« ひまわり食堂のラーメン | トップページ | 豚バラの角煮風とお煮しめ風煮物 »

2010年1月23日 (土)

角平うどんの山菜そば

Kakuheiudon_100123_1 分科会はきっかり時間通り。約3時間寒いホールの中で耐える。
 
 道の駅原鶴に寄ったあと、去年から気になっていた角平うどんへ。
 外観は古めかしいドライブインといった風情。中に入ると、正面に一文字のカウンター。駐車場側にテーブル席。両サイドに小上がり席と、結構広い店舗。年配のご夫婦とバイトと思しきお兄ちゃん(もしかして家族か?)の3人で切り盛りしている。カウンターの真ん中ほどに座り、山菜そばとおにぎりをオーダー。
  
Kakuheiudon_100123_2 入口には惣菜や漬物の皿が並んでいて、「ご自由にお取りください」とある。高菜漬や昆布の佃煮、キャベツのサラダを小皿に取り、そばが来るまで待つ。キャベツのサラダには、きゅうりと細切りの人参、柚子皮が入っていて、甘めのドレッシングがかかっている。柚子の風味と酸味がイイ。
 キャベツをポリポリやってると、かき揚げが運ばれてきた。え!? かき揚げなんてオーダーしてないっすよ? と、驚く間もなく、そばとおにぎりも運ばれてきて、お盆の上は一杯に。オイオイ、なんだか凄いコトになってきたぞ。
 

Kakuheiudon_100123_3 おばちゃんに尋ねると、かき揚げはサービス(セットか?)とのコト。ちょっと驚き。
 湯気を立てる一杯は、山菜とねぎがたっぷり。まずは、すめ(=おつゆ)をひと口。格段に美味い! というワケではないが、しみじみと美味い田舎風の味。そばは細めで、製麺機で押し出した感じだが、自家製かも知れない。厨房の中央には大釜があり、おいちゃんがうどんを茹で上げていた。なんだか、うどんも美味そうだな・・・。
 しばらく、山菜の歯ごたえと風味、そばの喉越しを楽しんだあと、かき揚げを乗せてかき揚げそばにシフト。かき揚げはこぶりながら、野菜たっぷり。一度で二度美味しい一杯。大ぶりなおにぎりも嬉しい。
 お会計の時に、「どのうどんにもかき揚げが付いてるんですか?」 と尋ねると、「そうですよ」とのコト。さらに、「お腹いっぱいになりましたか?」と逆に尋ねられ、「いえいえ、ごちそうさまでした」と答えるのがやっと(笑)。すっかり満足しましたよ。
 お世辞にも小ぎれいな店ではないが、アットホームさと、しみじみとした味わいが魅力だ。ふと、今は無き嘉麻川食堂を思い出した(笑)。隣のだご汁の店も気になる。
 
 
noodle 角平うどん : 山菜そば550円、おにぎり200円、かけうどん400円
house 福岡県朝倉市杷木久喜宮1512 地図 

|
|

« ひまわり食堂のラーメン | トップページ | 豚バラの角煮風とお煮しめ風煮物 »

もの喰う日々09.ソト飯【うどん・そば】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/47440713

この記事へのトラックバック一覧です: 角平うどんの山菜そば:

« ひまわり食堂のラーメン | トップページ | 豚バラの角煮風とお煮しめ風煮物 »