« お次は美東SAで休憩 | トップページ | 四半世紀ぶりに山口県立美術館へ »

2014年7月12日 (土)

中華そば侍の中華そば大盛り

 気ままな日帰り一人旅の昼麺は、HENOさんのブログで当たりを付けていた中華そば侍へ。初め小郡ICから降りようと思っていたのだが、ナビの言う通りにしたがって、山口ICで降りる。

 ソコから10分ほど走って、道の駅仁保の郷そばの交差点を左に曲がると、あっけなく辿り着いた・・・までは良かったが、あいにく駐車場が一杯。ココまで来て諦めるのもシャクなので、道の駅に停めさせて貰って、ソコからてくてく歩く(ちなみに帰り、お礼代わりに道の駅で買い物しましたよww)。


Samurai_140712_1

 侍という名の通り、ラーメン屋というより蕎麦屋の雰囲気。入口に侍の絵が書いてあるのだが、手にしているのは刀ではなく、麺の湯を切るザルか?(笑)


Samurai_140712_5

 障子風の引き戸を開いて中に入ると、一風変わってトタン張りの内装。厨房を囲むコの字型のカウンターが中央を占めるシンプルな作り。15席ほどか。
 
 中に入って驚いたのは、壁際にベンチやイスが並べてあって、空席待ちのお客さんが10人ほどずらっと座っているコトだ。暑い外で待たされるより、いくぶん空調の効いた店内で待つ方がストレスが少ない。で、待ってる間にオーダーを取ってくれるのも有難い。迷わず、中華そばの大盛りをオーダー。

 10分ほど待ってカウンターに案内され、ソコでまた10分ほど待って、いよいよお待ちかねの中華そば大盛り登場。


Samurai_140712_2

 手打ちの平打ち麺がたゆたう丼に、大ぶりの炭焼きチャーシューが3枚。その上には、白髪ネギとかいわれ大根、水菜が盛りつけられている。丼奥には焼き海苔が2枚控える。
 

 まずはスープをひと口。魚介系の風味の奥に鶏ガラの味わいが広がる、しみじみ滋味系の醤油味。優しい味わいでワタシ好み。HENOさん情報で「無化調」というのもうなずける。


Samurai_140712_3

 麺はちょっとばかり茹で過ぎの感はあったが、それでも縮れや太さの変化が絶妙で、のど越しとスープの乗りがとてもイイ。シャリッとした食感の刻み野菜と一緒に食べても美味い。


Samurai_140712_4

 チャーシューは炭焼きと謳うだけあって、ハムのようなスモーキーな香りと味がナカナカで食べ応えあり。ラーメンを普通盛りにして、チャーシュー丼を頼んでも良かったかw

 確かに、HENOさんをして「そこまで行っても啜りたひっ一杯」と言わせる味だ。また、山口に来るコトがあれば、訪れたい店だ。


noodle 中華そば侍 : 中華そば 690円、つけめん 790円、大盛り +150円
           チャーシュー丼 200円、ライス 90円、ほかトッピング
house 山口県山口市仁保中郷760-6 地図 / 定休日:火曜日

|
|

« お次は美東SAで休憩 | トップページ | 四半世紀ぶりに山口県立美術館へ »

もの喰う日々08.ソト飯【ラーメン・チャンポン】」カテゴリの記事

ナニごとか為す日々」カテゴリの記事

彷徨う日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/60004319

この記事へのトラックバック一覧です: 中華そば侍の中華そば大盛り:

« お次は美東SAで休憩 | トップページ | 四半世紀ぶりに山口県立美術館へ »