカナリ嬉しい。
 

|
|

« 門司港レトロ | トップページ | 昭ちゃんの肉コロッケ »

もの喰う日々09.ソト飯【うどん・そば】」カテゴリの記事

彷徨う日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/40596042

この記事へのトラックバック一覧です: 門司港駅のふぐ天うどん:

» [かじろぐ]
[続きを読む]

受信: 2008年3月22日 (土) 14時22分

« 門司港レトロ | トップページ | 昭ちゃんの肉コロッケ »