« たこ焼き割烹たこ昌 関西空港店のたこ焼き | トップページ | フィンランドのビール <SandelsとOLVI Export> »

2012年5月19日 (土)

Finnairの機内食 その1 (往路:5/19)

Finnair120519_1  手荷物検査は国内線でも慣れていることなので、ほとんど緊張はしなかったのだが、出国審査はさすがに顔がこわばるモノがあった(笑)。ま、さしたるモノは身に着けていないし、ヤバい経歴はナイ(爆)ので、すんなりと出発ゲートへ。待ち合わせ時間に遅れることなく、案内に従うままに機内へ。
 
 飛行機は、ほぼ定刻通りに離陸。客席に備え付けられているモニターで飛行ルートを確認すると、北陸上空を通過しているらしい。眼下に広がる白い峰々は、おそらく白山か? 天気がイイこともあって、遠くへ目を移すと富士山らしき姿も見える。
 
 と、去りゆく日本の景色に一抹の寂しさを感じながら、白い翼の向こうに広がる青空を眺めていると、機内食のサービスが始まった。
 
Finnair120519_2  初めての海外旅行なだけに、初めての機内食(爆)。ワクワクしながらワゴンを待っていると、ワタシの隣へ。
 
 「Meat or Fish」と尋ねられて、すかさず肉系を頼んだワタシを見て、カミさんは魚系をチョイス。
 
 果たして、どんなメニューなのやら・・・。
 
 

Finnair120519_3  メニューは、牛肉のバーベキューソースだったかな?? (笑)。アルミの蓋を開けると、薄切り牛肉にソースがかかったものと、茹で野菜(ブロッコリーと人参)、マッシュポテトが入っていた。
 
 ひと口食べると味が淡いような気がしたが、添えられていたコショウをふりかけると、なかなかの味に。野菜やポテトとの相性も良く、一緒に頼んだフィンランドのビールのアテにイイ感じ(笑)。
 
 
Finnair120519_4  ちなみにカミさんがチョイスした魚系は、穴子飯 w(゚o゚)w
 
 穴子の量がずいぶん可愛らしいが(笑)、添えられた炒り玉子や枝豆とのバランスが良く、ひと口食べさせて貰うと、コチラもなかなかの味。ぜいたくを言えば、もう少し全体にタレがかかっていると、申し分なかったかなぁ・・・。
 
 で、Finnairの機内食が面白いのは・・・
 
 
Finnair120519_5  ざるそばが入っているトコロ。それも、なかなかどうして、美味しく仕上がっている。
 
 添えられた福井のミネラルウォーターも、柔らかく甘みを感じさせる美味しさ。
 
 離陸してそれほど経っていないが、国際線の旅はなかなかに楽しい(笑)。

|
|

« たこ焼き割烹たこ昌 関西空港店のたこ焼き | トップページ | フィンランドのビール <SandelsとOLVI Export> »

もの喰う日々07.弁当・仕出し&駅弁・空弁」カテゴリの記事

もの喰う日々10.ソト飯【和食】」カテゴリの記事

もの喰う日々11.ソト飯【洋食】」カテゴリの記事

彷徨う日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/55022123

この記事へのトラックバック一覧です: Finnairの機内食 その1 (往路:5/19):

« たこ焼き割烹たこ昌 関西空港店のたこ焼き | トップページ | フィンランドのビール <SandelsとOLVI Export> »