« アンジョルノ・カフェでランチ | トップページ | ニッスイ わが家の麺自慢 長崎海鮮皿うどん »

2011年12月 8日 (木)

けんちん汁

Dinner111208  雨のあとに訪れた寒気は、夜になると師走らしい冷え込みを連れてきた。
 
 そんな寒い夜には、根菜のたっぷり入った、とろっと熱々のけんちん汁が嬉しい。
 
  
 
 実のトコロ、ここ2日ほど主に雑炊ばかり食べていて、今日のお昼辺りから、ようやく普通の食事に戻ったばかりなのだ。
 
 (※要注意・・・ココからは、ちょいグロなハナシが続きます)

 

 コトの起こりは先週半ばか・・・。下唇の左隅の内側に小さな水疱が出来ていた。どうせ、胃腸が弱ってるか、ヘルペスでも出来たか・・・? と、多寡をくくって放って置いたら、日1にちと大きくなり始め、週明けには口を軽く開けても目につくほどにふくらみ、食事に差し支えるどころか話すのにも邪魔になるほどだった。こりゃ、ヤバいモンでなきゃイイが・・・(lll゚Д゚) と不安を抱えつつ、口腔外科を探した。

 おととい休みを貰ったのは、コレの切除に踏み切ったのがその主な理由(苦笑)。

 午前中に診察を受け、水疱は唾液腺が袋状になり、硬化したシロモノだと判明。ウイルス性のモノでも、悪性新生物でもないらしく、ひとまずほっとする。空き時間を待って、夕方に再び医院へ。

 唇に3本(だったかな??)の麻酔を打ち、施術して貰うコトおよそ30分ちょい。作業台のガーゼの上には摘出された唾液腺の袋。大豆大のモノが1つ(コイツがメイン・・・笑)。米粒大のモノが3つ。他にも幾つかあったらしいのだが、洗浄時に吸引されていったらしい。

 患部はキレイに縫い合わされたものの、唇は Like a ドリフのチョーさん(爆)。麻酔が切れた後も、飲み物を飲むと左の口角からこぼれそうになるし、なにより、モノを噛むと縫い糸がチクチクと気色悪い ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ~

 かくして、お酒もお休みし、努めて食べ易く消化にイイ食事を摂って、大人しくしておりました。抜糸は来週でやや不自由なものの、唇の腫れが和らぎ、なんとか普通にモノが食べられるようになると、改めて“当たり前”の有り難みが身に染みるってモンです  (-人-)

 

|
|

« アンジョルノ・カフェでランチ | トップページ | ニッスイ わが家の麺自慢 長崎海鮮皿うどん »

もの喰う日々」カテゴリの記事

もの喰う日々01.ウチ飯【日々の食卓】」カテゴリの記事

もの思う日々」カテゴリの記事

食にまつわるエトセトラ」カテゴリの記事

コメント

たてさん こんばんは。
御無沙汰しています。。

忘れられたかなぁ~ happy01
きょう テレビ なんしようと かな?
嘉麻市だったけど見られたかな? 飲み屋さんでご覧になってたりして・・・

玉ノ井酒造さんがでて・・・懐かしかったな~ たてさんが・・
丘に登って 白米流しのお話聞いて 美味しいプリン御馳走になって・・
そうそう おそばも食べた

出かけて帰り道きれいな月が見えたのに 雨模様で残念fullmoon 
年末 どうかお身体に気をつけて お仕事頑張って下さいね。。

投稿: momomama | 2011年12月 9日 (金) 20時06分

>momomamaさん

コチラこそご無沙汰しております。
いつの日か、芦屋オフを実現せねばと、riaraと話してます。

そういえは、momomamaさんオススメの、松露のチャンポン。
9月の芦屋クリーンキャンペーンの帰りに、
念願の実食を果たしてきましたよ。
戸畑チャンポンの系統に連なる、四角い細麺でしたね。
野菜たっぷりで美味しかったです。


>>きょう テレビ なんしようと かな?

ご覧になりましたか(笑)。ワタシも途中から見ました。
ご近所の馴染みのご夫婦が出てて、吹きましたww

momomamaさんの記憶にある景色は、映ってましたか??


ワタシの唇のその後w
昨日抜糸したんですが、お医者さんも驚かれるほど、
順調に回復してます。

毎年、いよいよ歳の押し迫った頃合いに、
腰を痛めたり風邪をひいたりしていたんですが、
お陰さまで、今年はつつがなく年末年始を迎えられそうです。

momomamaさんも、良い年の瀬を迎えられますように(-人-)

投稿: たて@もの喰う人 | 2011年12月15日 (木) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/53438099

この記事へのトラックバック一覧です: けんちん汁:

« アンジョルノ・カフェでランチ | トップページ | ニッスイ わが家の麺自慢 長崎海鮮皿うどん »