« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月27日 (金)

魚真の仕出し弁当

Dinner090227  組合の定期大会。約半年ほど遅れての開催だったが、議事は粛々と採決されていった。
 会場の片付けを終え、家に帰ると20時半過ぎ。大会で供されていた魚真の仕出し弁当が今夜の夕食。
 おかずをアテに、ビールをちびちび飲ってると、ようやく緊張の糸がほぐれてきた(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年2月26日 (木)

梅は咲いたか 桜は・・・

Sakura090226  スッキリしない天気だが、気温はすっかり春。現場に出るとアチコチで梅の香りが漂い、日当りのイイ田んぼの畦には、つくしが顔を出している。この陽気につられて、ウチの緋寒桜も数日前からチラホラ開花し始めている。
 
 さりながら、ココロは浮き立たない日々が続く・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年2月22日 (日)

とのいのカツ丼

Lunch09222 イロイロあって遅い昼飯。すっかり腹ペコ。久しぶりにとのいへ。
 とのいの丼物は大盛りで評判だが、アイドルタイムに行ったせいか、今日のカツ丼はいつにも増してご飯が大盛り。ってか、すでに大盛りと言っても過言でないボリューム。
 ガッツリ喰って、しっかり空き腹が満たされました。(-人-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年2月16日 (月)

からあげ大将のラーメン

Karaagetaishou_ramen_090216_1 飯塚駅の駅舎に本店を構えるからあげ大将。幸袋や田川方面にいくつかの支店を持つこの店が、旧嘉穂町に支店を出したのは昨年のいつ頃だったか・・・。ほか弁跡の建物を改装して営業を始めたのだが、折からの牛隈交差点の改良工事で十数メートルほど後へ移転。それを機に店舗の半分ほどをラーメン屋にして営業再開した。 
 地元の人は知っているかもしれないが、ココの大将は、かほラーメンの前身、山小屋ラーメン大隈店の店長だった御仁(実は、かなり昔の山小屋ラーメンのTVCMに登場してました。つっても、わっかんねぇだろーなぁ・・・笑)。そんな人が再びラーメンを作るとあって、その味に興味津々だったのだが、いま一つ一歩を踏み出せないでいた。

 片道十数時間の長距離バス強行軍がプチ中年の身に堪えたせいか、はたまた、疲れて呆けてしまったせいか、お昼の弁当を注文し忘れていたのもイイ機会だったので、意を決してからあげ大将へ。
 

続きを読む "からあげ大将のラーメン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年2月15日 (日)

淡路屋の肉めし

Nikumeshi090215_1 西宮名塩SAで、夕食の弁当を積み込む。
 
 淡路屋肉めし
 
 先月、同じ淡路屋神戸のステーキ弁当を食べたばかりだが、この肉めしソレよりちょっと安いみたい。
  

Nikumeshi090215_2  大きくスライスされたローストビーフと、カレー味のご飯(注・・・HPによると“サフラン風味のご飯”らしい・・・苦笑)の相性がイイ。箱とお肉の赤、ご飯と錦糸卵の黄色と、色合いもなかなかキレイだ。
 付け合わせのくるみの甘露煮(?)や、さやいんげんのごま和えも美味しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

その手は桑名の焼きはまぐり

Yakihamaguri_kushi バスはどんどん西へ。やっと三重まで来たようだ。御在所SA(下り)でトイレ休憩。

 露店にはためく“焼きはまぐり”の幟に、その手は桑名の・・・と、思ったが、つい1本購入。210円也。

 焼きはまぐりとはいえ、串刺しのタレ焼き(笑)。本物のジューシーさはないが、噛んでいるうちに甘辛いタレの味の奥から、はまぐりの風味がちょこっと顔を出す。これはコレで名物か(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

牧之原SAのまぐろバーガー

Maguro_burger_1 出発時の暴風雨と打って変わって、春真っ盛りの様なイイ天気。用件がヤマを越しているコトもあって、解放感全開(笑)。
 もう1つ面白いモノがあったので、調子に乗って購入。まぐろバーガー380円也。
 肉厚のツナカツは、てっきりバンズに挟まってんのかと思いきや、こんがり焼かれたライスバーガーに挟まれている。 

Maguro_burger_2  ひと口噛りつくと、ツナカツはしっかり肉厚。見事な存在感(笑)。ツナなので、ややパサっとしていてあっさりした味わいなのだが、クリーミーなドレッシングと玉ねぎ、レタスとイイ感じに混じり合って美味しい。焼きおにぎり風なライスバーガーとも相性がイイ。

