« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

久々に月見焼きカレー

Dinner100131

 夕食にカレーが用意してあったので、久々に月見焼きカレーにして食す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月28日 (木)

ファストフード税 !? それってアリかも !!

 飲酒beerbarwinebottleによる健康被害に対して、WHOが、酒の安売りや飲み放題の禁止・制限、販促イベントの規制などの指針案を出したコトについては、先日久々に長文のエントリーを上げたトコロだが、食にまつわるハナシをアレコレ検索していて、面白い記事を見つけた。
        

ファストフード税導入検討 ルーマニア、「世界初」
        

 【ウィーン共同】ルーマニア政府はこのほど、増大する医療費の財源確保につなげるため、肥満との関連が指摘されるファストフードやスナック菓子など「不健康な食品」(保健省)への課税策を打ち出した。地元メディアによると世界初の試みで、課税対象品を扱う業者が税を払う仕組み。

 議会の同意を得て3月にも導入したい意向だが、業界団体は「自由な経済活動を妨げる」と反発している。

 同国では1989年のチャウシェスク政権崩壊後、米国などの食文化が一気に流入。マクドナルドをはじめとする米系ファストフード産業は東欧でも有数の成長を続けている。

 一方、国民の肥満率は増加傾向で、現在は4分の1が肥満とみられるという。チェケ保健相は今月、ファストフードをやり玉に挙げ「公的医療の財源不足は慢性的で、課税が必要」と強調した。

<引用元 : 2010/01/20 07:12 共同通信

 

 smoking喫煙やbottle過度の飲酒による健康被害は、従前からよく知られた重要な問題かも知れないが、健康被害という視点に立つと、主にアメリカを起源に持つfastfoodファストフード産業がもたらした過度のカロリー摂取も、人類の健康に対する大きな脅威ではないだろうか(爆)。
 その点で、ルーマニアが打ち出したこの課税案は、記事としては目立ってはいないが、増大する医療費の問題から、国際機関や政府が個人の健康に対して介入するという最近の潮流に、大きな一石を投ずる事柄と言えよう。
 ワタシとしては、こうした制限のある一定のモノについては理解出来ても、課税や規制で縛り上げていくやり方は、基本、賛成出来ない。
 ココで取り上げた“ファストフード課税”が、パッと見、荒唐無稽に思えるようであれば、翻って、煙草や酒への規制強化もそのようには思えはしないだろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月25日 (月)

福住の仕出し弁当

Fukuzumi_100125

 とある総会に来賓として出席。来賓とイイつつも、資料の準備から会場設営までお手伝い(笑)。議事はつつがなく進行し、予想していた以上に早く閉会した。

 総会に供されていた、福住の仕出し弁当。ウチに帰ってから、ビールを飲りつつちびちびつまむ。前にも、福住の弁当を取ったコトがあったのだが、結構中身がイイ。特に酒飲みには(笑)。

 

restaurant 福住(ふくずみ) : 仕出し弁当 2,100円
house 福岡県嘉麻市上山田440 地図 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月24日 (日)

豚肉とチンゲン菜のタレ和え

Dinner100124

 さらにみみっちぃハナシで恐縮だが、豚バラの角煮風のタレがフライパンに残っていたので、捨てるのも惜しく、そのまま取って置いた。

 で、コレをどう生かそうかというコトで、豚の切り落としとチンゲン菜をさっと茹で、フライパンの中でタレと和える。タレの味が甘く、やや淡くなったので、醤油を加え軽く炒める。

 仕上げにラー油をかけると、ご飯のおかずにも、ビールのアテにもよく合う一皿が出来た。チンゲン菜をちょっと茹で過ぎてしまったのが、痛恨のミスだったが(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥志商店の“復刻版 博多中華そば”で角煮ラーメン

Torishi_fukkokuban_1

 久々に用件のない日曜だったので、布団を干し、軽く掃除。

 なんだかみみっちぃハナシで恐縮だが、昨日の豚バラをひと切れ残していた(笑)ので、昼飯には角煮ラーメンを作ろうと思い立つ。昨日の角煮風の味には、鴨をだしに使った醤油スープが合うだろうと考え、鳥志のラーメンの箱の中から、復刻版 博多中華そばを取り出し、調理に取り掛かる。

 麺を茹で、スープを準備している間に、豚バラを温める。麺が茹で上がったら、湯をよく切り、スープを張った丼へ。手際よく豚バラメンマを盛り付け、ドライ刻みねぎと煎りごまを散らす。

Torishi_fukkokuban_2

 豚バラがひと切れなのはちょっと物足りないが、結構イイ感じの仕上がり。味ももちろん、鳥志復刻版 博多中華そばなんで、申し分なし。

Torishi_fukkokuban_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やはり、お次は酒ですか・・・

 昨年末辺りから、ナンとか調子が戻って、ひと月ばかりコンスタントに記事をエントリー出来ているのだが、読者の方からは、もの喰うハナシばかりになって、時事ネタというか、社会ネタが少なくなったね、という指摘を頂くコトも(苦笑)。
 時事・社会ネタは別のブログで扱うようにしているのだが、コチラも、全くの開店休業状態が長く続いている。いきおい、ココで時事・社会ネタを書くのだが、もっぱら食にまつわるハナシに特化して書いている。そんなハナシでも、楽しみにして頂いているのは、まことに以って有り難いコトであります。m(_ _)m
 
 で、閑話休題。
 
 ワタシはsmoking煙草をやらない。いや、吸えないと言った方が正しいか。モチロン、煙草の煙も苦手なので、noodle飯喰ってる隣で吸われると、あからさまにヤな顔をしてしまうことが間々ある(酒席の場合、酔ってしまえば、さほど気にならないのだが・・・)。
 最近では、メタボ健診でも悪名高い(笑)よく知られる健康増進法のお陰で、公の場ではnosmoking禁煙が普及したので、カナリ楽になったのだが、季節柄、寒風吹きすさぶ屋外の喫煙所で、寒さに凍えながらsmoking煙草を吸っている愛煙家達を見ると、やはり同情の念が涌いてくる。
 そんな中、新聞でコンナ記事を目にした。
 

