« からあげ大将牛隈店のAセット | トップページ | 道の駅たちばなの仕出し弁当 »

2013年10月 6日 (日)

麺屋花もんのラーメン

 朝から所用で飯塚へ。

 11時半頃用件が終わったので、チョット遠回りして、旧庄内町の麺屋花もん(はなもん)へ。ココは今年初め頃開店した店で、ずっと気になっていたのだが、通りがかった度にタイミングが合わず、啜れず仕舞いのトコだった。


Hanamon_131006_1

 車を停め、店内に入ると、厨房に向かい合った一文字のカウンター席と、テーブル席のシンプルな造り。フロアも厨房も広くてゆったりした感じ。先客は10人ほど。厨房には男性2人、女性3人。ご家族で切り盛りされているような感じ。

 カウンター席の左はじに腰掛け、メニューとにらめっこ。ギョーザは夜のみのようだ。チャーハンやホルモンとのセットや、特製の一味ニンニクがトッピングされた花もんラーメンにも引かれたが、初訪麺なのでストイック(笑)にデフォルトをオーダー。


Hanamon_131006_2

 ややあって、花もんさんのラーメンにご対麺。具はチャーシュー2枚にキクラゲ、刻みネギの3種類と、スタンダードな面立ち。

 添えられたレンゲでスープをひと口。予備知識で、豚骨をベースに鶏ガラと魚介系の出汁を加えたトリプルスープとのコトだったが、確かに、豚骨スープの奥に鶏がらスープの旨味と魚介系の風味が顔をのぞかせる。
 豚骨スープは丁寧に煮出されているようで、「ろくの家」や、今は無き「昭和」のスープを淡くした感じ。ソコに、鶏ガラと魚介系の出汁が加わって全体的にあっさりした感じに仕上がっている。

 麺は細麺で、歯ごたえよくしっかりした感じ。ノド越しの良さには少し欠けるものの、あっさり目のスープには、この方が良いかもしれない。チャーシューは柔らかく、よく仕込まれている感じ。チャーシュー麺も期待できそうだ。

 あっさりしていて、いささか物足りない感じはあるかもしれないが、ワタシ好みの味。替玉に、ゴマと紅しょうがをプラスして、スープまで完食。


Hanamon_131006_

 丼の底にはお礼の文字。新築の店舗といい、店名の入った丼といい、結構、開店資金がかかっただろうなぁ・・・などと、チョイと下世話なコトを考えながら、店を後にしました(笑)。


noodle 麺屋花もん : ラーメン 500円、替玉100円
house 福岡県飯塚市綱分1749-1 地図(地図の中心辺り) / 定休日 : 火曜日

  ※2014年閉店しました。
 

|
|

« からあげ大将牛隈店のAセット | トップページ | 道の駅たちばなの仕出し弁当 »

もの喰う日々08.ソト飯【ラーメン・チャンポン】」カテゴリの記事

ナニごとか為す日々」カテゴリの記事

彷徨う日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/58332013

この記事へのトラックバック一覧です: 麺屋花もんのラーメン:

« からあげ大将牛隈店のAセット | トップページ | 道の駅たちばなの仕出し弁当 »