« 久々に愛ちゃんラーメンへ -ラーメン大盛り- | トップページ | 天然とんこつラーメン専門店一蘭小倉店のラーメン »

2013年10月15日 (火)

「筑前麦夏ちゃん」とんこつラーメンで焼きラーメン

 先日買った筑前麦夏ちゃんとんこつラーメン。5個1セットの残り4個をどう食べようか思案していたら、この即席めんの姉妹品に塩焼きそばがあったのを思い出して・・・ピコーンshineflairshine 焼きラーメンにしてみることにした。

 調理法は袋めんの焼きそばと一緒。フライパンに湯を沸かして麺を茹で、水分がなくなってきたトコロにスープの素を振りかけてよく混ぜる。と、いうのが、袋に書いてあるような通常の調理法。

 だが、ワタシはフライパンにたっぷりのお湯で麺を茹で、麺がほぐれたらカタ麺加減で茹で汁を切り、油(今回はラード)を少々加え、スープの素を加える、というやり方。ココで肝心なのが、スープの素は半分だけにしておくこと(知ってる人は知ってるだろうケド)。ラーメンのすめ(=おつゆ)の分量に合わせてあるので、汁なしの麺に全量投入すると、エラい塩辛い濃い味になってしまう(笑)。


Chikuzenmugikachan_ramen_4

  というワケで、残った半量のスープの素は、お椀に溶いておまけのスープに(爆)。筑前麦夏ちゃんラーメンの目玉“万能ねぎ油”は、めんを皿に盛り付けたあと振りかけて、手際良く和える。こうすることで、ねぎ油の香味を無駄なく活かすことが出来る。

 焼きラーメンのアップ画像はコチラ。


Chikuzenmugikachan_ramen_5

 今回は実験的な調理だったので、具は一切なしのプレーンな焼きラーメン(笑)。

 酔って作ったので、手元が狂ってスープの素が多めに入ってしまい、チョットばかりしょっ辛くなってしまったのだが、茹で加減はちょうど良く、ナカナカの仕上がり(自画自賛・・・ww)。

 作ってみて分かったのは、筑前町産小麦の強力粉“筑前麦夏ちゃん”の麺が、油揚げめんでありながら、茹で&焼きの調理を経ても、モチっとした食感とコシの良さを残しているコト。そして、「博多万能ねぎ食べるラー油」をベースに作られた“万能ねぎ油”が、ラーメンで食べる時より芳しい香味を漂わせているコトだ。

 コリャ、豚や野菜を炒めて合わせると、結構美味い焼きラーメンになりそうだ。次回はソレに挑戦せねばなるまい。

|
|

« 久々に愛ちゃんラーメンへ -ラーメン大盛り- | トップページ | 天然とんこつラーメン専門店一蘭小倉店のラーメン »

もの喰う日々06.即席めん・カップめん」カテゴリの記事

ナニごとか為す日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/58436357

この記事へのトラックバック一覧です: 「筑前麦夏ちゃん」とんこつラーメンで焼きラーメン:

« 久々に愛ちゃんラーメンへ -ラーメン大盛り- | トップページ | 天然とんこつラーメン専門店一蘭小倉店のラーメン »