« こいのぼり 2014' | トップページ | 久々に中華飯店綏芬河の太楼麺 »

2014年5月 6日 (火)

西日本インポートフェア&食メッセ2014

 ゴールデンウイークというのに、プチ遠足ぽっちでドコへも出掛けないってんぢゃ、カミさんのご機嫌もナナメどころか髪の毛逆立ちそうなんで、リクエストに応えて西日本インポートフェア&食メッセ2014へ。


Westjapan_import_fair_2014_01

 ひとまず、会場をグルっと回って下見したあと、お目当ての世界の食が勢揃いしたフードコートへ。


Westjapan_import_fair_2014_02

 ガッツリ肉々しい料理やスパイシーなメニューにそそられたが、自称イケ麺のワタシとしては、まずはベトナムのフォーから。鶏ガラスープに牛肉とモヤシがたっぷり。


Westjapan_import_fair_2014_03

 米粉の麺はプリプリ・ツルツルの食感で、歯応えと喉越しが面白い。ぱっと振り入れられた粗挽き胡椒がいいアクセント。あっさりやさしい味をピリリッと引き締める。


Westjapan_import_fair_2014_04

 コチラも同じくベトナムの揚げ春巻き。挽肉主体の具を生春巻きに使うライスペーパーで巻いて、パリッと揚げたもの。添えられたチリソースがエスニックな感じ。
 

 お次はロシア。ビーツの色が鮮やかなボルシチ。実は、ボルシチを食べるのもビーツを口にするのもコレが初めて。カブや大根のような食感だが、よく煮込んだキャベツの芯のような甘みもあって、なかなか美味しい。


Westjapan_import_fair_2014_05

 同じくロシアのブースから買ってきたケバブサンド。ロシアといえばピロシキだが、オーダーを受けてから調理していて、時間のかからなさそうなコチラを選択。


Westjapan_import_fair_2014_06

 ケバブといえばトルコで、そのブースも2つあって、3軒とも店先でくるくるケバブを焼いていたのだが、ドチラも長い列。ボルシチを買ったついでに一緒に入手。香ばしく焼けた牛肉と、独特のソースのかかったキャベツの千切りがイイ相性。


Westjapan_import_fair_2014_07

 箸休めは、鹿児島ブースのサトウキビ搾りたてジュース。初め青臭いのかなと思っていたら、全然そんなことはなく、スッキリした甘味がちょうどイイ。

 結構、お腹も満たされてきたのだが、カレーの香りに惹かれてスリランカカリーを買ってしまった。


Westjapan_import_fair_2014_08

 お皿に盛られているのは、ご飯ではなく赤米の麺。野菜カリーがかけられている。もう1種はチキンカリー。2種類のカリーを赤米の麺でいただくのだが、さらっとしていても味はしっかりしていて美味い。サフランか何かで色付けされたココナッツがいいアクセント。

 ぐるっと3ヶ国、フードコートで味の海外旅行(笑)。すっかり腹一杯になりました。

 と、いいつつ、フードコートから少し離れたトコロのイタリアフェアのブースでデザート(爆)。


Westjapan_import_fair_2014_09

 カミさんは3種類乗ったジェラート。ワタシはブラッドオレンジのジュース。2年前のイタリア旅行を思い出す。

 え?? 食べてばっかりって? いやいや、合間にグルグル回って、母の日・父の日用の贈り物を買ったり、アフリカのビールを買ったり(って、やっぱお酒ぢゃんw)、輸入品をアレコレ品定めして、お昼から夕方までシッカリ満喫してきました。
 

|

« こいのぼり 2014' | トップページ | 久々に中華飯店綏芬河の太楼麺 »

もの喰う日々13.ソト飯【郷土料理・多国籍】」カテゴリの記事

もの喰う日々19.ファストフード・屋台・露天・テイクアウト」カテゴリの記事

ナニごとか為す日々」カテゴリの記事

彷徨う日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/59697757

この記事へのトラックバック一覧です: 西日本インポートフェア&食メッセ2014:

« こいのぼり 2014' | トップページ | 久々に中華飯店綏芬河の太楼麺 »