酒の安売り、飲み放題はダメ…WHOが規制指針案

健康被害などを指摘

 【ジュネーブ=平本秀樹】世界保健機関(WHO)の執行理事会(日本など34か国で構成)は22日、酒の安売りや「飲み放題」の規制など、過度な飲酒を減らすための指針案を承認した。

 WHOは2003年の総会で「たばこ規制枠組み条約」を採択しており、次はアルコールの規制に向けて一歩を踏み出した形だ。

 指針案は、「04年の飲酒に起因する死者数は250万人にのぼり、このうち32万人は15~29歳の若者だった」と分析。「大酒飲みや若者は価格の変化に敏感」だとして、飲み過ぎや未成年者の飲酒を減らすには酒類の値上げが「最も有効な手段の一つ」と指摘した。

 さらに、定額で無制限に飲酒できる居酒屋などの「飲み放題」や酒類のディスカウント販売の禁止・制限、アルコール飲料の販売促進を目的としたイベントの規制なども提案した。

 指針案は5月の総会で正式採択される見通し。ただ国際条約ではないため、加盟国への強制力はない。

<引用元:2010年1月23日 読売新聞

 
 愛煙家を取り巻く環境が、喫煙による健康被害や受動喫煙への懸念から、今の情勢に至ったコトを思えば、このWHOによる指針案は、呑ン兵衛の我々にとって大いなる脅威になり得る。殊に、“飲み過ぎや未成年者の飲酒を減らすには酒類の値上げが「最も有効な手段の一つ」と指摘”した上で、酒の安売りや飲み放題の禁止・制限、販促イベントの規制などが提案されているのは看過出来ない(“販促イベントの規制”なんてコトになったら、キリンのどごし<生>CMなんて、もろ、ダメだし・・・笑)。
 
 そう遠くない日に、指針案が国際条約に発展。そのうち、我が国も批准して、マスコミ総動員の嫌酒・禁酒大キャンペーンsign03 折から、dollar税収減にアタマを悩ませる政府が、その流れに後押しされて酒税のUPupimpact なんて時代が訪れるカモ・・・wobblysweat02 つか、キリンサントリーの経営統合など、飲料市場の業界再編はこの動きを先読みしてのコトなのか・・・。
 
 ココでもう1つ、気になる記事を紹介する。

続きを読む "やはり、お次は酒ですか・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月23日 (土)

豚バラの角煮風とお煮しめ風煮物

Dinner100123_1

 昨日の痛飲が祟って、帰宅後しばし昼寝。そんな時間があるだけ、有り難いのだが・・・。

 夕食は、豚バラの角煮風とお煮しめ煮物(里芋じゃなくて、じゃがいもが入ってる)。豚バラはからしを付けていただく。

Dinner100123_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

角平うどんの山菜そば

Kakuheiudon_100123_1 分科会はきっかり時間通り。約3時間寒いホールの中で耐える。
 
 道の駅原鶴に寄ったあと、去年から気になっていた角平うどんへ。
 外観は古めかしいドライブインといった風情。中に入ると、正面に一文字のカウンター。駐車場側にテーブル席。両サイドに小上がり席と、結構広い店舗。年配のご夫婦とバイトと思しきお兄ちゃん(もしかして家族か?)の3人で切り盛りしている。カウンターの真ん中ほどに座り、山菜そばとおにぎりをオーダー。
  
Kakuheiudon_100123_2 入口には惣菜や漬物の皿が並んでいて、「ご自由にお取りください」とある。高菜漬や昆布の佃煮、キャベツのサラダを小皿に取り、そばが来るまで待つ。キャベツのサラダには、きゅうりと細切りの人参、柚子皮が入っていて、甘めのドレッシングがかかっている。柚子の風味と酸味がイイ。
 キャベツをポリポリやってると、かき揚げが運ばれてきた。え!? かき揚げなんてオーダーしてないっすよ? と、驚く間もなく、そばとおにぎりも運ばれてきて、お盆の上は一杯に。オイオイ、なんだか凄いコトになってきたぞ。
 

続きを読む "角平うどんの山菜そば"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひまわり食堂のラーメン

Himawarishokudo_100123

 かりゆしの沖縄そばで〆めようと思っていたのだが、夜半になってくるにつれ、同行していたI氏が俄然元気になってきた(笑)。「もう1軒行きましょう!」というコトになり、もう1軒スナックへ。

 夜半をすっかり過ぎて〆めの一杯を求めてふらふら。かりゆしはもう閉まっていたので、ドコにしようかと思っていたら、明かりの灯る店が。ラーメンの幟にひかれて、ひまわり食堂という名のラーメン屋へ。
 酔ってて記憶がかなり薄いのだが、味は熊本ラーメン風。たっぷり目な薬味(ねぎ・煎りごま)が嬉しい。麺はやや太めの細めんで、歯ごたえが良かった。

 明日も9時から分科会だが、コンナに飲んで、起きられるか・・・(苦笑)。

 

noodle ひまわり食堂 : ラーメン 500円
house 福岡県朝倉市杷木志波8 地図 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月22日 (金)

お食事処かりゆしへ

Kariyushi_100122

 二次会のあと、お食事処かりゆしへ。

 今夜は沖縄料理からではなく、サザエの刺し身や塩ホルモン鉄板で、オリオンビール(笑)。

 交流会でアレだけ喰ってても、河岸が変われば飲める、喰える(爆)。
 
 
 
restaurant お食事処かりゆし : サザエの刺し身、塩ホルモン鉄板
house 福岡県朝倉市杷木志波25-7 地図  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泰泉閣で一席

