« ズッキーニとマッシュルームの冷製パスタ | トップページ | ひき肉と夏野菜のトマトカレー »

2013年8月18日 (日)

見事な豚骨ポタージュ!!  どろ@ラーメン匠

 朝から所用で飯塚へ。お昼は久々に飯塚ラーメンに足を向けたが、引き戸は開いていても暖簾が掛かっておらず、まだ準備中のご様子。ちと、時間が早かったか。

 こーなったら、いっちょ“どろ”を啜ってみるかと、気を取り直してラーメン匠へ。

 中に入ると、カウンターに先客3人のみ。お姉さんはワタシが1人と知ると、カウンターが空くまで待って欲しいとのコト。やはり、人数で席を振り分けるシステムだったのかと納得しつつ、しばらく待つ。

 席が空き、イスに座ると、迷わず“どろ”をオーダー。プラスごはんの小。そのすぐあとに、2組ほどお客さんが加わり、にわかに店内が慌ただしくなってきた。若き大将は、厳しい表情で一杯一杯に向き合っている。

 オーダーの時に「7、8分かかりますよ」と告げられていてたが、そんな姿を眺めながら待っていると、さほど時間を置かずに期待の一杯が目の前に。

Ramentakumi_130818_1

 ひと口スープを啜ると、その名に違わずドロリと口に入ってくるその味は、ブーマさんの言う通り、まさしくポタージュスープ。ドロリとはしているが、ココの“豚骨十割(じゅうわり)”同様、濃い味ながらクドさのほとんどない、後味の良いスープ。しっかり、麺にまとわりついてくる感じがナカナカ。表の幟の「超濃ラーメン」のフレーズに偽りなし。

 ご飯を口に含みスープを啜ると、コレまた相性バツグン。ご飯を頼んでおいて良かった(笑)。

Ramentakumi_130818_2

 宮若のヤマさん提供の情報と、店の貼紙の説明を総合すると、この“どろ”スープは、1杯分当り500gの豚骨を圧力鍋で煮出して作られている。おそらく、軟骨や腱などのゼラチン質を多く含む材料を使っているのだろう。ソレに反して、嫌味のないスープに仕上がっているのは、下ごしらえとアク取り・脂取りの丁寧さの故だろうか。

 ただ、ブーマさんも触れられていたが、麺の量が少なく感じるのは確かだ。替玉は出来ないんで、コレならW(ダブル)でもイケそうだ・・・ ヾ(゚Д゚ )ォィォィ 太るぞ(爆)。

 うむうむとアヤしげにラーメンを啜り、慌ただしく店を後にしようとするワタシに、さっきまでの厳しい表情と打って変わって、「ありがとうございました。お気をつけて!」と明るく声をかけてくれる若き大将。コレまでの来店3回ともコンナ感じで、味のみならず、その接客にも唸らせられたのでありました(;-人-)


noodle ラーメン匠 : どろ 600円、ごはん(小) 150円
house 福岡県飯塚市平恒605-4 地図 / 定休日 : 火曜日
  営業時間 : 昼の部 11:00~14:00 夜の部 18:00~21:00
          (ただし、スープがなくなり次第、閉店)

|

« ズッキーニとマッシュルームの冷製パスタ | トップページ | ひき肉と夏野菜のトマトカレー »

もの喰う日々08.ソト飯【ラーメン・チャンポン】」カテゴリの記事

もの喰う日々21.麺喰い情報」カテゴリの記事

彷徨う日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/58056299

この記事へのトラックバック一覧です: 見事な豚骨ポタージュ!!  どろ@ラーメン匠:

« ズッキーニとマッシュルームの冷製パスタ | トップページ | ひき肉と夏野菜のトマトカレー »