« 斜坑の巻上機台座@旧穂波町 <オフ会@飯塚> | トップページ | 旧伊藤伝右衛門邸 <オフ会@飯塚> »

2009年5月 5日 (火)

蕎麦切倭人の野菜かきあげせいろ <オフ会@飯塚>

Wajin_090505_1 まずは腹ごしらえというコトで、向かったのは蕎麦切倭人。毎年歳末にはココから年越し蕎麦を購入しているのだが、そばを手繰りに店を訪れたのは、都合1年半ぶり(1年半前の記事)。ずいぶん来てなかったんだな・・・。
 店内に入ると先客は1組。混んでなくて良かった。機械式の石臼が回る製麺室が見える席に座り、何を頼むか思案。

 大人4人は野菜かきあげせいろ。なっちゃんにはせいろを注文。
 蕎麦茶をいただきながら待っていると、まずは先付の掬い豆腐が出て来た。出来立てなのか、まだ温もりを残している。そのまま、ひと口含むと、大豆の豊かな香りと甘味が広がる。醤油を少し垂らして食べると、その甘みがさらに際立つ。

Wajin_090505_2  ややあって、先に野菜のかき揚げが運ばれてきた。皆さん一様にかき揚げの厚さに驚かれる。各々ブログ書きの性が出ているようで、料理が運ばれる都度、一斉にカメラを構えてcamerashineパチリ(ちなみにワタシは携帯カメラ・・・笑)。
 かき揚げを食べやすい大きさに崩して、天つゆでいただく。中の具は、かぼちゃ、玉ねぎ、蓮根、椎茸(ぐらいだったかな?)。それぞれの味や食感と、カリカリ、サクサクした衣との取り合わせが楽しい。
 

Wajin_090505_3 いよいよ、お待ちかねのせいろそば。100円プラスで、十割の田舎そばの方(通常は二八の更科)をオーダーしていたのだ。

 細く切られた蕎麦は、エッジもキッチリ。挽きぐるみの十割なので、紫がかっている。よく日焼けした美人のような面立ち。
 ひと口手繰ると、ぶわっとそばの香りが広がる。

Wajin_090505_4  対するつゆも負けてはいない。醤油の力強さを残すかえしと、香り高いだしが組み合わせられたつゆは、コレまた香り高い十割そばと頭からぶつかってがっぷり四つ。真っ昼間だが冷酒が欲しい・・・(笑)。

 いつものワタシなら、せいろのお代りを頼みたいトコロなのだが、白一点(黒一点か?)で、このあとのコースを考えると、ほどほどで〆めておきたい。蕎麦湯をいただきながら、蕎麦屋酒の話や、このあとの行程などアレコレ話す。
 
 
noodle 蕎麦切倭人 : 野菜かきあげせいろ 1,470円 (田舎そばは、100円増し)
            せいろ 730円 (田舎そばは、100円増し)
house 福岡県飯塚市平恒801-1 地図

|
|

« 斜坑の巻上機台座@旧穂波町 <オフ会@飯塚> | トップページ | 旧伊藤伝右衛門邸 <オフ会@飯塚> »

もの喰う日々09.ソト飯【うどん・そば】」カテゴリの記事

ナニごとか為す日々」カテゴリの記事

彷徨う日々」カテゴリの記事

コメント

オフ会ではお世話になりました。
たてサンの掲載を待っていたら、私も野暮用があったりで御礼も遅くなりました。
さすが、まるで市の観光案内のようで詳しく
わかりやすいです。
地元のことあまり知りませんでcoldsweats01
勉強させて頂きました。
次回も楽しみですね。

投稿: ならやま | 2009年5月12日 (火) 19時12分

>ならやまさん
先日はありがとうございました。
お土産まで戴いて、恐縮しております。m(_ _)m
コチラも何かと忙しく、
続きの記事が書けていません(泣)。

次回、秋のオフを楽しみにしています。

投稿: たて@もの喰う人 | 2009年5月23日 (土) 15時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/44955435

この記事へのトラックバック一覧です: 蕎麦切倭人の野菜かきあげせいろ <オフ会@飯塚>:

« 斜坑の巻上機台座@旧穂波町 <オフ会@飯塚> | トップページ | 旧伊藤伝右衛門邸 <オフ会@飯塚> »