« SATOの山芋豚肉巻き | トップページ | 博多昭和ラーメンのラーメン »

2008年4月18日 (金)

日清焼そばU.F.O. シーフード焼そば

Cupmen080418_1 SATOで程よく飲んで、ちょっと冷たい夜風に当たりながら、ふらふらと歩いて帰る。ウチに帰ってから、もう少し飲みたかったので、買い置きの中から日清焼そばU.F.O.シーフード焼そばをチョイス。たまにはソース味でないカップ焼きそばが食べたいなと思い、買っていたものだ。実はこのラインナップでこの味を食すのは初めて。
 カップの中には、オイルと粉末ソースの袋。作り方をみると、湯切りした後、オイルで麺をほぐし、粉末ソースを混ぜるというやり方らしい。
 お湯を注いで3分(ちょい前)後、ターボ湯切りの口を破り、湯切り。いつも思うのだが、このフタの製法を思いついた人はスゴイなぁと感心する。茹で上がった麺にオイルをまぶし、粉末ソースをふりかける。箸で混ぜようとしたのだが、粉末ソースがうまくなじまずムラなく混ざらない・・・。酔って作ってるせいもあるのだろうが、オイルとソースを分けずに、デフォルトのソース同様、初めから液体にしてオイルと一体にした方が作りやすいと思うのは、ワタシだけだろうか・・・。
Cupmen080418_2  と、ぶつぶつ文句をたれつつも、ひと口。シーフードヌードルにも共通する魚介の旨味と、生姜と玉ねぎの風味。ビールのアテにもなかなかの風味だ。
 具材には、イカやカニかま、玉子、キャベツが入っていて、具材それぞれの相性も、ソースとの味の相性もイイ感じ。
 ヘタすると、デフォルトよりコッチの味の方が好きかも・・・。コレでもうチョット作り易かったらねぇ(笑)。

 久々のカップめんネタでしたが、実は他に20本ほど在庫のネタがあって、なかなか記事に出来ず仕舞いになっております。折を見て、なんとか過去記事でUPできればと考えてますが、お蔵入りしそうな予感・・・

|
|

« SATOの山芋豚肉巻き | トップページ | 博多昭和ラーメンのラーメン »

もの喰う日々06.即席めん・カップめん」カテゴリの記事

コメント

いやー、こうやって見ると結構旨そうにに見えますなぁ。なんだか食べたくなってきました。

投稿: Y.NAO | 2008年4月19日 (土) 22時47分

>Y.NAOさん
いつもの味でも、美味そうに見えるように撮ってるんですよ。
さらにフォトレタッチソフトで修正・加工してるし(爆)。
ただ、デフォルトのU.F.O.よりコッチの方が、
酒のアテになりそうです。

投稿: たて@もの喰うひと | 2008年4月20日 (日) 00時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/40921281

この記事へのトラックバック一覧です: 日清焼そばU.F.O. シーフード焼そば:

« SATOの山芋豚肉巻き | トップページ | 博多昭和ラーメンのラーメン »