« 海響館へ | トップページ | 唐戸市場 »

2008年3月23日 (日)

ふくの関の鯨定食

 ひとしきり海響館でぶらぶらしたので、次第に腹も減ってきた。ドコでお昼を食べようかと、一度唐戸市場へ戻るとちょうど昼飯時。混雑具合は着いた時の比ではなく、座って食べられそうな場所どころか、食べ物を買おうにも店に寄り付けないほどの混雑。逃げるようにして(笑)カモンワーフへ回る。1階から3階へぐるっとひと回りしたあと、結局1階のふくの関へ。ほぼ満席だったがタイミングよく席が空いていて、中へ滑り込む。

Kujira_teishoku080323  下関はかつて捕鯨の一大拠点だったトコロ。ふぐはホテルの夕食で堪能したので、ちょっと値は張るが、思い切って鯨定食をオーダー。
 鯨赤身刺身、竜田揚げ、鯨ステーキ、おばいけの酢味噌がけと、鯨料理のスタンダードなラインナップ。コレに、ふくの味噌汁、ご飯、香の物が付く、押さえ所のイイ品揃え(笑)。
 調査捕鯨の話がかまびすしい昨今だが、ワタシ自身は鯨を口にする機会が多いので、味は如何ばかりかと思っていたのだが、さすがは下関、いずれも美味い。特に鯨ステーキは、添えられたケチャップをつけて食べると、なんとも懐かしい味わい。コドモの頃は牛ステーキなんて喰ったことがなくて、ほとんど鯨を焼いてケチャップで味付けしたのばっか喰ってたのを思い出した(ケチャップ味といえば、魚肉ソーセージを焼いたのも思い出す)。嗚呼、昭和は遠くなりにけり(笑)。ついでに言えば、アノ頃の鯨って筋が多くてカタかったよなぁ。ソレに比べると、コッチの鯨ステーキは柔らかくて美味い。時代は変わるもんだ。
 とまぁ、遠い郷愁に浸ってたかどうかは別として、帰りの時間も近付きつつあったので、粛々と箸を進める。ちなみにあごの調子は相変らず。実はやっとの思いで噛み砕いている有様(爆)。でも、味は分かるのがせめてもの救い(笑)。一品一品の量は少ないように見えて、品数が多いので、結構お腹一杯になった。金額以上には満足できたかな。

|
|

« 海響館へ | トップページ | 唐戸市場 »

もの喰う日々10.ソト飯【和食】」カテゴリの記事

もの喰う日々13.ソト飯【郷土料理・多国籍】」カテゴリの記事

彷徨う日々」カテゴリの記事

食にまつわるエトセトラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/40671847

この記事へのトラックバック一覧です: ふくの関の鯨定食:

« 海響館へ | トップページ | 唐戸市場 »