« 多め勢の板そば | トップページ | 久々に、とのいdeかつ丼 »

2010年10月29日 (金)

旬菜ダイニングじゅげむで、念願の丸焼太郎と白ラーメン

Jugem_101029_1

 先日の灯塚(ひいづか)まつりで無料配布された小龍包飯塚青年会議所がご当地グルメの新メニューとして企画し、のがみプレジデントホテル上村総料理長の協力でレシピを開発したらしい。
 
 こないだは、配布の時間帯に行けなかったので涙を飲んだが、新聞記事によると、地元の飲食店で販売されるとのコト。ま、そのうち目にするだろうと、のんびり実食の機会を待っていた。
 
 たまたま、前から気になっていた店のHPを見つけ、開いてみると、「☆飯塚生まれの丸焼太郎☆」の文字が。コレってあの小龍包じゃね?? ってワケで、旬菜ダイニングじゅげむへGO! (右の写真はコースター)

 

 店に入ると、2階の掘りごたつ席に案内される。生ビールをオーダーし、まずは無難にサラダ。じゅげむサラダが気になり、オーダー。 

Jugem_101029_21

Jugem_101029_22

 レタスや水菜、ダイス状のトマトが和えられたサラダのてっぺんに、温泉玉子が鎮座まします。その真ん中の玉子をワイルドに崩し、ワシワシと混ぜる。サラダの中には、甘酢のかかった鶏唐揚げが、コレまたダイス状に刻まれて入っている。なかなか美味い。
 

Jugem_101029_4

Jugem_101029_3

 続いて、点心系の品々。五目春巻と、特製海老しゅうまい。
 春巻は、パリっと揚がった皮と、とろみのある餡のコントラストが。海老しゅうまいは、何種類かエビが使われているのだろうか? ぷりぷりした食感と、干しエビか芝エビのような味わい深さが同居していて、ドチラも美味い。
 

Jugem_101029_5

 で、お待ちかねの丸焼太郎。筑豊のソウルフードともいえるホルモンと、頴田産のウコンを生地に練り込んだ小龍包。蒸しではなく、焼小龍包だ。レンゲに1個ずつ乗せられているのが、見た目になかなか(実は、このレンゲにも工夫が・・・)。
 小龍包は、中に熱々のスープが潜んでいるので、レンゲを手に取り、慎重に箸を入れる。カリッと焼かれた厚めの皮から、スープがほとばしる。そのスープをレンゲがこぼさず受け止める。ほう、それでレンゲに乗せたのか、と得心。口にふくむと、濃い目の味のスープとホルモンがイイ感じ。コレはもしかしたら、ホントに飯塚の新名物になるかも知れない。
  

Jugem_101029_7

Jugem_101029_6

 お次は、中華系から離れて、茄子のトマトチーズ鉄板と、アボカドのわさび醤油。

 茄子のトマトチーズ鉄板は、メインの茄子より、よく焼けたトマトがやたら美味かった(笑)。
  

Jugem_101029_8

 〆めは、ラーメン(爆)。この期に及んでラーメンか? と、呆れられそうだが、この店が前から気になっていたのは、実は、店先に立てられたラーメンの幟のせい。 まずはスタンダードに、白ラーメン(とんこつ)をオーダー。
 スープはよく煮出された感じだが、それでも濃過ぎるワケではない。ラーメン華のスープを軽めにして、甘めのタレで仕上げた感じ。麺は細麺で、スープと良くなじんでいる。特筆すべきはチャーシュー。プルふわっとしたソフトな食感ながら、しっかり味が付いている。ヌーベルシノワというか、モダンシノワーズを掲げる店のラーメンかくありなん、という味。1軒目のこのタイミングには、確かに重たかったが、ラーメン目当てに訪れれば、するするっと啜れる一杯だ(笑)。
 
 
restaurant 旬菜ダイニングじゅげむ丸焼太郎(3個) 430円 / 白ラーメン 600円
house 福岡県飯塚市宮町13-30 地図 

|
|

« 多め勢の板そば | トップページ | 久々に、とのいdeかつ丼 »

もの喰う日々08.ソト飯【ラーメン・チャンポン】」カテゴリの記事

もの喰う日々12.ソト飯【中華・韓国・焼肉】」カテゴリの記事

もの喰う日々14.ソト飯【居酒屋・ビストロ】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/49887095

この記事へのトラックバック一覧です: 旬菜ダイニングじゅげむで、念願の丸焼太郎と白ラーメン:

« 多め勢の板そば | トップページ | 久々に、とのいdeかつ丼 »