Party100122

 とある会合に参加したあと、泰泉閣で交流会。

 昨年末に痛めた腰もだいたい良くなってきたので、ココのお湯で癒すか(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月21日 (木)

豚バラ竜田揚げと茄子の炒め煮

Dinner100121

 夕食は、豚バラ竜田揚げと茄子の炒め煮。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月20日 (水)

アスパラ豚肉巻きとほうれん草の簡単サラダ

Dinner100120

 所用で飯塚へ。帰ってきた後、遅い夕食。
 夕食には、アスパラ豚肉巻きと茹でたほうれん草が用意してあったので、茹でほうれん草には、種入りマスタードからしマヨネーズパルメザンチーズ荒挽き黒胡椒を適当に和えて簡単サラダを作る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月19日 (火)

ロールキャベツ

Dinner100119

 夕食はロールキャベツ。
 ほいりげロゼとの相性抜群。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほいりげ2009 <ロゼ>

Heurige2009_rose_1

 夕食がロールキャベツだったので、ほいりげの“ロゼ”を出してくる。
 
 ワイナリーからのペーパーには、「例年より色は濃く、酸のあるワインとなりました」とあったが、確かにロゼというより、ルビーのような濃い色あい。

Heurige2009_rose_2

 ひとくち口にすると、甘くまろやかな口当たり。あまり再活性化はしていないようで、発泡感は控えめ。それでも、甘みのあとに広がる酸味がイイ感じ。

 次に開ける時には、一度室温に戻して、酵母の再活性化をするとイイかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月18日 (月)

カキフライとコロッケ

Dinner100118

 夕食は、カキフライと、馬鈴薯&南瓜のコロッケ。
 カキフライには、ケチャップと荒挽きマスタードを混ぜ合わせた、簡単ソースを添えて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

肉じゃが風の煮物

Dinner100117

 午後から所用で飯塚へ。
 帰ってからいろいろやってると、もうコンナ時間。慌てて夕食。用意してあったのは、肉じゃがの材料に、人参、ごぼう、こんにゃくが入った、肉じゃが風の煮物。
 最近は、煮物とか、根菜や野菜の多いメニューが良くなってきた。歳とったせいかな(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥志商店の博多中華そば 水炊き鶏味

Torishi_toriaji_1 日曜日だが、ほぼいつもどおりに目覚める。
 なんだか腹が減っていたので、昨年末に鳥志商店から取り寄せていたの博多中華そばのうち、水炊き鶏味を箱から取り出す。昨日、天天、有の鶏白湯ラーメンを啜ったことだし、今日も鶏白湯系で行こう(笑)。
 以前のラインナップは、とんこつしょうゆ味噌復刻版久留米が一番博多塩味の6種だったが、いつの頃からか、博多の代表的な鍋料理、水炊きの白濁スープをイメージした博多水炊き鶏味が加わっていた(HPによると平成19年発売らしい。博多ラーメンシリーズにも鶏味があるが、コチラは澄んだスープ)。

 パッケージから取り出すと、麺は平打ちの太麺。なんだか、乾麺の沖縄そばのようだ。麺が太いので、通常のものより茹で時間がかかる。ま、その間につけ合わせの準備。鶏味なので豚肉はパス。鶏肉を冷蔵庫に探したが、なかったので、おでんの残りの玉子を温める。
 温めた丼にスープを作り、茹で上がった麺を静かに投入。スープとなじませる。そのあと、2つに割ったおでんの玉子とドライ刻みねぎを散らす。
  

続きを読む "鳥志商店の博多中華そば 水炊き鶏味"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月16日 (土)

ほうれん草のソテーとごぼう・れんこんのきんぴら

Dinner100116 思えばこの半月、暴飲暴食が続いた。仕事絡みの宴席が多かったとはいえ、その後ずるずる飲んでたのは自らの不行跡でして・・・_| ̄|○
 
 でもって、只今、絶賛増量中sign03(って、ナニがsign02・・・謎爆)
 
 今夜は大人しく、野菜中心のメニューで(笑)。ほうれん草のソテーと、ごぼう・れんこんのきんぴらでビールをちびちび。ってか、今夜も飲んでんじゃん(笑)。
 ほかには、一昨々日のおでんの残り(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々に天天、有へ

 ディーラーでは、オイル交換に併せて、いくつか点検をして貰ったようで、走りが心なしか軽快だ(笑)。快調な走りにつられて、ナニも考えずに愛車を走らせていると、規制に気づかず、ショウケ越の通行止めのバリケードに突き当たる(爆)。半ば、自らのアホさ加減に呆れつつ、Uターン(苦笑)。
 
Tentenyuu_100116_1  朝からしっかり食事を摂ってはいたが、この時間になると、やはりお腹が空いてくる。粕屋方面へ迂回したのもイイ機会だったので、久々に天天、有へ。
 昼飯時をやや過ぎていたが、それでも店内には先客が4名。駐車場にかろうじて停めるコトが出来た。さほど悩むまでもなく、Bセット[ラーメン、餃子、ライス(小)]をオーダー。
 
Tentenyuu_100116_2  鶏出汁100%ながら、褐色がかった白濁スープはなかなか。餃子をおかずに飯を喰い、麺を啜っていると、替玉が欲しくなってきた。
 替玉を入れたあと、ココの名物薬味「ニラキムチ」や、にんにく味噌を足しながら、味の変化を楽しむ。時々、レモンの入ったお冷で口の中をリセットしながら、その美味さを楽しむ。
 ただ、気を付けなければならないのは、にんにく味噌を足すと、そのあとの息が・・・。皆まで言いませんが、お察しください(笑)。
 
 
noodle 天天、有 : Bセット[ラーメン、餃子、ライス(小)] 900円、替玉100円
house 福岡県糟屋郡粕屋町大隈409 地図 / 定休日 : 木曜日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オイル交換

