« 自宅 de チーズフォンデュ | トップページ | Henの“らーめんスタンプラリー”コンプリート!! - ラーメン匠のどろ - »

2014年2月19日 (水)

三九ラーメンのラーメン

 とある説明会に参加するために福岡へ出張。途中で昼麺を・・・と考えて思いついたのが、篠栗の三九ラーメン。前はうちだ屋だったのが、昨年3月末に閉店。その後しばらくして、三九ラーメンに変わった。

 外観はほとんど変わっていないが、中に入ると、うちだ屋時代と打って変わって、スッキリとした店内。壁側をぐるっと小上がり席にし、真ん中は6人がけのテーブル席が並ぶシンプルな造り。かなりな人数が入りそう。

 ただ、今日は、少し時間が下がっていたので、先客は3人ほど。昼時はラーメンとワンタン麺、ごはんの3種しか注文を受けないそうで、初ラ店でもあり、ラーメンをオーダー。


Sankyuuramen_140219_1

 ほどなくして出て来た一杯は、ネギとチャーシューだけのコチラもシンプルな造り。スープをひと口啜ると、円かな味わいとコク。筑豊のイニシエ系とはちょいと異なるが、ナンとも懐かしい味わい。テーブルの上のカードを見ると、「創業50年とんこつ一筋」と書いてある。確かに老舗の味わいだ。

 細めな麺はモチっとした食感で、スープを上手くすくい取る。ところどころ太さが変わっているトコロが自家製麺チック(ガイド本によると、特製麺とのコトで、スープには隠し味に、ワインやハチミツ、昆布を使っているそうだ)。

 

 

Sankyuuramen_140219_2

 チャーシューはシンプルな味だが、おおぶりなのが嬉しい。メニューにチャーシュー麺がほしいトコロ(笑)。お決まりの替玉をオーダーし、ゴマや紅しょうがを加えて味の変化を楽しむ。

 確か市内の老舗がコチラに移転してきたというのは知っていたが、帰ってガイド本を開くと、前は須崎の問屋街に店を構えていたとのコト。店の入口の、うちだ屋時代にはサンプル展示棚だったトコロが、サイン色紙展示コーナーになっていたのも納得がいく。

 ちなみに、残るメニューはチャンポンで、メニューもシンプルな構成。次回は夕方に訪れて、ぜひ、チャンポンを啜ってみたいモノだ。


noodle 三九ラーメン : ラーメン 500円、替玉 150円
house 福岡県糟屋郡篠栗町津波黒166-1 地図 / 定休日 : 月曜日(祝日の場合翌日)
 
 ※2015年5月に、福岡県福岡市博多区上川端町10-5に移転しています。

|
|

« 自宅 de チーズフォンデュ | トップページ | Henの“らーめんスタンプラリー”コンプリート!! - ラーメン匠のどろ - »

はたらく おぢさん」カテゴリの記事

もの喰う日々08.ソト飯【ラーメン・チャンポン】」カテゴリの記事

彷徨う日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/59179922

この記事へのトラックバック一覧です: 三九ラーメンのラーメン:

« 自宅 de チーズフォンデュ | トップページ | Henの“らーめんスタンプラリー”コンプリート!! - ラーメン匠のどろ - »