« 青梅 2008 | トップページ | 今宵もB-SPOT »

2008年6月 3日 (火)

シーチキン・ディ・パターテ

 日々の巡回先にして、興味深いエントリーを次々に撃ち出されるネットゲリラの野次馬さん。世間のオモテウラを生き抜いてこられたキャリアに裏打ちされた、硬軟取り混ぜたエントリー満載のブログは、1日として読まずには居られない中毒性すら醸し出している。公称10万pv/日を公称するのは、まんざらではない。
 そんな野次馬さんは、食べ物にも一家言あって、実に美味そうな一皿をブログに乗せておられる。その中で、食指が動き、かつワタシにもチャレンジ出来そうな料理があったので、野次馬さんのレシピに従って作ってみた。

ツナ缶は静岡が世界に誇る特産品だ/クレソン・デ・シーチキン

材料/ツナ缶(小)、
タマネギ一個、
ジャガイモ(中)一個、
生シイタケ一個、
クレソン少々
塩・胡椒・マヨネーズ

 
Dinner080603_1 上記のレシピに従って、材料を揃えてみた。材料の大きさや準備の経過で、分量を次のようにアレンジ。
 
シーチキンマイルド:小1個、
玉ねぎ:1/2個、ジャガイモ:1個、生椎茸:1個、
水菜(クレソンが無かったので・・・笑):1/2束、
塩&胡椒&マヨネーズ:適量
 
 ワタシの地元の川にもクレソンが自生しているが、今回はたまたま、スーパーで売ってなかったので、水菜で代用したのはご愛嬌(川に取りに行くのも面倒でね・・・苦笑)。野次馬さんのレシピ通りに、タマネギとジャガイモと椎茸を短冊に切って、ツナ缶の油で炒める。その後塩胡椒で味付けし、具が透明になってきたら水菜を投入。葉物に火が通り過ぎないウチに、全体にマヨネーズをからめるように混ぜ込んで完成。 
 こう書くと上々な仕上がりのようにも思えるが、フタを開けたツナ缶から直接油を注ごうとして上手く油が切れず、材料を焦がしそうになったので、慌ててオリーブオイルをちょっと追加。さらに、ジャガイモの刻み方がやや太かった分、ジャガイモに芯が残っている感じ。水菜に火が通り過ぎるのはイヤだったが、もうひと息加熱して、やっとソレなりの一皿になった。酒のアテには、チョット量が多くなったか(笑)。
 
 最後にマヨネーズを加えるので、実は油分が多い。ツナ缶の油のみで作らないと、油っぽい仕上がりになってしまう。しかも、具の分量が多かったのか、シーチキンの存在感が薄い・・・。それでも、ひと口食すと、まぁまぁの出来。ビールのアテに最適だ。新ジャガイモ&新玉ねぎの時期なので、材料そのものの美味さに助けてもらった格好だった(苦笑)。
 改善点は、ツナ缶はあらかじめ油きりしておくこと。ジャガイモはもっと細く切ること。この料理の主役であるツナ缶に合わせて、他の材料の量を加減すること・・・と、いったトコロか。ツナ缶の特売日にでもリトライしてみるか(笑)。
 
 クレソンを使っておらず、出来上がりも野次馬さんのソレとは似て非なるモノになってしまったので(苦笑)、同じ名前を名乗るワケにも行かず、シーチキンを使ったジャガイモ料理といった感じの名前にしてみた。

|
|

« 青梅 2008 | トップページ | 今宵もB-SPOT »

もの喰う日々02.ウチ飯【酒肴彩々】」カテゴリの記事

もの喰う日々20.もの喰う日々のタネ明かし【レシピ等】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/41606529

この記事へのトラックバック一覧です: シーチキン・ディ・パターテ:

« 青梅 2008 | トップページ | 今宵もB-SPOT »