« 柳川で川下り | トップページ | 柳川のさげもん »

2011年5月 3日 (火)

元祖本吉屋沖端店のせいろ蒸し

 川下りを終えた後、遅いお昼(笑)。
 
 というか、さっき柳川に着いて、鰻のせいろ蒸しを食べようと元祖本吉屋本店に向かったのだが、入口には空席待ちが何組も・・・。しかも、駐車場も一杯だったので、やむなく撤退。ほかの店をナビで探して車を走らせるが、コレまた水天宮の祭礼で南部には交通規制(ノ_≦。) 車では近づけないようだったので、所要時間を考えて川下りを先にした次第(苦笑)。
 
 どんこ舟御花の脇で降り、西洋館松涛園を眺めて回ろうかと思ったのだが、朝食が遅かったとはいえ、この時間になるとさすがに空腹が優った(笑)。そそくさと沖の端へ歩みを進めると、並んだ露天のドコからか鰻の蒲焼きのイイ匂いが。すると、目の前に本吉屋の看板!Σ(・ω・ノ)ノ !!!  ちょうどイイところに、本吉屋沖端店があった。香りに誘われるまま、引き戸を開ける。
 
 Motoyoshiya110503_1本吉屋へ来るのは、かれこれ10年ぶりだろうか? 前に訪れたのは本店だったが、こちらは堀端にあり、窓から川下りが望める。窓側の席が空いていたので、すかさず座り、メニューをしげしげと眺める・・・∑(゚∇゚|||) 結構、イイお値段すんのねん(爆)。
 
 
 ま、たまの贅沢と思い、肚を括って(笑)せいろ蒸しを注文。

 

Motoyoshiya110503_2

 店の規模や時間帯もあるのだろうが、それほど待たずに、お待ちかね(?笑)のせいろ蒸しが運ばれてきた。
 
 湯気を立てるせいろ蒸しを前に、写真を撮るのももどかしく、箸を手にする。
 
 大ぶりな蒲焼きの下は、タレをまぶしたご飯がたっぷり。せいろで蒸されて、蒲焼きはふっくらと柔らかくなり、ご飯には鰻の脂と旨味が染み込んでいる。お値段もイイが、その分味もイイ(笑)。せっかくの贅沢なので、ゆっくり味わって食す。

 

restaurant 元祖本吉屋沖端店 : せいろ蒸し(きも吸付き) 2,800円
house 福岡県柳川市沖端町12 地図 / 定休日:第2第4月曜日(祝日の場合翌日休業)

|
|

« 柳川で川下り | トップページ | 柳川のさげもん »

もの喰う日々05.名物・銘品・銘菓・お取り寄せ」カテゴリの記事

もの喰う日々10.ソト飯【和食】」カテゴリの記事

もの喰う日々13.ソト飯【郷土料理・多国籍】」カテゴリの記事

ナニごとか為す日々」カテゴリの記事

彷徨う日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/51582704

この記事へのトラックバック一覧です: 元祖本吉屋沖端店のせいろ蒸し:

« 柳川で川下り | トップページ | 柳川のさげもん »