« うきはの棚田 | トップページ | 丸貴ラーメンの大盛りラーメン »

2011年10月12日 (水)

うきは ほっこり弁当

Lunch111012_1 昼食は、つづら山荘で。
 
 頂いたのは、うきは市の新たな特産品「うきはほっこり弁当」。うきは市が運営する森林セラピーの中で生み出されたお弁当で、うきは市産・福岡県産の材料にこだわり、竹皮の弁当箱に詰められている。見た目に反して、ずっしりと重い。
 
 戸を開け放った縁側に座って、庭へ足を投げ出す。秋の涼やかな風が心地良い。膝の上にお弁当を載せ、紐を解き、蓋を開けると・・・
 

Lunch111012_2・・・中はぎっしり、盛りだくさん。
 
 山菜おこわ、塩むすび、栗入りの赤飯の3つのおにぎり。十字(正確には☓字)に区切られたおかずは、上から時計回りに、お煮しめ、四方竹の筍とゼンマイのきんぴら、みょうが入りの酢物、鶏のから揚げ、さつまいものゆず煮、ポテトサラダ、柿、卵焼き、プチトマト、大根の甘酢漬け。
 
 ことにきんぴらは、紅葉した柿の葉を下敷きにしてあって、季節を感じさせる。四方竹の筍はうきは市の特産で、シャキッとした食感が嬉しい。棚田で獲れたお米で作られたおにぎりも、噛むほどに味わいが広がる。やはり、高冷地のお米は美味しい。
 
 「うきはほっこり弁当」は市内の3ヶ所で作られていて、今日食べたのは、四季の舎(しきのもり)ながいわで作られたもの。それぞれで少しずつ内容が違うらしい。1個1,000円と、やや高めだが、よく出来た竹皮の弁当箱と、この中身なら十分満足(笑)。
 
 
riceball うきはほっこり弁当 1,000円(要予約) ※土日限定で「道の駅うきは」でも購入可
house うきは市農商工観光連携係 telephone 0943-75-4975

|
|

« うきはの棚田 | トップページ | 丸貴ラーメンの大盛りラーメン »

はたらく おぢさん」カテゴリの記事

もの喰う日々05.名物・銘品・銘菓・お取り寄せ」カテゴリの記事

もの喰う日々07.弁当・仕出し&駅弁・空弁」カテゴリの記事

彷徨う日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/53056427

この記事へのトラックバック一覧です: うきは ほっこり弁当:

« うきはの棚田 | トップページ | 丸貴ラーメンの大盛りラーメン »