Dock_100116 1時間ほど、店長とアレコレ話したあと、そう遠くない日に来店するコトを約束して、風見鶏をあとに。途中のスタンドで、給油&洗車を済ませディーラーへ。
 
 ココでもコーヒーを頂きながら、オイル交換が終わるのを待つ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風見鶏のブレンドコーヒー

Kazamidori_100116  朝食後、チェックアウト。お昼前にディーラーでオイル交換をする予定なのだが、それまでには、まだ時間があるので、太宰府まで足を延ばす。
 
 太宰府へ行くのは、天神さんや梅が枝餅が目当てではなく、風見のコーヒーcafe。今年初めて訪れるので、まずは、店長に新年のご挨拶。いつものコトながら、特別にカウンターにかけさせて貰って、ブレンドをオーダー。
 
 暦は小正月を過ぎた辺りだが、店内には小粋なお飾りがあちらこちらに置いてある。腰を痛めて、大人しく年末年始を過ごした身には、改めて華やかなお正月を迎えたような気分(笑)。
 
 
cafe 風見 : ブレンドコーヒー 600円
house 福岡県太宰府市宰府3-1-23 地図 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ホテルの朝食

Breakfast100116 昨夜は(というか、今朝か?・・・笑)、遅い時間にホテルへ帰ったのだが、ほぼいつもどおりの時間に目覚める。ま、仕事の日ではないので、のんびりと歯を磨き、ゆったりシャワーを浴びると、昨日アレだけ食べていたのに、腹が減ってきた(笑)。1階に降り、ビュッフェ形式の朝食を。
 
 カレー風味のさつま揚げや、根菜の煮物、サラダ中心のおかずと、味噌汁&ご飯の和食風の取り合わせ。
 
 ひと通り揃えて席に着くと、M君やS君、Y君もやってきた。同じテーブルに座り、昨日の出来事をアレコレ話す。その話を総合すると、どうやら最後まで飲み喰いし続けていたのは、M君とワタシだけだったらしい・・・。
 
 そんなハナシに苦笑いしつつ、朝食に箸を進める。ご飯は一杯だけにするつもりが、朝からイケるようで、卵かけごはんでもう一膳。ついでに、味噌汁もお代わり(爆)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

博多荘のラーメン

Hakatasou_100116 かにやのおにぎりと赤だしの味噌汁で〆めたつもりだったが、店を出てホテルを目指して歩いていると、やはり、ラーメンが啜りたくなってきた(まだ、喰うか・・・爆)。
 かにやから福博であい橋を渡ると、ホテルはすぐそばなのだが、国体道路の方角へふらふらと歩いていく。博多大砲ラーメン本店も捨て難かったが、すぐ目に止まった博多荘へ。
 
 店内は結構な賑わい。中ほどのテーブル席に腰掛け、ラーメンをオーダー。今夜のスープは、濃度もタレも薄目だったが、コレだけ喰ってると、このくらいの味の方がイイのかも(笑)。
 結局、スープまで完食。どれだけ喰やぁ気が済むんだか? と呆れられそうなモノだが、今夜は、今度こそ、この一杯でお仕舞い(爆)。
 
 
noodle 博多荘 : ラーメン 600円
house 福岡市博多区中洲4-3-16 地図 / 定休日 : なし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かにや博多中洲店へ流れる

Kaniya_100116 高田屋を出たあと、綺麗ドコの揃うお店で二次会。その後、M君と七島へ。店内に入るやいなや、カウンターから出てきていた女性バーテンダーのMさんから新年のご挨拶。もう、すっかり顔を覚えられてしまってるや(苦笑)。ウイスキーで三次会。
 
 その後さらに、かにや博多中洲店へ流れる。真冬に氷が涼やかなトマトスライスで飲み直し。ラストは、高菜と梅干のおにぎりと、赤だし(ナンか、いつもこの組み合わせやなぁ・・・笑)。しっかし、よく飲み、よく喰うなぁ・・・。
 
 
restaurant かにや博多中洲店 : おにぎり各種 160円~
house 福岡県福岡市博多区中洲4-6-5 地図 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月15日 (金)

北前炙り高田屋博多中洲店 ふたたび

 消防団の旧組織の新年親睦会で中洲へ。
 一昨年の分団再編のあと、ワタシ自身も別の隊に移ってしまったのだが、元居た隊から親睦会のお誘いがかかれば、先立つモノがこころなくとも、ふたつ返事で応じる(笑)。
 今回の幹事はS君。たまたまこの件で連絡してきたのもイイ機会だったので、一次会の場所と宿泊先を一緒に探す。で、去年、席が空いてなくて断念した北前炙り高田屋博多中洲店に電話すると、狭いながら個室がOKとのコト。すかさず予約。
 
Takadaya_100115_1  ホテルのロビーで集合し、てくてく歩いて高田屋へ。靴を下駄箱に入れ、上着を預けて予約した部屋へ・・・予定した人数では狭いと聞いていたが、確かに動きが取れない感じ(苦笑)。まずは最初の飲み物を。と、めいめいにオーダーしたが、すぐには揃わない。m(_ _)m
 ま、そんなちょっとした齟齬はありつつも、まずは隊長の音頭で乾杯。
 
Takadaya_100115_2  今回は、3,000円のコース。季節前菜の3種盛り、ずわい蟹あんかけ豆富、ローストビーフサラダわさび風味がテーブルに並ぶ。「炭火は熾ってるのに、焼き物はまだか(-゛-メ)」と、ブーイングを浴びながら(笑)、先付やお造りをつまんでいる間に、炙り盛り登場。
 
 北前海鮮の炙り盛りは、帆立貝バター焼き・鮭ハラス・真烏賊の一夜干しの3種。
 

続きを読む "北前炙り高田屋博多中洲店 ふたたび"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月14日 (木)

