« ジャンボンヨークのチョリソーでチリコンカン | トップページ | 筑豊ラーメンフェスティバル2013・・・その後 - 筑豊麺喰い情報 【その14】 - »

2013年6月25日 (火)

成氏家(ソン・シ・チ)で本格韓国料理

 日曜、NANBAで髪を切ったあと、帰りしなマスターから、「良かったらこの先の韓国料理屋さん、行ってみちゃってん。あそこに看板の見えるトコ」と教えてもらった。マスターの薦めるお店は、いずれも美味い店なので、二つ返事で応えた。

 で、3日と置かず、カミさんと出掛けてみた次第。

 東町商店街のちょうど中ほど。ユゲデンキの斜向かい、髙取金物店の隣。かつて、イベントスペース温家(あっとホーム)のあった場所だ。つか、いつの間にか店が変わっとったんやね。知らんかった(笑)。

 間口の大きな入口から中に入る。というか、ドアは外してあって、ホームセンターの資材コーナーのように透明なビニールのスクリーンが下がっていて、外から中がよく見える開放的な雰囲気。中も細々とした仕切りはなく広々とした造り。温家の内装をそのまま生かした感じ。フロアに4人がけのテーブルが3つ、小上がりにテーブルが3つほど。2、30人は入れそうだ。

 先客は1組。4人でイロイロと料理をシェアして、歓談している。

Sonshichi_01

 テーブルに置かれた金属製(真鍮かな??)の箸とスプーンがいかにも韓国風。メニューを開いて、アレコレ思案したが、とりあえず、サッと出てきそうなナムル盛りとキムチ盛り、飲物をオーダー。

 で、ナムル盛り合わせ。

Sonshichi_02
 豆モヤシとゼンマイ、ニラの3種類。いずれも程よい塩加減でバランスのとれた味わい。あっという間に食べてしまって、お代わりが欲しくなるが、この後を考えて程々に(笑)。
 Sonshichi_03  
 コチラはキムチ盛り合わせ。白菜・大根・キュウリの3種盛り。本格韓国料理との前情報があったので、さぞや・・・、と思っていたら、それほど酸っぱくも辛くもなく、ちょうどイイ味。隠し味の旨みと甘みが、本場の味わいを思わせる。隠し味にはナニ使ってんだろう?? 海鮮系と梨か・・・。ともあれ、美味しいキムチの多いこの筑豊エリアにあって、この味はナカナカ。後に続く料理に期待が増す。
 

 お次は、トッポッキ

Sonshichi_04  
 カミさんが行った韓国で、すっかりハマった料理の1つだ。甘い味付けなのでワタシはチョイと苦手だったのだが、カミさんは上機嫌。
 
 
 そして、マスターイチ押しのジャガイモチヂミ。
 
Sonshichi_05  
 韓国海苔で巻いて、タレをつけて食べるようになっているが、ひと口目はそのままいただく。具のないシンプルなチヂミだが、外側のカリカリ・パリパリした食感と香ばしい風味、中のふわっともちっとした食感としみじみとした素朴な味わいのコントラストが絶妙!! 海苔で巻いて、タレをつけて食べると、さらに美味いっ (≧∇≦)ノシ 思わずマスターお礼のツイートを送ってしまった程(笑)。お店のメニューに、「名物」と書くだけのコトはある味だ。
 
 
 メインにプルコギを食べてみたかったのだが、量的に2~3人前のようで、代わりにチャムチェをオーダー。
  
Sonshichi_06  
  春雨は、日本のモノよりやや太めで柔らかいが、プニっとした歯ごたえが面白い。野菜たっぷりで嬉しいメニュー。つか、だんだんお腹一杯になってきた(爆)。
 
 
 最後は、大トリの参鶏湯
 
 湯気を立てる小さな土鍋を女将さんが運んできた。女将さんは、こんもり刻みネギが乗った鍋に貝杓子を入れ、丸鶏をほぐし、食べやすいようにして完成。中には、朝鮮人蔘や干しナツメが見える。

Sonshichi_07
 まだ、ぐつぐつ煮え立つ鍋から貝杓子で取り分け、まずはスープをひと口。マジッソヨ~(=美味しい~)と、思わず叫びたくなるほどの美味さ。参鶏湯そのモノが初めてだったが、漢方の香味とやや白濁した鶏出汁の渾然一体となった(ナンか某養◯酒のCMみたいだなw)味わいにシビレました。添えられた塩、コショウで味を整えると、さらに美味。チャムチェでお腹一杯になりかけていたが、瞬く間に土鍋の底に鶏の骨を残すだけになった(笑)。

 2人ともすっかりお腹一杯。いや、十二分目と言った感じ(爆)。プルコギや鍋料理を食べるなら、3、4人で来た方が良かったかな・・・と。しかし、ソンナ後悔がささやかなコトに思えてしまうほど、美味しい料理でした。本格韓国料理というか、韓国本場の家庭の味わいが堪能出来ました (;-人-)
 
 
 ちなみに、ご夫婦2人で切り盛りしておられるようだが、調べてみると、元は韓国から茨木に来て、同じ屋号でお店を営んでおられたようだ。それが、東日本大震災を機に、昨年夏飯塚に移り住み、東町商店街で営業を再開したらしい。しかも、女将さんは韓国調理師免許をお持ちとのコト。
 
 
 
restaurant 成氏家(ソン・シ・チ) : ナムル盛り 500円、キムチ盛り 700円
                参鶏湯 1,800円、生ビール450円。ランチ 750円
                (コースは2,500円と3,000円の2つ。3人前から要予約)
house 福岡県飯塚市飯塚11-24 地図 / 定休日 : 水曜日


【後日記】
 NANBAマスターによると、8月20頃閉店し、ご夫婦は韓国へ帰国されたとの由。参鶏湯がめちゃめちゃ美味しかったし、まだまだ食べたいメニューがたくさんあったのだが、残念だ。

|
|

« ジャンボンヨークのチョリソーでチリコンカン | トップページ | 筑豊ラーメンフェスティバル2013・・・その後 - 筑豊麺喰い情報 【その14】 - »

もの喰う日々12.ソト飯【中華・韓国・焼肉】」カテゴリの記事

ナニごとか為す日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/57734143

この記事へのトラックバック一覧です: 成氏家(ソン・シ・チ)で本格韓国料理:

« ジャンボンヨークのチョリソーでチリコンカン | トップページ | 筑豊ラーメンフェスティバル2013・・・その後 - 筑豊麺喰い情報 【その14】 - »