« Finnairの機内食 その1 (往路:5/19) | トップページ | Finnairの機内食 その2 (往路:5/19) »

2012年5月19日 (土)

フィンランドのビール <SandelsとOLVI Export>

Finnair120519_6_2  Finnairのエコノミークラスには、色々な種類の飲み物が用意されていて、ソフトドリンク、ミネラルウォーター、ビール、白ワイン、赤ワインが無料で提供される(その他のアルコール類は有料)。
 
 機内食が出てきたトコロで、さっそくビールを頼む。
 
 出てきたのは、Sandels(サンデルスと読むのかな??)。Finnairで提供されるビールなので、フィンランドのビールらしい。
 
 
Finnair120519_6a  少し冷えが甘いのはご愛嬌(タダで飲んでて、贅沢言わない・・・笑)。結構しっかりした味わいながら、飲み口は至って軽め。アルコール度数が4.7%だからか? 飲みやすいビールだ。
 
 量も330mlで、日本のモノよりやや少なめ。スイスイっと1本空けてしまう(笑)。
 
 
Finnair120519_7  2本目のビールを頼むと、今度は違うビールが。
 
 お次は、OLVI Export(オルヴィ エクスポートと読むのだろうか??)。缶を見ても、フィンランド語で書いてあるので、かろうじて分かるのは、原料とアルコール度数と内容量ぐらい(笑)。
 
 色は先ほどのよりやや濃い目。味も少し甘みが強くメロウな味わい。コチラは、アルコール度数5.2%と、日本のビールとほぼ同じ。さっきのSandelsと打って変わって、しっかり目な飲みごたえ(よく冷えてるともっと嬉しいのだが・・・またまた贅沢言わない・・・笑)。
 

Finnair120519_7a  ただ、どちらもホップの香りと苦味は控えめで、ビールというより、お茶代わりに飲めそうな飲みやすさ。このままだと、すぐに3本めをお願いしそうだ(爆)。
 
 ビールが無料だからって、機内は酒が回りやすいんで、飲み過ぎにはくれぐれも気を付けんとイカンのだが・・・(笑)。
 
 
【後日記】
 この記事を書くためにビールのHPを探してみると、SandelsOLVI Exportも、同じ会社のビールでした(笑)。

|
|

« Finnairの機内食 その1 (往路:5/19) | トップページ | Finnairの機内食 その2 (往路:5/19) »

もの喰う日々04.百薬の長【お酒の紹介】」カテゴリの記事

彷徨う日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/55033760

この記事へのトラックバック一覧です: フィンランドのビール <SandelsとOLVI Export>:

« Finnairの機内食 その1 (往路:5/19) | トップページ | Finnairの機内食 その2 (往路:5/19) »