乃ぶの肉そば

 今夜こそ、今日じゅうにウチへ帰り着こうと思っていたのだが、遅い時間にやってきたお客さんを交えて映画やドラマの話をしているうちに、時計は23時を回った。コレじゃ今夜も午前様路線。そそくさとお勘定を済ませてB-spotをあとに。
 
Nobu_100114  昭和通りへ下ったあと、久々に乃ぶの縄のれんをくぐる。先客はなく、カウンターの一番入口に近いところに立ち、肉そばをオーダー。
 ちょっとばかり待ったあと、もうもうと湯気を立てながら、目の前に肉そば登場。熱々のすめ(=おつゆ)は、肉から出た脂と甘みが相まってイイ感じ。身体の芯から温まる。
 
 ほかにお客がいないので、どちらから語るとなく、お母さんと話し出す。そばを手繰りながら、この界隈の飲食店の移り変わりやら、商売への姿勢を伺う。そばを手繰る時間は僅かな間だが、深いひと時を過ごせた。
 
 
noodle 立喰うどん 乃ぶ(のぶ) : 肉そば 630円
house 福岡県飯塚市本町5-21 地図 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

B-spotのハッシュブラウンポテト

Bspot100114_1  雪によるドタバタも、2日目には落ち着いてきた。今夜も、とある宴席で飯塚へ。
 
 20時頃お開きになったあと、会場のバスで飯塚バスセンターへ。ソコからまた西町へ引き返して、今夜もB-spotへ(笑)。会場から直接歩いてきた方が早いようだったが、この寒さと、途中のあちこちに雪が残っていたので、飯塚バスセンターから歩道を通ったという次第。
 
Bspot100114_2  先の宴席で、結構食べていたのだが、ハッシュブラウンポテトをオーダー。ヱビスの生で飲み直し。
 
 今夜は、早く帰んなきゃな(笑)。
 
 
restaurant B-spot : ハッシュブラウンポテト 500円
house 福岡県飯塚市西町2-59-201(サテライトマンション201号)
   地図 / 定休日 : 不定休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月13日 (水)

おでん

 主だった道路の雪は融けていたが、それでも気温が上がらなかったので、凍ったら危険だってコトで、いそいそと定時で帰途に就く。自宅近くまで走ると、道路にもまだしっかり雪が積もっていた。
 なんとか自宅まで戻り、車を停めるコトは出来たものの、試しに測ってみると、積雪は25cm。コレが明日の明け方に凍ったんじゃヤバいんで、勝手口から車まで雪掻き。前輪の周りも雪掻きをして、チェーンを装着。かなり久々に着けるので、1本目は要領を得ずに四苦八苦(苦笑)。2本目はスムーズに着けられたが、雪掻きも含め、小1時間かかって辺りはすっかり真っ暗。
 
Dinner100113  夕食は、おでん。この雪で母の店はお休み。仕入れに出掛けることも出来なかったようだが、数日前に材料を揃えていたのが幸いした。
 
 さっそく、おととい開けた玉の井大吟醸を出して、おでんをアテにちびちび飲る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

めん処小沼のそば定食

 あれだけ降った雪も、主だった道では、昼前にはほぼ融けたようで、車の往来が多くなった。同僚のご家族の葬儀に参列するため、時間休を貰って斎場へ。葬儀の間に、またかなり降ったようだったが、運転にはあまり支障なく、ホッとひと安心。
 
Konuma_100113  昼食を摂っていなかったので、事務所へ戻る道すがら、めん処小沼へ。この雪と時間帯で、先客はなし。カウンターの一番奥に座って、そば定食をオーダー。
 今日の小鉢は、茄子の揚げ浸し。そばは新そばだろうか? いつにも増して美味い。ただ、残念なのは、唐揚げが1、2個少なくなっていたことだ。食料品の原材料費は、まだ騰がり続けているのだろうか・・・。
 
 そばを手繰りながら、ふと、先程の葬儀を思い出す。故人は、60数歳で亡くなられたそうだが、自分の今の歳に引き当ててみると、残された時間の方が、今までの人生よりも短いかもしれないコトに気付いた。ま、自らの身の上に、いつ死が訪れるかは分からないのだが・・・。
 
 
noodle めん処小沼 : そば定食 900円
house 福岡県嘉麻市漆生1555-1 地図 / 定休日 : 月曜日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

積雪約20cm エライこっちゃ・・・

 夜半過ぎ、家に帰りついた頃には、まだ雪の気配がなかったので、安心して眠りについたのだが、目覚めた時、しーんとした雰囲気にイヤな予感がしてカーテンを開けると、一面真っ白。というか、降雪と雪雲のせいか、まだ薄暗く、遠くの景色も見えない。
 
Yuki100113  しまった、油断したsweat02。チェーンを積んだ愛車は、職場の駐車場に置いてきたままだし、バスが動いているかどうかも分からない。バス会社に電話しても繋がらないし、HPにも情報が出ていない。新聞受けに新聞は届いていたが、轍も足跡もない。新聞にビニールも被せられてなかったので、どうやら明け方にドカッと降ったようだ。外に出てみると、およそ20cmほど積もっている。エライこっちゃ・・・。
 
 母の車にはチェーンを準備してないし、タクシー会社の電話も繋がらない。どうやって出勤するか途方に暮れる。
 
 
【追記】
 結局、バスで出勤すると決め、荷物を持って最寄のバス停へ。かなり遅れてやってきたバスになんとか乗り込み、定時から40分押しで事務所に到着した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月12日 (火)

久々に宝ラーメンへ

Takara_ramen_100112 この約半月、飲み通しで午前様の連続だったので、今夜ぐらいは日付が変わる前に帰ろうと思っていたのだが、B-spotを出たのは23時半過ぎ。コリャ今夜も0時をまたぐなぁ・・・とボヤきつつ、〆めの一杯を求めて昭和通りへ下る。時間がやや早いせいか、ドコも開いていたのだが、久々に宝ラーメンが食べたくなったので、昭和通りを南へ。
 
