« ドライブイン山乃茶屋の山菜そば | トップページ | 食事のさと小石原のイカ天そば »

2009年2月 1日 (日)

ラーメン華のチャンポン定食

 所用で朝から飯塚へ。午後からも用件があるのだが、それには少し時間があったので、前から気になっていたスイフンガのチャンポンを啜ろうかと、愛車を新飯塚へ回したのだが、あいにく日曜は定休日らしく、閉まっていた。それじゃあ、以前から宿題になったままの赤ひょうたんのラーメンか、チャンポンの再食に挑もうと宮町へハンドルを切ったが、コチラも日曜が定休日のようで閉まっていた。
 万事休すかと思いきや、去年の秋頃からラーメン華がチャンポンを始めたのを思い出した。中茶屋駐車場に車を止め、ラーメン華へ。昼前の時間帯だが、なかなかの賑わい。カウンターの一番奥に座り、チャンポン定食をオーダー。

Hana_chanpon_090201  しばらく待った後、お待ちかねの一杯が登場。スープをひと口啜ると、華特有のこってりした豚骨スープに炒め野菜の香りと甘みが加わっている。確かに野菜には、少し焦げ目(というよりは、焼き目か?)がついている。イイ意味で香ばしい。具は、キャベツ、にんじん、玉ねぎ、もやし、きくらげ、豚肉と、種類、量ともに申し分ない。
 麺は市販のゆで麺のようで、やや柔らかい食感。コレが唐あくを使ったチャンポン玉だったら、本場長崎の味にも・・・と思ったが、ココはラーメンがメインのお店なので、ソコはソレというコトで(笑)。
 全体としてみると、コクのあるスープと炒め野菜の香味が際立った、なかなか美味い一杯だ。スープまで完食すると、器の底に髄がたまっているのも、ラーメン華らしくてイイ(笑)。
 ただ、ひとつ難をいえば、炒め野菜に塩を使っているせいか、チャンポン用のタレがそういう味なのかは分からないが、塩味がちょっと強めで、せっかくの野菜の甘みが目立たなくなっている。ココら辺のバランスが整うと、もっと美味くなりそうだ。

 とはいえ、チャンポン単品で450円。ご飯とセットの定食で500円と、定食でもデフォのラーメンと同額いうのは、かなりおいしい一杯だ。昨年のデビューから続くキャンペーンの一環と思われるので、この機会に啜ってみては。

|
|

« ドライブイン山乃茶屋の山菜そば | トップページ | 食事のさと小石原のイカ天そば »

もの喰う日々08.ソト飯【ラーメン・チャンポン】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/43959980

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン華のチャンポン定食:

« ドライブイン山乃茶屋の山菜そば | トップページ | 食事のさと小石原のイカ天そば »