« 寒北斗 寒仕込み生酒 | トップページ | 博多荘のラーメン »

2009年1月30日 (金)

藤蔵西中洲店で一席

 昨年9月に行なわれた分団の編成変更で、従来の分団が解散することになり、これまでの積立金の清算も兼ねて、中洲で盛大に解散式。
 “アラ鍋”をキーワードに、ホテルからの近さや個室の有無で、幹事が予約したのは藤蔵西中洲店。以前、まぐろ三昧の一夜を過ごした時に泊まったホテルの1階にある店だ。その際、宇久島直送の鮮魚というのが結構気になって、一度行ってみたいなぁ・・・と思っていたので、ちょうど渡りに船であった。ネットで調べてみると、宇久島にある「シーサイドホテル藤蔵」直営の和食店という。期待がふくらむ。

Fujikura_090130_1  店内に入ると、奥の座敷へ案内される。店のアチコチに手書きのメッセージが貼られていて、ユニークだ。座敷は全部で十数畳あり、今夜は2対1(ワタシ達の方が2)で仕切られているようだった。
 薬院新川に面した和室の窓からは、天神中央公園の景色と福岡市役所の明かりが見える。なかなかイイ雰囲気。分団長の挨拶の後、そのまま引き続き分団長の音頭で乾杯。
 
Fujikura_090130_2  先付は、鯨ベーコン。薄造りにする前にすこし炙ったのであろうか? 焼いた鯨の香りがかすかに漂う。

 続いてお造りが出てきた。“アラ鍋”をメインに据えているだけあって、ヒラス、平目、鯛、蛸の刺身を周囲に侍らせて、アラの刺身が正面に鎮座まします(笑)。いずれも、新鮮で美味い。
 
 
 
 

Fujikura_090130_3 そのあと、鯖の煮付け、茶碗蒸しと続いたあと、揚げ物の一皿。南瓜と蓮根の天麩羅と共に並んでいるのは・・・?? 初め、鯛の天麩羅かと思ったのだが、白身なのは同じとしても、何やら様子も味わいも違う。後ほどアラ鍋が登場してから得心したのだが、コレはアラの天麩羅だったようだ。どうりで美味いはずだ(笑)。かけられたソースも絶妙。
 
 さらに、握り寿司が登場するに至っては、お料理で腹が満たされれたものやら、お酒がイケ過ぎたものやら、つまんでみようにも、二の足というか二の舌というか、箸がなかなか進まない(苦笑)。
 Fujikura_090130_4
 箸は進まずとも、ついに、メインのアラ鍋が満を持してご登場! 多少なりともアラ鍋の美味さを知っているワタシとしては、ジョッキ・盃はさておいても、コレはぜひ食っておかねば・・・と思いつつ、今夜は名残りの一席。盃が廻ってくれば、やはり、かつての酔虎伝のアレコレなぞ語り合いつつ、ご返杯。また、ご返杯に次ぐご返杯(笑)。

 見事なアラの切り身をメインに、白菜、春菊、椎茸、えのき、豆腐が入り、緑鮮やかな水菜を纏った姿は、早春の緑のような淡い彩りを見せているが、その味わいは淡白に見えて滋味豊か。美味い。美味いのに・・・腹に余裕がない (/□≦、)  我ながら生ビールのイケ過ぎを後悔した次第。  il||li _| ̄|○ il||li
 

Fujikura_090130_5  宇久島といえば五島列島の最北部。五島といえば五島うど。今宵、アラ鍋の〆めは、その五島うどをザバーッと豪快に投入!!
 細く手延べされたうどんは、打ち粉ではなく五島産の椿油が使用されていて、滑らかなのど越しが特徴。通常ならアゴだしでいただくトコロを、今夜はアラの旨みが加わった滋味一杯のすめ(=スープ)がセットの豪華版。
 しかし、一次会も佳境にさしかかった今となっては、箸を出す者も少ない。そんな中、常日頃から麺喰いを標榜するワタクシめとしては、この機を逃してはならじと、ひそやかに黙々とうどんを啜る(爆)。
 黙々と啜っていたつもりだったが、実はその姿は衆目の集まるトコロとなっていたようで、お開きの後も最後までうどんを啜るオトコとして、酔虎伝の一頁に加えられたようであります(苦笑)。

|
|

« 寒北斗 寒仕込み生酒 | トップページ | 博多荘のラーメン »

もの喰う日々10.ソト飯【和食】」カテゴリの記事

もの喰う日々16.パーティー・酒宴」カテゴリの記事

彷徨う日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/43959590

この記事へのトラックバック一覧です: 藤蔵西中洲店で一席:

« 寒北斗 寒仕込み生酒 | トップページ | 博多荘のラーメン »