« 日比谷公園で昼飯 | トップページ | サヨナラTOKYO »

2009年7月24日 (金)

そば処竹生の鴨南せいろそば

 用件をすべて片付けて、羽田空港へ。福岡空港からは車で帰らなければならないので、ビールはウチまでお預け(笑)。

 予定の便の発時間にはしばらく時間があったので、第1ターミナル南ウイングで腹ごしらえをば。エスカレーターを上がった先に、信州そばの店“そば処竹生”があったので、迷わずソコへ。お預けのビールの代わりに、ちょっと贅沢に蕎麦を食そうという魂胆。

 時間帯が微妙なせいか、先客は一人。店員さんに勧められるまま、レジそばの席へ。店先のショーケースで目にしていた鴨南せいろをオーダー。

Chikubu_kamonanseiro  少しばかり待って出てきた蕎麦は、挽きぐるみと思われ、そば粉の配分も多いせいか濃い色をしている。なおかつ、手打ちなのか、切り幅にムラのあるところが面白い(後から分かったのだが、“十割の乱切り”とのこと)。
 ひと口手繰ると、まず、鴨南の温ツユの風味。さらに手繰っていくと、蕎麦の味わいが口に広がる。挽きぐるみと思しき蕎麦の色から想像した野趣には乏しいが、風味はまずまず。空港内の店舗と思っていたのを、イイ意味で覆す味わい。瞬く間に手繰って、せいろ1枚では足りず、もう1枚せいろを追加(笑)。

 2枚目のせいろを手繰った後、出された蕎麦湯を、鴨南のつゆ、追加オーダーのせいろのつゆとの双方に注して、その余韻を2倍楽しんだ。

 4年ぶりの上京の〆めに、忘れ得ぬイイ食事になった。

|
|

« 日比谷公園で昼飯 | トップページ | サヨナラTOKYO »

はたらく おぢさん」カテゴリの記事

もの喰う日々09.ソト飯【うどん・そば】」カテゴリの記事

彷徨う日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/45728380

この記事へのトラックバック一覧です: そば処竹生の鴨南せいろそば:

« 日比谷公園で昼飯 | トップページ | サヨナラTOKYO »