 難を言えば、もう少しドレッシングの量が多くても良かったかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

牧之原SAの牛串ステーキ

Gyuukushi_steak 再び、長距離バスで移動中。牧之原SA(下り)で、最初の休憩。

 1本480円はかなり高かったが、お弁当続きで肉に飢えていた(笑)ので、露店で牛串ステーキ<塩>を購入。

 すぐに出発するので時間に余裕はなかったが、日当たりのイイ場所に腰掛け、味わって食す。
 粗挽き黒胡椒の利いた塩ダレがなかなかだが、贅沢をいえば、静岡だけにおろし山葵なんかあったら、もっと良かったのに(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年2月14日 (土)

富士山がキレイだ・・・

Mtfiji_090214 慌ただしい用件の最中、ふと見上げると、雪を頂いた富士山が見えた。コチラでも春一番が吹いたのか、コートが邪魔になるほど暖かい。

 それにしても、富士山がキレイだ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

牧之原静鉄レストランで朝食

Makinohara_sa  7時ちょっと前、牧之原SA(上り)に到着。
 昨夜来の雨は止んでいるようで、ホッとする。
 
 牧之原SAといえば、静鉄レストラン朝食バイキング
 
 
 
Breakfast090214  例のごとく、根菜中心の和食メニューをチョイス。
 
 昨日の夕食が少なめだったので、朝からご飯をお代わり(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年2月13日 (金)

藤光海風堂の仙崎焼

Dinner090213  とある用件で、長距離バスに乗って移動中。春一番と思しき強風と、横なぐりの雨の中、東へと向かう。

 夕食を摂らずに乗り込んだので、途中のSAで何か買おうと思っていたのだが、時間帯も遅かったせいか、休憩で停まった美東SA(上り)には、菓子パンぐらいしかなかった(泣)。

 で、ちょうど目に止まった竹輪を購入。藤光海風堂仙崎焼。悲しいが、コレが今夜の晩飯(菓子パンも喰ったけどね・・・笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年2月11日 (水)

筑豊麺喰い情報 【その6】 祝! しる商人営業再開 !!

Shirushounin_090211_1 へのさんトコの情報で、2月2日からしる商人が営業再開するというコトを知って、こりゃあ1日も早く啜らねば、と思っていたのだが、週末たんびに用件が入って、なかなか足を運べなかった。そんな折、ちょうどよく祝日が入っていたので、田川麺探訪へ。あの突然の休業から、ちょうど1年経ったろうか・・・などと思いを巡らせつつ、愛車を走らせる。
 
Shirushounin_090211_2  以前は2階建てだった店舗は平屋に変わり、幾分小ぶりに建て直されていた。その分駐車場が、何台分か広くなっていた。
 中に入ると、以前は厨房の前に一文字に長く延びていたカウンターが5席ほどに縮められ、椅子が4席あるテーブル席が5つほど、小上がりのテーブル席が3つ。三角形の敷地に合わせた造りになっている。真新しい店内には、木の香りも漂う。  
 

続きを読む "筑豊麺喰い情報 【その6】 祝! しる商人営業再開 !!"

| | コメント (0) | トラックバック (2)
|

2009年2月 8日 (日)

飯塚ラーメンの野菜ラーメン

Iizukaramen_yasai_090208 朝から所用で飯塚へ。午後からも用件が立て込んでいるので、飯塚ラーメンで慌ただしく昼麺。ドンピシャ昼飯時だったので、カウンターはほぼ満席。かろうじて空いていた席に座って、野菜ラーメンと小ライスをオーダー。
 今日のスープはあっさり目かなと思ったら、食べ進めていくうち、やはりいつものしみじみ味(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年2月 7日 (土)

もちろん〆めは沖縄そば @お食事処かりゆし

Kariyushi_090206_3 狭いエリアに会合の参加者が散らばっているせいで、こもつらーっと(=こじんまりと)飲んでいても、見知った顔の方々と次々に店内で顔を合わせる。その度に挨拶を交わしたり、杯を交わしたりしている間に、夜はどんどん更けていく。夜半にさしかかったのもイイ頃合いだったので、〆めの一杯をオーダー。もちろん、去年玉切れで泣く泣く断念した沖縄そばだ。恐る恐る尋ねてみると、今年はちゃんと玉があるらしい(笑)。

 酔っててナニを覚えているか覚束ないような状態だったが、そのスープの味は本場同様、しみじみとした味わい。平打ちの麺も、ソーキの味とそのほろほろ具合も、持病の沖縄病が疼くというか、噴き出しそうなほどの味わい。今宵かなりな飲み喰いで、胃袋にはもう余力がないかに思われたが、汁一滴も残さず見事に完食(爆)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2009年2月 6日 (金)

