« Aコープ九州 あさくら店のおにぎり | トップページ | 金木犀 2013 »

2013年10月 1日 (火)

筑前麦夏ちゃん とんこつラーメン

Chikuzenmugikachan_ramen_1

 先日の会議の時に、物販ブースで売っていた筑前麦夏ちゃんとんこつラーメン。小麦産地で知られる筑前町の地元で穫れた小麦を100%使用した麺、という触れ込みに惹かれて思わず購入。


Chikuzenmugikachan_ramen_2

 袋を開けると、至って普通の即席袋めん。ただ、同梱の調味油が非常に気になる。パッケージのオモテには「農家がつくった万能ねぎ油付き」と書いてあり、どんな風味なのか興味が湧いてきた。そういえば朝倉地域は万能ねぎの生産も盛んだったな。

 で、袋の表示通り・・・ではないが、いつもの感じで調理。今回は具材なしでシンプルに頂くコトに。

 見た目、普通の袋めんと同じような出来上がり。ややスープの色が淡いのと、ネギ油がラー油みたいな感じ。


Chikuzenmugikachan_ramen_3

 ひと口スープを啜ると、某マ◯タイの袋めん「屋台ラーメン」そっくりの味わい(笑)。しかし、ラー油にネギの香りが加わった特製ネギ油が、ピリッといいアクセントを効かせている。想像していた焦がしネギ油ではなかったが、ネギ風味のラー油というのも結構イケる。

 そして麺。筑前麦夏ちゃんと名付けられた強力粉で作られた麺は、油揚げめんでもモチっとした食感とコシの良さを残していて、縮れ麺の喉越しもイイ。添える具材を工夫すると、即席袋めんでもナカナカの一杯になるかもしれない。

 このエントリーを書くために、アレコレ調べてみると、筑前町には筑前麦プロジェクトというのがあるらしい。コチラもなかなか面白そうだ。



noodle JA筑前あさくら筑前麦夏ちゃんとんこつラーメン
house 福岡県朝倉市甘木221-1 地図 

|
|

« Aコープ九州 あさくら店のおにぎり | トップページ | 金木犀 2013 »

もの喰う日々05.名物・銘品・銘菓・お取り寄せ」カテゴリの記事

もの喰う日々06.即席めん・カップめん」カテゴリの記事

ナニごとか為す日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/58326670

この記事へのトラックバック一覧です: 筑前麦夏ちゃん とんこつラーメン:

« Aコープ九州 あさくら店のおにぎり | トップページ | 金木犀 2013 »