« 文化の日は「大隈アートマジック」へ -その1- | トップページ | 文化の日は「大隈アートマジック」へ -その3- »

2014年11月 3日 (月)

文化の日は「大隈アートマジック」へ -その2-

  隣の部屋には、豊臣秀吉による益富城の一夜城伝承にちなんだ、それこそ一夜(正確には一両日)で制作された“ICHIYAJO”が。


Oam_141103_06

 益富城の一夜城が、大隈町住民により集められた戸や障子、ふすまで築かれたように、この作品も紙や木、生活用品などで作られている(一部にはホントに戸のようなモノが使ってあった)。

 その隣には、古着やハギレでインスタレーションをする安部泰輔さんが、イベント参加者が書いた絵を実際に古布で作品にしていた。


Oam_141103_07

 ご近所のAさんが書いたもこんな風にリアルに。なんかiPhoneのCMみたいやねぇ、と話していたら、


Oam_141103_08

カミさんの同級生が書いたモノも発見。
 

 その部屋のかたわらにはナント、


Oam_141103_09

確か昔は玄関にあったはずの「大隈小学校沿革史」が。ナセこんなトコロに。

 以前、保健室だったトコロでは、嘉麻市出身の画家織田廣喜さんをイラストで紹介。中庭を通る中廊下には、


Oam_141103_102

地元五日町の山笠の神輿にドラム缶(?)で作られた黒田武士が! 


Oam_141103_10

しかも地元の蔵元「梅ヶ谷」の大杯を掲げている。

 6年2組だった部屋(ワタシたちが小学生の頃ね)の下駄箱に、


Oam_141103_11

との貼り紙。書いてある通りブロックを踏み台に、窓から中を覗くと・・・


Oam_141103_12

 ブラックライトに照らされてゆらゆら揺らめく青白いモノが。いろいろとバラエティに富んでいてオモシロイ。

 校内放送、いや場内放送で、ユキンコアキラさんのライブパフォーマンスがアナウンスされたんで、仮設ステージに向かう。
 

|

« 文化の日は「大隈アートマジック」へ -その1- | トップページ | 文化の日は「大隈アートマジック」へ -その3- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/60618176

この記事へのトラックバック一覧です: 文化の日は「大隈アートマジック」へ -その2-:

« 文化の日は「大隈アートマジック」へ -その1- | トップページ | 文化の日は「大隈アートマジック」へ -その3- »