« 乃ぶの肉そば | トップページ | かにや博多中洲店へ流れる »

2010年1月15日 (金)

北前炙り高田屋博多中洲店 ふたたび

 消防団の旧組織の新年親睦会で中洲へ。
 一昨年の分団再編のあと、ワタシ自身も別の隊に移ってしまったのだが、元居た隊から親睦会のお誘いがかかれば、先立つモノがこころなくとも、ふたつ返事で応じる(笑)。
 今回の幹事はS君。たまたまこの件で連絡してきたのもイイ機会だったので、一次会の場所と宿泊先を一緒に探す。で、去年、席が空いてなくて断念した北前炙り高田屋博多中洲店に電話すると、狭いながら個室がOKとのコト。すかさず予約。
 
Takadaya_100115_1  ホテルのロビーで集合し、てくてく歩いて高田屋へ。靴を下駄箱に入れ、上着を預けて予約した部屋へ・・・予定した人数では狭いと聞いていたが、確かに動きが取れない感じ(苦笑)。まずは最初の飲み物を。と、めいめいにオーダーしたが、すぐには揃わない。m(_ _)m
 ま、そんなちょっとした齟齬はありつつも、まずは隊長の音頭で乾杯。
 
Takadaya_100115_2  今回は、3,000円のコース。季節前菜の3種盛り、ずわい蟹あんかけ豆富、ローストビーフサラダわさび風味がテーブルに並ぶ。「炭火は熾ってるのに、焼き物はまだか(-゛-メ)」と、ブーイングを浴びながら(笑)、先付やお造りをつまんでいる間に、炙り盛り登場。
 
 北前海鮮の炙り盛りは、帆立貝バター焼き・鮭ハラス・真烏賊の一夜干しの3種。
 

Takadaya_100115_3 帆立炙りのバターに火が入って、ファイヤーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ
 続いて、伊達鶏と北あかり(じゃがいも)の炙り盛り。計5種類。炙りはたったソレだけsign02 って向きもあるかもしれないが、好みに応じて追加オーダー出来るよう、一番安いコース設定にしていたのだ。
 このあと、本ししゃも、車海老、タラバ蟹、牛タン、黒毛和牛サーロイン等、次から次に、競うように頼むは頼むは(笑)。
 
 コースの終盤には、海老と牛蒡の天麩羅が出てきたのだが、オーダーした焼き物がまだまだある(笑)。合間に天麩羅も軽く炙って食す(笑)。
 
Takadaya_100115_4  ラストは、ざるうどん。淡いつゆの色に、味付いてんのかな? と思ったが、出汁の味がしっかりしていて、なかなかの味。ねぎ、生姜、みょうがと、3種の薬味。少しずつ加えながら、それぞれの香味も楽しむ。
 写真を撮ろうと携帯を構えると、ちょっ、ちょっと!? ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ 向かいの席のY君がワタシのつゆにうどんをつけてきた。今夜の写真をよく見て頂くと分かるかも知れないが、みんな手タレばりに、写真に写り込もうとしている(爆)。
 かくも賑やかに舌鼓を打つウチに、楽しい時間は過ぎていく。頃合いの時間になったトコロで、デザートの柚子あん水まんじゅうが出てきたので、そろそろお開き。
 
 
restaurant 北前炙り高田屋博多中洲店 : 新年会コース 3,000円 他
house 福岡県福岡市博多区中洲2-2-7 地図 / 定休日 : 年末年始(12/30~1/4)

|
|

« 乃ぶの肉そば | トップページ | かにや博多中洲店へ流れる »

もの喰う日々10.ソト飯【和食】」カテゴリの記事

もの喰う日々16.パーティー・酒宴」カテゴリの記事

彷徨う日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/47323807

この記事へのトラックバック一覧です: 北前炙り高田屋博多中洲店 ふたたび:

« 乃ぶの肉そば | トップページ | かにや博多中洲店へ流れる »