 店内に先客はなし。カウンターの左はじの方に座り、ラーメンをオーダー。スープの濃さはまずまずだが、タレが少なめなのか、味が淡い感じ。身体が濃い味を求めていたのかもしれない。ま、ソレでも、やや太めな麺の食べ応えを楽しむ。
 
 外へ出ると、雪がちらついていた。天気予報によると積雪が心配されていたが、今のトコロはまだ大丈夫な感じ。
 
 
noodle 宝ラーメン : ラーメン 480円 (醤油・味噌・塩ラーメンは、580円)
house 福岡県飯塚市飯塚5-35 地図 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

B-spotのニョッキ・トマトソース

Bspot100112 直方で開かれたとある宴席に参加したあと、会場が提供するバスに揺られて飯塚まで戻ってくる。
 
 飲み通しの日々だが、今夜も足取りはB-spotへ。マスターに昨日の不始末を詫びる(苦笑)。
 トマトソースのニョッキをアテに、ヱビスの生beer
 
 
restaurant B-spot : ニョッキ(トマトソース) 650円
house 福岡県飯塚市西町2-59-201(サテライトマンション201号) 地図 / 定休日 : 不定休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月11日 (月)

喜久玉の井 大吟醸

Tamanoi_daiginjou 鍋をつつきつつビールを飲ったあと、うやうやしく取り出だしたのは、喜久玉の井の大吟醸。日頃懇意にしているお酒屋さんから、昨年末お歳暮で頂いたものだ。吟醸を口にする機会はままあっても、大吟醸は頂き物でもない限り、なかなか手が出ない(笑)。
 
 切子のぐい呑みに丁重に注ぎ、まずはひと口。冷えた部屋に置いていたので、キリッとすっきりした飲み口。それが、居間の温度に馴染んでくるにつれ、玉の井特有の円かな飲み口に変化し、爽やかな芳香が広がる。
 
 Tamanoi_daiginjou_2 さすがは、大吟醸sign03 文句なしの味わい。福岡県産山田錦を半分まで精米し、低温でゆっくり発酵させた贅沢な造りが、そのひとくち一口から分かる。
 
 あっという間に、四合瓶の3分の2程飲んでしまったので、あわてて残りを大事に仕舞う(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寄せ鍋

Dinner100111 三連休とはいえ、会議や出初式と、休みらしい休みでなかった3日間。夕食は、寄せ鍋。
 
 鍋の真ん中に別容器で温めているのは、廣久葛本舗本葛きり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らーめん屋鳳凛の味玉らーめん

Hourin_100111_1 とある会議で福岡へ。出発が遅れ、昼飯抜きで会議に出席したので、終了後遅い昼食(笑)。会議の会場からほど近い、らーめん屋鳳凛へ。約半年ぶりぐらいの来店か。
 
 入口そばのカウンターの左端に座って、メニューを眺める。時間帯のせいか、先客は2人程。時間も遅いし、餃子とご飯を頼んでガッツリという気分でもなかったので、味玉らーめんをオーダー。
 
 それほど間を置かずに、さっと出てきた。今日のスープはしっかりした味わい。タレの加減もイイ。始めは辛味だれを溶かずに、プレーンな味を楽しむ。
 

続きを読む "らーめん屋鳳凛の味玉らーめん"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ラーメン華のラーメン

Hana_100111  ぼてじゅうでS氏と別れたあと、1人でB-spotへ向かったのだが、トテモ記憶が薄い(爆)。どうやら眠っていたようだ。マスターに起こされて、B-spotをあとに。
 
 昭和通りへ下って、〆めの麺を啜りに(まだ、喰うか・・・笑)。眠いせいか、酔ってるせいか、考える余力も残ってないようで(苦笑)、黄色い看板を照らす明かりに引かれてラーメン華へ。カウンターの右はじに座って、ラーメンをオーダー。
 今夜のスープはよく泡立っていて、味が濃いように思われたが、意外とアッサリ。麺を啜りつつ、毎度毎度の愚行を振り返る。今夜もよく飲んだモンだ。(;´Д`A ```
 
 
noodle ラーメン華 : ラーメン 600円
house 福岡県飯塚市本町5-21 地図 / 定休日 : 月曜日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月10日 (日)

ぼてじゅうのぼてじゅう焼き

Botejyuu_100110 S氏とは、仕事上わずかに話したぐらいだったが、酒が入ると意気投合。焼鳥飛魚(あご)を出たあと、近くのスナックへ。さらにその後、酒の勢いも加わって飯塚へ。
 
 日曜日は休みの店が多く、ドコへ行っても閉まっていた。最後に、おでんながのへ向かったのだが、ココもお休み。万事休すかと思われたが、向かいのぼてじゅうが開いている。時間が遅いがイチかバチかで、小窓からおばちゃんに声をかける。
 何とかOKだったようでS氏と店内へ。ぼてじゅう焼きをアテに、瓶ビールで飲み直し(笑)。
 
 
restaurant ぼてじゅう : ぼてじゅう焼き
house 福岡県飯塚市本町11-35 地図 / 定休日 : 不定休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

焼鳥飛魚(あご)のチーズスティックフライ

 新春恒例の嘉飯桂消防連合出初式で、夜も明ける前から稲築野球場へ。今年は式の裏方を担当。11時半頃終了し、12時半には撤収も完了。一度家へ帰ったのち、韓国苑で打ち上げだったのだが、あいにく、写真を撮り忘れている(苦笑)。
 
 Ago_100110夕方、お開きになった後、O係長と同僚のM氏と、すぐ近くの焼鳥飛魚(あご)へ河岸を移す。そこで1時間半ほど飲んだ後、O係長と同僚のM氏が帰って2次会もお開きになったのだが、同じカウンターの左奥に、コレまた同僚のS氏がやってきたので、さらに飲み直し(爆)。
 
 チーズスティックフライをつまみつつ、さらに生ビールをぐいぐい。S氏と話していたココの常連さんと思しき人たちとも意気投合。昼から飲んでるってのに、まだ飲むか(笑)。
 
 
beer 焼鳥 飛魚(あご) : チーズスティックフライほか
house 福岡県嘉麻市岩崎1485-5 地図 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

丸亀製麺穂波店のかけうどん(大)と野菜のかき揚げ

Marugameseimen_100109_1  知人のブログに、見慣れぬ「丸亀製麺」のエントリーの職場を抜け出して行ける距離にあるというのを読んで、“イケ麺”(爆)、いや、“麺喰い”を自称しながら、知らない新店があるコトに愕然。il||li _| ̄|○ il||li
 トコロが最近、ひょんなきっかけで、その丸亀製麺ドラッグコスモスの隣にあるというコトを知り、所用で飯塚へ出かけた帰りに愛車のハンドルを切る。
 
 池流うどんに続く、本格讃岐うどん店の登場(昨年11月10日オープンとのこと・・・紫子さん情報)。日本中から人を集めて繁栄を謳歌した石炭産業を失い、再び保守的な風土に戻ったかに思える土地柄を反映して、しばらく泰平の世を保ってきた筑豊うどん界にも、新たな潮流が押し寄せつつある(笑)。
 
 店内は、大きく厨房と客席に二分。入口からぐるっと、コの字型に厨房を囲む通路を進む中、注文→うどん受け取り→精算といった一連の流れが完了する、セルフ式らしい。

続きを読む "丸亀製麺穂波店のかけうどん(大)と野菜のかき揚げ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雑煮

Lunch100109 昼食は雑煮。拙ブログで雑煮が登場するのは今年初だが、食卓に上るのは2度目。それにしてもこの正月は雑煮を食べなかったなぁ・・・。
 とはいえ、今年の正月に用意した餅(丸餅)は、残り2個。雑煮にして食べずに、レンジでチンして、海苔巻いて食べる方が多かった(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 8日 (金)

厳うどんの梅若そば

 0時半を過ぎてY係長と別れ、B-spotへ。ヱビスの生2、3杯で3時までうだうだ。えsign02 3時impact ヤバヤバ。確かヱビス生のbeerジョッキを写したはずだが、残ってない、アレ? などとジタバタしながら、深夜の長居をマスターに詫びつつお勘定。
 
Gen_100108  3時を過ぎてても、〆めの一杯を啜りたい。白い息を吐きながら、昭和通りへと下る。まだ、華もばさらかも開いていたが、今夜の気分はそば。乃ぶも河童も閉まっていたので、足は厳うどんへ。
 遅い時間にオープンする厳うどん(ちなみに昼間は、幸袋店で営業中)だが、さすがに平日のこの時間には先客はいなかった。とはいえ、入口そばのカウンターの角に大人しく座る。なんだかんだで、今夜も長々と飲んでしまったので(苦笑)、梅肉の酸味が小気味いい梅若そばをオーダー。
 
 待つコトしばし。寒い夜らしく豊かに湯気を立てながら、梅若そばが目の前に。ねぎの鮮やかな緑とわかめの深い緑の、緑どうしのコントラストが美しい。梅肉とかまぼこのふちの赤が面白いアクセント。実際手繰ってみると、味にもこのコントラストとアクセントが展開されて、さらに面白い。
 
 一心に手繰って、すめ(=おつゆ)まで完食。梅肉のお陰で後味もすっきりshine とはいえ、時計を見ると3時半。朝がコワい・・・sweat02
 
 
noodle 厳うどん : 梅若そば 630円
house 福岡県飯塚市飯塚3-3 地図 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

東山 ふたたび

 午後から天神の某ホテルで会議。バスに揺られて天神へ。
 会議は16時半に終わり、引き続き新年会。新年会は18時半にお開きになったのだが、天神や中洲へは繰り出さず、再びバスで飯塚へ引き返す。同行したY係長の行きつけの店へ行こうとしたが、まだ開いていないようだったので、約5ヶ月ぶりに東山へ。今回が2度目だ。
  
Higashiyama_100107 写真は、先付の一皿(露光不足でキレイに写ってませんが・・・苦笑)。手前右から時計回りに、ごぼう入りの玉子焼き、里芋の味噌田楽、大根と人参の酢物、昆布〆平目の手毬寿司。いずれもひと口ずつの品だが、手のかかった料理と分かる。添えられた南天の葉がイイ感じだ。
 ハートランドの生で飲み直し。はかた地どりの塩焼き、海老すり身の原木椎茸はさみ揚げと、箸を進める(スミマセン。写真はありませんm(_ _)m)。
 
 日付にちなんで、お品書きには七草雑炊もあったのだが、次が控えているので、今夜の東山はこのくらいで軽く納める(笑)。
 
 
restaurant 東山 : はかた地どりの塩焼き 840円
house 福岡県飯塚市本町2-17 地図 / 定休日 : 日曜日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月 6日 (水)

煮込みホルモン

Dinner100106_1 仕事はほぼ定時で終わったのだが、所用で飯塚へ。
 
 夕食に用意されていたのは、大隈ホルモンセンターのホルモンとタレを使った煮込みホルモン。
 
 

Dinner100106_2  〆めはモチロン、ちゃんぽん玉を投入(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)

自家製餃子

Dinner100105 仕事始めから2日。新年の挨拶にお見えになるお客さんがあるので、まだ正月のような気がするのだが、仕事はいつもの調子の慌ただしさ。定時で帰られたのが救い(苦笑)。

 夕食は、母のお手製餃子。30個の餃子を2回に分けて焼いて、全部ワタシがペロリ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 4日 (月)

おせちの残りとか、茶碗蒸しとか・・・

Dinner100104 今日から仕事。腰の調子も良く、1日無難に過ごす。

 2日から開けていた母の店も、定休日の今日と明日はお休み。
 おせちの残りや、頂き物のマダコの刺身、マグロの赤身の刺身等、お正月気分の続く夕餉。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 3日 (日)

お煮しめ

Dinner100103 右股関節の捻挫から始まった、この年末年始の休みも今日で終わり。歳末の大掃除もせず、ほとんど喰っちゃ寝、ごろごろぶらぶらの毎日だったので、1kg太ってしまった(苦笑)。今日は何にも用件を入れていなかったので、新年明けて初めて、ウチで静かに過ごす。

 夕食はもちろん、おせち(笑)。お煮しめも数の子も、黒豆もハム類もまだまだ残っているので、ビールを飲りながら、ぼちぼちつまむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まりもラーメンの北海道バター塩ラーメン

Marimo_ramen_100103 今夜のB-spotには、いつもの顔ぶれは揃わなかったのだが、カウンターの2人連れに声を掛けられた辺りから、見ず知らずのお客さんながら、みんなでワイワイ話し出す。
 気付くと、時計は夜半を過ぎ、今夜もまたまた午前様路線(爆)。2時になったのもイイ頃合いだったので、B-spotをおいとまして、タクシーを拾いに昭和通りへ。

 今夜も非白濁豚骨系の気分だったので、まりもラーメンへ。店内に入り、こないだとおんなじ席に(笑)。北海道バター塩ラーメンをオーダー。
 まずは、バターを溶かさずスープをひと啜り。やさしい塩味を、しみじみ味わう。その後は、バターを溶かしつつ麺を啜り、溶かしつつ具をつまみ、溶かしつつスープを啜る。食べすすめるうちに単調になりそうな塩味を、バターの風味がまろやかに包む。

 するするっと啜って、外へ出ると、吉原町界隈も、昭和通りも、2時半頃だというのに、人通りが途絶える気配がない。久々に賑わっているようで、タクシーがなかなか拾えない(涙)。
 
 
noodle まりもラーメン : 北海道バター塩ラーメン 630円
house 福岡県飯塚市吉原町8-46 地図 / 定休日 : 不定休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 2日 (土)

B-spotの和風餅入りピザ

Bspot_100102_1 正月2日も、挨拶回りやお墓参りで慌ただしく過ぎる。

 夕方、バスに揺られて飯塚へ。かなり久しぶりにTRIMで一席。そのあと、さらにB-spotへ。まずは、ヱビスの生。落花生をポリポリ剥きながら、ちびちび飲る。

 
 
 

Bspot_100102_2  お正月というコトで、和風餅入りピザをオーダー。
 ピザの上で香ばしく焼き上げられた薄切り餅と、もみ海苔の風味が、和洋絶妙なコラボ。
 
 
 
 
restaurant B-spot : 和風餅入りピザ 680円
house 福岡県飯塚市西町2-59-201(サテライトマンション201号) 地図 / 定休日 : 不定休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

喜久玉の井 上撰原酒

Tamanoi_genshu 今年、お正月に用意したのは、玉の井酒造喜久玉の井上撰原酒

 玉の井は、やや甘口でとろっとした丸い味わいが特徴なのだが、搾ったままを瓶詰めしたこの原酒は、度数もやや高めで、ガツンと来るような力強い飲み口がある。いかにも清酒といった感じの味わいがあってイイ。

 おせちをアテにちびちびやってたつもりだが、あっという間に4合瓶がカラになってしまった(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家のおせち 2010’

Osechi_2010 朝から、初詣に出掛けたり、挨拶回りをしたり、元日から慌ただしく1日が過ぎる。
 夜、やっと腰を据えて、おせちを囲む。おせちと言っても、正月仕様のお煮しめ(=がめ煮)と数の子、黒豆ぐらいで、去年一昨年と比べても、さらに簡素になっている(笑)。地物のブリのハラミや中トロ、ジャンボンヨークのハムやベーコンがあるので、わずかながら豪華な感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元旦の部分月食

Moon_100101_2 結局、なんだかんだで3時半過ぎまで起きてしまった。もう、こうなったら、月食を見てやれってコトで、4時まで待つ。
 4時前頃からベランダに出ると、月が欠け始めていた。携帯カメラをマニュアルフォーカスに切り替え、何枚も撮る。雲が出ていて、なかなかいいタイミングで撮れなかったのだが、ぼやけた月の下の方が少し欠けているのがお分かりになるだろうか?
(写真をクリックすると、拡大写真がポップアップします)

 ちなみに、元日の月食は、国内初とのコト。明治に、今の暦である太陽暦に切り替えられる前に使われていた太陰暦では、新月が1日なので、“元日の月食”というのがなかったらしい。面白いモノを見た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元日の満月

Moon_100101 夕方あれだけ降っていた雪も、夜には止み、夜半頃には雲の隙間から煌々と満月が輝いてきた。
 冴えた冷たい風が吹く中、月の光が雪景色を照らし出す。雪の白さと相まって、いつもの満月の夜よりも明るく優しい光が、新しい年を迎えたこの世界を包んでいる。
 
で、改めて初春のご挨拶。
 
あけましておめでとうございます。
皆様におかれましては、
心静かな新年をお迎えのことと存じます。
本年が、皆様にとって、
素晴らしい1年になることを、心から祈念いたします。
 
昨年は途切れとぎれの更新が相次ぎましたが、
本年は心機一転、倦まず弛まず、
ものを喰い、ものを思う日々を綴って参りますので、
拙ブログともども、旧年に変らぬご愛顧をお願いいたしまして、
謹んで新年のご挨拶にさせて戴きます。
 
 
 平成22年1月1日
 
                   もの喰う人 たて 拝 m(_ _)m
 
 
【追記】
 余談ながら、今日未明、部分月食が観られるそうなのだが、欠け始めが3時50分頃なので、その時間にはもう起きてられないだろうなぁ・・・(笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »