« Finnairの機内食 その3 (往路:5/19) | トップページ | コブサラダ »

2012年5月19日 (土)

アタホテル・リパモンティのピザ

Blogtitle_120607

 長いコト、空港と機内の話題で引っぱったまま更新が止まっていて、
 
 「いったい、ドコへ行ってきたのか???」
 「ブログのデザインがプロバンス風なんで、フランスか??」
 「いや、海外旅行そのものが作り話か?」
 
 などと、お怒りや疑惑の嵐かもしれませんが、実は、イタリアに行っておりました。そんでもって、ハナシの続きです。
 
 
 ミラノ・マルペンサ空港に降り立ち、入国審査をスムーズに終え、バスに乗り込むと、郊外のホテルへ直行。実は、イタリア初日はこの移動のみで終わり(笑)。
 
 Atahotel_ripamonti1時間ほど走っただろうか? バスの中ですっかり眠り込んでしまい、目覚めるとホテルに着いていた。バスを降りると雨上がりの雰囲気。イタリア旅は雨で始まるのかと、疲れも重なってほんの少しブルーな気分に。
 
 ロビーで添乗員さんから明日以降の説明を受け、部屋に向かう。中に入ると、事前に調べていたのと少し違うルームタイプだったが、カーテンを広げるとイイ眺め。さっきの不安は、たちまち明日からの旅への期待に入れ替わった。
 
 荷物を整え、ベッドの上でくつろぐと、日本で2食、機内で3食食べていながら、お腹が空いてきた。日本とイタリアの時差は7時間(=夏時間/通常は8時間)。1日が31時間になったような長い1日を過ごすと、やはりお腹は空くもんだ(爆)。
 

Ripamonti_bar_120519_1  今回のツアーに、今日の夕食は入ってなかったので、ホテルのレストランで夕食を摂ることに。
 
 1階へ降り、レストランに向かうと、結構遅い時間(現地時間で21時過ぎ)なのに満席。バールの奥のフロアではダンスパーティーが開かれていて、お年寄りから子供まで、楽しそうに踊っていた。
 
 この様子では、席を待っていても空きそうになかったので、ピザをテイクアウトするコトに。
 

Ripamonti_bar_120519_2  バールのカウンターに立つ、ブラッド・ピットを、も少し若くしたようなイケてるお兄ちゃんに、片言の英語で缶ビールとピザをオーダー(もちろんピザは、メニューを指さし・・・笑)。
 
 ピザの受け取りカウンターには先客が2人。レストランやバールに出すピザも焼いているようで、コチラもなかなか順番が回ってこない(涙)。
 
 20分ほど辛抱強く待って、ようやく今夜の晩ご飯にありつく。バールのカウンターで缶ビールも受け取り、冷めないうちに急いで部屋へ戻る。
 
Pizza_120519_1 Pizza_120519_2  
 
 
 
 
 
 
 
 
 コンナ時間(現地22時ちょい前/日本時間5時ちょい前)にピザ2枚・・・、とも思ったが、3種類のチーズが入ったピザと生ハムのピザは、さすがは本場イタリアのピザ!!! と唸らせる美味さ。2人して無心にがっつく(爆)。
 
 しか~し、初日からイタリア人の胃袋の前に膝を屈することに。
 
 レストランで1人が1枚ずつ食べているのを見て、折からの空腹とも相まって、コチラも2枚買ってきたのだが、ドチラとも4分の1ほど残してしまった・・・  il||li _| ̄|○ il||li
 
 それにしても、ビールもピザも安かった。バールで買ったビールなのに、1本が3ユーロ。チーズピザは8ユーロ、生ハムのピザは8.5ユーロ。しかも、この大きさで。レートが100円ぐらいなので、日本との価格の違いにも驚いた。

|
|

« Finnairの機内食 その3 (往路:5/19) | トップページ | コブサラダ »

もの喰う日々11.ソト飯【洋食】」カテゴリの記事

もの喰う日々18.粉もん・パン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/55141932

この記事へのトラックバック一覧です: アタホテル・リパモンティのピザ:

« Finnairの機内食 その3 (往路:5/19) | トップページ | コブサラダ »