お食事処かりゆしへ流れる

Kariyushi_090206_1 懇親会がお開きになった後、同じエリアからの参加者の方々と近くのスナックで二次会。さらにそのあと、I氏と一緒に“お食事処かりゆし”で三次会。去年初めて訪れた時、福岡の温泉街で沖縄料理が食べられるコトに感激し、ゴーヤチャンプルーやミミガーの酢物、豆腐ようなどで、オリオンビールや泡盛をぐいぐい飲った思い出(笑)の店だ。

 

Kariyushi_090206_2  旅館でたらふく呑み喰いした上、二次会でもさんざ飲んでいるくせに、ポーク玉子や島らっきょう、ラフテーを注文し、オリオンの瓶ビールで再び乾杯。ドコに入ってってるんだか・・・(爆)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

会合の後は懇親会(笑)

Party090206 難しい話が続いた会合の後は、宿泊先に席を移して懇親会(笑)。
 先付、お造り、揚げ物、鮎の塩焼き、吸い物、豆乳鍋、鯛のアラの煮付け等々、昨年に比して豪華になったような・・・。というか、初めから全部並んでるせいか??(笑)
 会合から宴席への短い時間の中、ひとっ風呂浴びてきたので、酔いの回りが早い(爆)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

食事のさと小石原のイカ天そば

Ikatensoba_090206_1 午後から朝倉市で開かれる会合に出席するため、昼前から移動。途中、食事のさと小石原で昼食。昼前の時間帯のせいか、客はワタシ一人。新聞を手に取り、入口近くの席に座り、イカ天そばときのこめしを注文しようとしたのだが、あいにく切れているらしく、ご飯ものはいなりずしをオーダー。そういや、先日の山乃茶屋同様、ココへ来るのも約1年ぶり。今回は用向きまで一緒だ(笑)。

Ikatensoba_090206_2  ココの名物、イカ天はもちろん揚げたて。そのまま食べても美味いが、そばの上に乗せてもまたイケる。一切れそのまま食しては、その次はそばの上に乗せてと、交互にその味わいを楽しむ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2009年2月 1日 (日)

ラーメン華のチャンポン定食

 所用で朝から飯塚へ。午後からも用件があるのだが、それには少し時間があったので、前から気になっていたスイフンガのチャンポンを啜ろうかと、愛車を新飯塚へ回したのだが、あいにく日曜は定休日らしく、閉まっていた。それじゃあ、以前から宿題になったままの赤ひょうたんのラーメンか、チャンポンの再食に挑もうと宮町へハンドルを切ったが、コチラも日曜が定休日のようで閉まっていた。
 万事休すかと思いきや、去年の秋頃からラーメン華がチャンポンを始めたのを思い出した。中茶屋駐車場に車を止め、ラーメン華へ。昼前の時間帯だが、なかなかの賑わい。カウンターの一番奥に座り、チャンポン定食をオーダー。

Hana_chanpon_090201  しばらく待った後、お待ちかねの一杯が登場。スープをひと口啜ると、華特有のこってりした豚骨スープに炒め野菜の香りと甘みが加わっている。確かに野菜には、少し焦げ目(というよりは、焼き目か?)がついている。イイ意味で香ばしい。具は、キャベツ、にんじん、玉ねぎ、もやし、きくらげ、豚肉と、種類、量ともに申し分ない。
 麺は市販のゆで麺のようで、やや柔らかい食感。コレが唐あくを使ったチャンポン玉だったら、本場長崎の味にも・・・と思ったが、ココはラーメンがメインのお店なので、ソコはソレというコトで(笑)。
 全体としてみると、コクのあるスープと炒め野菜の香味が際立った、なかなか美味い一杯だ。スープまで完食すると、器の底に髄がたまっているのも、ラーメン華らしくてイイ(笑)。
 ただ、ひとつ難をいえば、炒め野菜に塩を使っているせいか、チャンポン用のタレがそういう味なのかは分からないが、塩味がちょっと強めで、せっかくの野菜の甘みが目立たなくなっている。ココら辺のバランスが整うと、もっと美味くなりそうだ。

 とはいえ、チャンポン単品で450円。ご飯とセットの定食で500円と、定食でもデフォのラーメンと同額いうのは、かなりおいしい一杯だ。昨年のデビューから続くキャンペーンの一環と思われるので、この機会に啜ってみては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »